jy76xier

ndr

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうだろう

2013-09-14 16:34:44 | 日記
ロダンの空想には画が浮かんだ。そしてしばらく黙っていた。ロダンは黙る人である。
 ロダンは何の過渡もなしに、久保田にこう云った。「マドモアセユはわたしの職業を知っているでしょう。着物を脱ぐでしょうか。」
 久保田はしばらく考えた。外の人のためになら、同国の女を裸体にする取次は無論しない。しかしロダンがためには厭
いとiwc ガラパゴス
わない。それは何も考えることを要せない。ただ花子がどう云うだろうかと思ったのである。
「とにかく話して見ましょう。」
「どうぞ。」
 久保田は花子にこう云った。「少し先生が相談があるというのだがね。先生が世界に又とない彫物師
ほりものし
で、人の体を彫る人だということは、お前も知っているだろう。そこで相談があるのだ。一寸
ちょっと
裸になって見せては貰
もら
われまいかと云っているのだ。どうだろう。お前も見る通り、先生はこんなお爺

いさんだ。もう今に七十に間もないお方だ。それにお前の見る通りの真面目
まじめ
なお方だ。どうだろう。」インジュニア iwc
 こう云って、久保田はじっと花子の顔を見ている。はにかむか、気取るか、苦情を言うかと思うのである。
「わたしなりますわ。」きさくに、さっぱりと答えた。
「承諾しました」と、久保田がロダンに告げた。
 ロダンの顔は喜にかがやいた。そして椅子から起ち上がって、紙とチョオクとを出して、卓の上に置きながら、久保田に言った。「ここにいますか。」
「わたくしの職業にも同じ必要に遭遇
そうぐう
することはあるのです。しかしマドモアセユのために不愉快でしょう。」
「そうですか。十五分か二十分で済みますから、あそこの書籍室へでも行っていて下さい。葉巻でもつけて。」ロダンは一方の戸口を指ざした。
「十五分か二十分で済むそうです」と、花子に言って置いて、久保田は葉巻に火をつけて、教えられた戸の奥に隠れた。

http://www.gaolav.com
コメント (2)

少女は少年に言った

2013-09-11 17:04:00 | 日記
。っといけない心の声が。

勇者殿が折れた剣を拾い上げ団長に渡すと、王や神官になにやら促がされている。もう、行ってしまわれるのか。

騎士たる我らはこの場で修練となってしまったから見送る他無い。わが身も現在は騎士の身分である以上は従わねばなるまい。

不意に。

見つめている勇者殿がこちらを見た。吸い込まれるような黒い瞳に優しげな色を湛えて、そして微笑んでくれた。

ああ、もうだめだ。puma シューズ

私はもう、彼女と在る。そう決めた。彼女を、手に入れてみせる!

この名に誓おう。リミア王国第一王子ベルダノーストリミアの名に。

************************************************
響が王子様に微笑んだのはあまりにガン見されてたので「なにこいつ、あんまりガン見しないでね」って遠まわしに遠慮を促す微笑みをしただけです。他意は欠片もないです。


ご意見ご感想お待ちしていますさらにもう一人の勇者さまです。
こちらは少々ひねくれたイタイ展開になる予定です。そして三人の異邦人の中で唯一…。
ではどうぞ^^
********************************************
閑話 グリトニアの英雄

ウェーブのかかった金の髪を背を覆うほどに伸ばし、純白の布を服に見立てて結んでいた。

現状を把握できていない彼の目前に存在していたのは少女だった。これまでに彼が見た如何なる存在よりも愛らしく美しい。

特に澄んだ緑色の瞳は神秘を纏い、見つめられると現実感は霧散し、ただ彼女に興味を向けられたことを歓喜するほど。

そして同時に決して汚してはいけない神聖さを感じさせていた。

想像さえ及ばぬ美貌であっても、夢にでてくるのだろうか。

だが、夢ではなかった。

少女は少年に言った。自分は女神だと。

力及ばず自分が守る世界に魔が溢れかえってしまっていると。

もう、自分だけの力ではどうしようもないから助けて欲しいと。

少年は助力したかったが自分は無力だから助けにはなれない、と少女の懇願を断った。

事実、彼は非力で、さして学問に長けたわけでもなかった。

運動は中の中、勉強にしても中の上といったところ。

気が優しい、といえば聞こえは良いが実際のところ同性からイジメを受けてもいた。

流石にそこまでこの少女に言うつもりは無かったが。

イジメの理由はそんなに複雑ではない。

要は彼がモテるからだった。puma スニーカー

問題なのは、容姿が非常に優れている、ただそれだけのために騒がれていることだった。

少女漫画から抜け出したような線の細い美丈夫。しかも、その華奢ななりに偽りは無く、やや病弱で。そこもまた女の子にはウケた。

大した努力もせず、しかもよってきた女性にも積極的に接するわけでもない。

その煮え切らなさが周囲の男子生徒の怒りを買った。その際女子生徒が庇うと、彼の扱いはさらに悪化してしまう。

彼自身は正直、女性が怖かった。だから遠ざけておきたいのに向こうから近寄ってくる。

しかもそれで男子生徒の怒りを買うから遠ざけようとすると、それでさらに怒りの炎が増す始末。

どうしろというんだ、と最近では学校に行くことも少なくなっていた。

女神の来訪はそんな時の出来事だった。

「大丈夫、貴方には大きな力がある。そしてそれは私の世界に来ることで覚醒する。それに私ももちろん、貴方に力を与えます。ですからどうか」

来訪がもう少し後なら。

もしくは前だったなら。

彼は断っただろう。こんなゲームの主人公のような展開に憧れたこともあるが、それでも現実を選べただろう。

「ほ、本当に。僕なんかに出来るのか?」

学校でイ
http://www.shoessillegal.com
コメント