ぶんやさんち

ぶんやさんの記録

昨日のFB 06/18

2017-06-20 11:20:23 | ツイッター
お早うございます。主の平和。読書、『茶色の朝』、読了。昼食後、昼寝1時間半。読書。『主語を抹殺した男』。三上先生の最後は悲劇的。日本の国語学会の閉鎖性が優れた研究を圧殺した。しかし、国際的評価はだんだん高まっている。「国語」という発想と「日本語」という発想の違い。総会で神戸教区主教選挙の結果神戸教区の小林司祭が選出された。教区内の2回の選挙で選ばれなかった司祭が総会で選ばれた場合の困難さを思う。夕方、釣川散策。夕食後、「池上彰」を見ながら「イミタチオ」。10時半に就寝。6時起床。体温:36.1、血圧(120:80、82)。体調:快調。チュンチュン

31 岩城 真紀子さん、越山 香菜子さん、他29人
シェア1件
コメント

村田 多鶴子 おはようございます~♪
主の日の礼拝が祝されますようにm(__)m
連れ合いは先日天に召された藤田基先生(関学神学科ご出身、享年86歳)のお別れ会に出席する為、朝一番の新幹線で大阪へ向かい、伊丹から空路松山へ…、という事で、いつになく早い朝食を済ませました。
私も、礼拝に続いて行われる婦人会が終わったら、姉妹合宿に参加する為大阪へ向かいます。その後、3年ぶりに伊豫の国へ帰省いたします。24日夜に帰って来ますが、(私の携帯はガラケーの為PCに繋がっていないので)その間FBはお休みいたします。

先生ご夫妻がお守りの内に、穏やかな佳い日々をお過ごしになられますようにとお祈り致しますm(__)m

久保和男 文屋先生おはようございます。主の平和。

萩野 秀子 おはようございます。父の日礼拝、感謝会です。守られますようにお祈りします。

福山 貴之 · 共通の友達: 山口光さん、他3人
そんな情報どこから流れてくるのですか?

藤木 冨士子 こんにちは。

文屋 善明
6月18日 6:18 ·

お目覚めの花。「今日は聖霊降臨後第2主日(特定6)、この日から今年の後半、普通の主日が始まります。主日は普通が良い」。今日の花は、散歩道のどこかのお宅の庭から覗いていました。花も外に出たいのかな。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外、自然

33 岩城 真紀子さん、中尾香鶴子さん、他31人
コメント

村田 多鶴子 ピンクのアリストロメリア…、素敵です。
花言葉には「友情」「献身的な愛」等があるそうですが、優しい色合いの花を見ていると、納得です~♪(^^♪

文屋 善明 いつも、いつも、ありがとうございます。何かしら、主日に相応しい花だとは思っていました。

文屋 善明
6月18日 6:43 ·

2017 日々の聖句 6月18日(日)
わたしの名を知る者だから、彼を高く上げよう。(詩91:14)
勝利を得る者を、わたしの神の神殿の柱にしよう。彼はもう決して外へ出ることはない。わたしはその者の上に、わたしの神の名を書き記そう。(黙示録3:12)
私の黙想:
あなたの名前を知っているだけで、高く引き上がれるとは、何という恩恵だろう。紹介状も、それこそ忖度も必要ない。ただ名前を知っているというだけ、地位が高くなるなんて、なんと素晴らしいことか。ところで、あなたは私の名前を知っていますか。「エーと、何でしたっけ。顔だけは何とか知っているんですが、名前は失念しました」では通らない。実は「(誰かの本当の)名前を知る」ということは、大変なことなのだ。神の名前は滅多なものには教えられない。極秘中の極秘事項なのだ。よほど親しくならなければ、教えてもらえない。それまではすべて「代名詞」あるいは「普通名詞」で固有名詞ではない。この聖句にしても、実は前段がある。これだけが孤立してあるわけじゃない。「彼はわたしを慕う者だから彼を災いから逃れさせよう」。「慕う者」、口語訳では「愛して離れない」、新改訳では「愛している」、岩波訳は「恋い慕う」として注釈で創世記34:8、申命記7:7を引照している。これらの個所を読むと、かなりの親密さを示している。関根先生は「わたしに心を寄せる故に」と訳している。たまたま「知った」という関係ではなく、かなり長く親密であったことを示している。もう、隠しようがない。だから、神は彼の地位を引き上げる。あっ、またつまらないことに引き寄せられ労になる。この辺で止めておこう。

22 岩城 真紀子さん、辻本 昌弘さん、他20人

文屋 善明
6月18日 6:55 ·

今日の名言:@God_meigen
神は万人に等しく1日24時間という時間を与え給もうた。富める者にも貧しき者にもである。(レイ・ジョセフ)
<一言>この人アメリカのいわゆる経営コンサルタントらしい。言いたいことは、アメリカ流の「時は金なり」の思想らしい。それはそうとして、確かなことは、「時間の価値」は人によって違うということだ。しかし、神の与える平等とはすべての人に同じ24時間を与えたということ。これがアメリカ流の平等思想の原点だ。しかし、時間の価値を形成するのは時間そのものではなく、その人が生まれた環境とか、能力とか、いろいろな要素の組み合わせであろう。そこには「平等」はない。ここが重要だ。

21 岩城 真紀子さん、安井 郁夫さん、他19人

文屋 善明
6月18日 7:00 ·

現代文イミタチオ・クリスチ
第51章 神を究極的目的とせよ(A)
キリスト:
愛する者よ、もし君が本気で成長したいと思うなら、君の人生の究極目的を私に置くべきだ。この思想は、君自身の情熱をどこに注ぐべきかを示している。現実的な事物に君の人生の目標を置けば、君の魂は寂しさにうちひしがれるであろう。
だからすべての目標を私に置きなさい。そもそもそれらのすベてを与えたのは私なのだから。万事を至上善から流れ出るものと見なすがよい。またそれであるから、君はその水源である私に万事を帰すベきである。小さいものも大きなものも、貧しいものも富むものも、すベてのものは一様に、生ける泉からくむように、私からじかにいける水を汲むのである。また進んで私に仕える者は恵みに恵みを加えられるであろう。 (2:51:1~6)

16 岩城 真紀子さん、辻本 昌弘さん、他14人

文屋 善明
6月18日 8:06 ·

今朝の朝日新聞の社説は強烈な安倍批判である。これでこそ、本来のジャーナリズムである。朝日の読者以外の人々にも、ぜひ読んで貰いたい。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1385150841562373&set=a.200492220028247.51380.100002024109092&type=3&theater

18 中尾香鶴子さん、安井 郁夫さん、他16人

文屋 善明
6月18日 8:16 ·

今日の「折々のことば」は村上陽一郎さんの言葉だ。私が尊敬する学者の一人だ。また、このことばを取り上げてくださった、鷲田先生にも敬意を表したい。村上さんは、確か、カトリックの信徒で、ここでは「神」という言葉を用いていないが、明らかに、それを意識している。こういう姿勢がホンモノの学者というものであろう。村上さんの「やり直し教養講座」については私のブログでも3回に分けて紹介している。
http://blog.goo.ne.jp/jy…/e/cc21bf214211b74a01f9e2191781164a
http://blog.goo.ne.jp/jy…/e/4abb69968d1067a66e5e5a77b4be8012
http://blog.goo.ne.jp/jy…/e/9e2d453b858fe0b98ec8c040be1fe64e
本当に良い本です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1385153494895441&set=a.200492220028247.51380.100002024109092&type=3&theater

31 安井 郁夫さん、加藤 道子さん、他29人
コメント

門叶 国泰 1936年生まれ;こういうものを読まされると、「敵わないな」の一言です。凡人は、「大正教養主義」への漠然とした「憧れ」に終始していたのでしょう。私が80歳になってドイツ語を始めたのもそのコンプレックスの表われです。だた一つだけ「自慢」できることは、大正ロマンを満喫した筈の父が(明治39年生)、大学生だった私に、「大学生活とは、楽しいのだな」と呟いたことです。

文屋 善明 私の父は大学を出ていないので(入っていないので)、私が大学院へ入ったとき、ことのほか喜んでくれました。

Hisashi Shimada · 共通の友達: 小川 圭一さん、他4人
文屋先生ご無沙汰です。キリ短で(理事として)お世話になった島田です。

文屋 善明 それは多分弟のことでしょう。
Hisashi Shimada · 共通の友達: 小川 圭一さん、他4人
村上先生の記事は私も注目していました。先生には柏木先生と共同講演で来阪いただきYMCA主催で(私が司会をさせていただき)よい機会がありました。

Hisashi Shimada · 共通の友達: 小川 圭一さん、他4人
教養は軽視されがちですが重要ですね。私の現況はHPを覗いてください。返信ボタンもございます。懐かしくコメントさせていただきました。

糸原 由美子 「見てござる」が人々の行動の規範?のようなものだった時代から今は畏れを知らぬ破廉恥な人々が多すぎます。

文屋 善明
6月18日 17:38 ·

ただ今、教会から帰宅。疲れました。
画像に含まれている可能性があるもの:室内、屋外

36 岩城 真紀子さん、越山 香菜子さん、他34人
コメント

山本 友美 文屋先生、暑くなってきたので気をつけてお過ごしください。私もこの時期用心しなくては。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日のFB 06/17 | トップ | 昨日のFB 06/19 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む