明るい化け猫計画

~猫又育成のための自然療法研究ノート~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【猫又研究】猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)

2009年01月30日 | 猫又研究ノート
資料:
WIKIMEDIA COMMONS
File:Cats suggested as the fifty-three stations of the Tokaido.jpg

寒いし、雨降ってるし
なんか楽しいもの・・・ということで

歌川広重作の浮世絵で有名な、東海道五十三次の猫パロディ
猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)!

パロディですが、こちらも正真正銘、歌川国芳という浮世絵師が江戸時代後半に描いたものです。
良くみると、シッポの長い猫は猫又になってたりして楽しい絵です。
上中下の3枚から構成されていて、絵の横に宿場の名前と駄洒落が書かれています。

しかし、この駄洒落が古い字でなかなか読めない。

検索してみたらいくつかはヒットしたのですが一覧がなかったので、本棚の奥深くで眠っていた古文書入門を
片手に解読してみました。(きっと、ちゃんとした本には現代語訳が書いてあるんだろうけど・・・)
読みと解釈は他者さまのブログから拝借しているものもありますが、
どれがどなた様のところだったか、自分が解読したのか、分からなくなってしまったので明記してません。
ごめんなさい

今回は、とりあえず上の部分(向かって右端)です。

資料:WIKIMEDIA COMMONS

中と下は解読中です・・・というかちょっと飽きてきたので
気が向いたらやります。
(cat-city さんのところでアップの綺麗な画像が閲覧できます↓)
http://www.cat-city.com/museum/ukiyoe/exbit/kuniyoshi01.html

【猫飼好五十三疋(上)】

1日本橋 (にほんばし) 二本だし ← 二本の鰹節

2品 川 (しながわ) 白かを ← 白い顔

3 川 崎 (かわさき)  かばやき ←蒲焼

4 神奈川 (かながわ) かぐかわ ← 皮を嗅ぐ

5 保土ヶ谷 (ほどがや) のどかい ←喉がかゆい

6 戸 塚 (とつか) はつか ←はつかねずみ

7 藤 沢 (ふじさわ) ぶちさば ←ブチ猫がサバをくわえてる

8 平 塚 (ひらつか) そだつか (子猫が)育つか?

9 大 磯 (おおいそ) おもいぞ ←(タコが)重いぞ

10 小田原 (おだわら) むだどら ←無駄にねずみを追いかけるドラ猫

11 箱 根 (はこね) へこね ←体をへこませてねている

12 三 島 (みしま) 三毛ま ← 魔物のごとく二股の尾をもつ三毛猫

13 沼 津 (ぬまづ) なまづ 

14 原 (は ら) どら

15 吉 原 (よしはら) ぶちはら ←(ブチ腹)

16 蒲 原 (かんばら) てんぷら

17 由 比 (ゆ い) たい ← 鯛

18 興 津 おきつ ← 起きず


ご協力いただいたジテ子さま、ありがとうございました(。ゝω・´)ゞ
間違いがありましたら、ご指摘ください。

【参考にした本】
『入門 古文書を楽しむ』菅野 則子 (著), 桜井 由幾 (著)



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ 猫 ホリスティックケアへ

人気ブログランキングへ


ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【猫さんの食事】手作り食へ... | トップ | 【本】Natural Health Care f... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

猫又研究ノート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ねこづくし展に行ってきた。 (猫の鼻の下は、今日も膨らんでいる。)
昨日はやることなかったので、両国にある江戸東京博物館に「ねこづくし展」を見に行きました。たいした期待してなかったのだが、意外と楽しめました。「猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)」(歌川国芳 / 画)東海道五十三次のパロディで、宿場の名前にち...