シャンチー(中国象棋)の日々~三千年の歴史、5億人の競技人口

「世界で最も競技人口の多いスポーツ」シャンチー(中国象棋)に関するニュースを日本シャンチー協会がお届けします。

シャンチー(中国象棋)の全日本選手権始まる

2017-05-03 | トーナメント
シャンチー(中国象棋)の日本チャンピオンを決定する第44回全日本シャンチー選手権大会は、5月3日、東京・目黒区民センターで熱戦の火ぶたが切って落とされました。

所司和晴選手の3連覇なるか、3年連続準優勝の坂本進選手が2002年以来の優勝を果たすか、服部亜光(つぐみつ)選手の悲願の初優勝はなるか、さらには今年日本のシャンチー界に彗星の如く現れたベトナム出身のグエン・チ・チュン選手が初出場で優勝をさらうか、話題の尽きない全日本選手権です。

歴代優勝者は日本シャンチー協会ホームページをご覧ください。

◎戦況

◆A級

第1R
上位者対下位者の対戦となる第1Rは、A級、B級とも上位者が順当勝ち、波瀾のないスタートとなった。

第2R
坂本進、所司和晴、岡田蒸が連勝。グエン・チ・チュンvs黄雅輝の「ベトナムダービー」はあっさりと和(引き分け)、服部亜光vs徐光亜は熱戦の末に和となり、4者が3ポイントで追う。

第3R
所司が黄を下して3連勝で単独トップに。坂本vs岡田は和で5ポイント、グエン、服部も勝ってともに5ポイントで所司を追う展開となった。明日はだれが所司にストップをかけるか、注目の第4ラウンドは9:00スタート。

◆B級

3ラウンドまで梅沢二郎、小川比呂士の世界選手権経験者がともに3連勝。明日の第4ラウンドで両者が激突することに。

明日4日の日程は次のとおりです。参観は自由です。

第4R 9:50
第5R 11:30
第6R 13:40
第7R 15:20
表彰式及び懇親会 17:00~18:00



開会式で挨拶する小熊誠理事長


今年も多くのプレーヤーが参集


3連覇なるか所司和晴選手


15年ぶりの優勝を果たすか坂本進選手


悲願の初優勝に向けて服部亜光選手


初出場で優勝なるかグエン・チ・チュン選手(左)



ジャンル:
大会
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4.29シャンチー(中国象棋)... | トップ | シャンチー(中国象棋)の全... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トーナメント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。