ぶんちゃんのじゃがじゃが日記

日常のアレコレと愛猫ぷりん、パフェ、ロッシとの生活

「あらしのよるに」

2017-06-18 10:17:37 | 

先日観終った韓国ドラマ「主君の太陽」の中で何度も名前が出て来てた「あらしのよるに」

そこまでストーリーに関連性があるんだったら読んでみようかなっと・・・いつもの刷り込みが(笑)

ドラマの中では絵本だったんだけど、図書館で検索してみたら本当に児童書だった・・・それも日本の作品

 

ちなみにwikiで調べたら最初は1作で終わる予定だったのが好評だったためシリーズ化されて、一旦シリーズが終わったあとにまた続編が出て全7話・・・の全話が入った完全版っていうのが図書館の蔵書にあったので速攻で・・・っが蔵書が数冊あるのに予約待ち

でも数日で手元に届いたんだけどね(笑)

 

絵本なんてそれこそ大人になってからほとんど手に取る機会がなかったので、ちょっと新鮮な気持ちで読めた。

 

内容は・・・まぁ絵本ということで。・・・でもちょっと切ないストーリーだったかな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またこの季節が・・・(笑) | トップ | べろべろ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まむ)
2017-06-18 11:46:04
えー!そこに食いついた???
そんなシーンも思い出せずにいるくらいスルーしてたけど。
日本の作品なんだ~なんだかすごいね!
Unknown (ぶんちゃん)
2017-06-18 14:44:17
>ともちん
ストーリー中でテヤン(コン・ヒョジン)がしょっちゅう話題にしてたよ。

で、字が読めないチュグン(ソ・ジソブ)が読もうと努力してて、後半で字が読めるようになった時に、どうしてこんな絵本が?ってなった時に元カノの双子の片割れが「私が教えてあげたとか」とかなんとか言ってて、それなりに意味のある小物だったんだと思うわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む