愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

セロシアとランタナと黒アゲハ蝶

2015-07-30 18:52:20 | 四季折々の花々

 こちらも今日は35℃まで気温が上昇し

 厳しい暑さが続いています。

 道の駅に珍しい毛糸の仲間のセロシアが

 切り花として出荷されていました。

 こちらでも、見かけることが少ないように思います。

 私の手持ちの花図鑑には紹介されていませんでした。

 この花をストロベリーキャンドルと間違って紹介しましたが、

 花の詳しい方から「せロシア」と教えられましたので訂正しお伝え致します。

 今日はセロシアとランタナと黒アゲハ蝶を紹介致します。

              道の駅に切り花で出荷されていた「せロシア」 

                     庭に頻繁に来る「黒アゲハ蝶」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「傷つけられても根に持たない」ようにしていますか(コリント第一13:5)

2015-07-30 18:37:20 | 神の言葉・聖書

 皆様方は誰かに、うわさ話や誹謗中傷によって心に傷を付けられても、それを根に持つことがなく、惜しみなくその人を許してこられた方であれば幸いです(コロサイ3:13)。そのような方は愛の人です。み言葉・聖書はは・・・、傷つけられても根に持たずと記されているからです(コリント第一13:4,5)。しかし、不完全な私たちは、根も葉もない事柄によって傷つけられた場合に、それを根に持たないで、惜しみなく許すことは容易ではないことも理解しています。私たちは、誰かに何かのことで傷つけられた場合に、それを根に持たないようにするには、どうすれば良いのでしょうか。私たちがこうした優れた特質を培う点で、神エホバを完全に体現されたみ子イエスの残された完全な模範の手本に見倣うことが出来ます(ペテロ第一2:21)。み言葉・聖書には次のように記されています。

 「ですから、あなた方の罪を塗り消していただくために、悔い改めて身を転じなさい。さわやかにする時期がエホバのみもとから到来し」(使徒3:19)。

 私たちは最初の人間アダムから罪を受け継ぎ、様々な間違いを起こします(ローマ5:12)。しかし、私たちが神エホバに対して悔い改めるなら、神エホバは私たちの罪を塗り消して下さることが保証されています。上の聖句の「あなた方」という言葉には、イエスを否認した人も含まれているのです。この「罪を塗り消す」とは、神エホバの完全な許しを意味しています。神エホバは人間の身勝手な罪を根に持つことなく、惜しみなく許して下さるのです(コロサイ3:13)。私たちはみ言葉・聖書に記されている神エホバの物事の進め方を学び、それを生活に適用することによって、神エホバの愛の特質を培ことが出来ます。

 イエスは捕縛された時、イエスの弟子たちは人への恐れからイエスを残し逃げました(マタイ26:56)。それでもイエスは、弟子たちの逃げた行為を根に持つことなく、次のように言うことができました。

 「・・・わたし(イエス)は独りではありません。父(エホバ)が共にいてくださるからです。あなた方(弟子たち)が平安を得るために、わたしはこれらのことを言いました。世にあってあなた方には患難がありますが、勇気を出しなさい!わたし(イエス)は世を征服したのです」(ヨハネ16:32,33)。

 イエスの上の言葉を読めば、イエスは弟子たちに深い気遣いをしていることが分かります。弟子たちがイエスを残して逃げたことに対する行動を全く根に持っていないことを示し、弟子たちを惜しみなく許されていることが分かります。私たちはイエスのこうした精神態度に見倣う必要があります(フィリピ2:5)。さらに、イエスは祈りの言葉の中で、弟子たちに関し「彼らを見守ってください」、「栄光を見るように願います」とみ父エホバに祈願されています(ヨハネ17:11,24)。この記録から、イエスは、弟子たちを深く愛していたことが分かります。は・・・、傷つけられても根に持たずと記されている言葉が真理であることが分かります(コリント第一13:4,5)。

                    WWW.JW.ORG

        ずっしりと 重きスイカを 買い求む 今日の一句

                     切り花にした「花トラノオ」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花トラノオとリンゴの実

2015-07-30 02:19:17 | 四季折々の花々

 愛媛は7月24日に梅雨が明け、庭の花トラノオが一斉に咲いて来ました。

 花トラノオは比較的花弁が小さいのですが、

 淡いピンク色で近づいて見ると可愛い花です。

 こちらでは7月下旬に咲きます。

 今日は花トラノオとリンゴの実を紹介致します。

                    庭に咲いている「花トラノオ」

                      裏庭で色付いた「リンゴ」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

利己心を避け、「刺激されてもいら立たない」ようにしていますか(コリント第一13:5)

2015-07-30 02:02:08 | 神の言葉・聖書

 み言葉・聖書は1914年以降の終わる日には対処しにくい危機の時代になることが予告されていました(テモテ第二3:1)。対処しにくい危機の時代なる要因の一つに利己的な人・自己中心的な人が溢れることが挙げられています(テモテ第二3:2)。私の経験でも利己的な人が顕著になったのは、昭和40年代の日本列島改造論を経て第一次、第二次オイルショックを経て、何事も競争社会となり、日本人の慎みや穏やかさが後退したのと同時であったと認識しています。利己的な人は、多くの方が承知されている通りに、他の人を築き上げる言葉ではなく、刺激的な言葉を用い、いら立たせる場面が生じます。どうすれば、利己心を避け、刺激されてもいら立たない特質を培うことが出来るでしょうか。み言葉はは・・・刺激されてもいら立ちませんと記しています(コリント第二13:4,5)。を身に着けることによって利己心を避け、刺激されてもいら立つことがなく、他の人を優先する特質を培うことが出来ます。私たちがを身に着ける点で神エホバと神のみ子イエスの残された模範の手本に見倣うことが出来ます(ペテロ第一2:21)。

 神エホバの愛はみ言葉・聖書を学ぶことと、エホバの創造された私たちの目にするもの・美しい景観、星の輝く空、動物たち、花々、多種多様な食物等々を観察することによって理解し、身に着けることが出来ます(マタイ5:3.ローマ1:20)。さらに神エホバから出る教えの実・霊の実の愛や喜びや辛抱強さや親切や善良や温和や自制という特質を培うことです(ガラテア5:22,23)。神エホバの教えは私たちを益し、平安と義が満ちるようになるので、利己的な要素が入り込むことはありません(イザヤ48:17.18)。

 イエスは神エホバを完全に反映することが出来ましたので、イエスの足跡に見倣えば、神エホバとイエスの模範に見倣っていることになります。イエス・キリストは苦しみの杭に付けられ、群衆や祭司長にあざけりの言葉を浴びせられ、刺激されてもいら立つことなく、み父エホバのご意志を完全に行い、従順の模範を残されています(フィリピ2:5~8)。福音書のマタイの書に次のように記されています。

 「それで、通行人たちは彼(イエス)のことをあしざまに言い始め、頭を振って、こう言った。「神殿を壊して三日でそれを建てると称する者よ、自分を救ってみろ!神の子なら、苦しみの杭から下りて来い!」同じように祭司長たちも、書士や年長者たちと一緒に彼を愚弄しはじめて、こう言った。ほかの者は救ったが、自分は救えないのだ!彼はイスラエルの王だ。今、苦しみの杭から下りて来てもらおうではないか。そうしたら我々も彼を信じよう。彼は神に頼ったのだ。神が彼を必要とされるなら、いま神に救い出してもらうがよい。「わたしは神の子だ」と言ったのだから」。一緒に杭に付けられた強盗たちまでが、同じようにして彼のことを非難し始めた」(マタイ27:39~44)。

 上記の聖句に記録されている通り、み子イエスは苦しみの杭の上での極限の状態の中で、愚弄の言葉に忍耐し、み父エホバに従順を示されたのです(フィリピ2:8)。

 伝道の書には次のように記されています。

 「支配者の霊があなたに向かってわき起こることがあっても、自分の場所から離れてはならない。穏やかさが重大な罪を鎮めるからである」(伝道の書10:4)。

 上の聖句が示しているように穏やかさ、つまり温和な霊いら立ちを鎮めるのです。私たちは霊の実の「温和という特質を培いたいものです(ガラテア5:22,23)。

                   WWW.JW.ORG

        簡素なる 男料理の 冷奴 今日の一句

                      庭のランタナに「アゲハ蝶」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貝殻草とアーモンドの花とアーモンドの実

2015-07-28 18:30:12 | 四季折々の花々

 貝殻草の美しい姿を新潟の写真家が

 見事に写真に収め紹介されていました。

 陽の光を浴びた花弁が実に美しく

 心を魅了します。

 貝殻草を私の手持ちの花図鑑で調べましたが

 私の手持ちの花図鑑には紹介されていませんでした。

 今日は貝殻草とアーモンドの花とアーモンドの実を紹介致します。

                  新潟の写真家の提供の美しい「貝殻草」

              3月に咲いていた裏庭の「アーモンドの花」

                 7月28日の裏庭の「アーモンドの実」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加