愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

あなたは、イエスがご自身を「りっぱな羊飼い」に例えた話しをご存知ですか?

2017-06-10 22:05:12 | 神の言葉・聖書

 イエス・キリストは羊の囲いの戸口を通って入る羊飼いと、戸口を通って入らない盗人・強奪者の違いを話された後、ご自身を「りっぱな羊飼い」に例えて話されました(ヨハネ10:1~11)。その内容がヨハネの福音書に次のように記されています。

 わたし(イエス)はりっぱな羊飼いです。りっぱな羊飼いは羊のために自分の魂(命)をなげうちます雇われ人は、おおよそ羊飼いとは異なり、その羊も自分のものではないので、おおかみが来るのを見ると、羊たちを見捨てて逃げます。 - そして、おおかみは彼ら(羊たち)をさらい、また散らします。ー 彼は雇われ人であって、羊のことを気にかけないからです。わたし(イエス)はりっぱな羊飼いであり、自分の羊を知り、わたしの羊もわたしを知っていますちょうど父(エホバ)がわたし(イエス)を知っておられ、わたしが父を知っているのと同じです。そしてわたし(イエス)は羊のために自分の魂(命)をなげうちます」(ヨハネ10:11~15)。

 上の聖句に記されている通り、イエスはご自身を「りっぱな羊飼い」に例えて教え、雇われ人との違いを分かりやすく話されています。りっぱな羊飼いは、羊のために命をなげうつことを保証し、はイエスを知っていることを明らかにしておられます。実際に羊たちは、自分の羊飼いの声を良く知り、他の群れに行くことはありません。いえすは、父エホバ神がりっぱな羊飼いイエスを知っておられ、イエスが父エホバを知っているのと同じである真理を証しされました。この例えの「羊」はイエスの教えのみ言葉を聞き学び、適用する「ほかの羊」の「大群衆」の真のクリスチャンを表わしています(ヨハネ10:16.啓示7:9,14)。一方、おおかみは偽りの宗教指導者たちを表わし、その宗教指導者たちを「大いなるバビロン」、「大娼婦」として聖書の啓示の書に記し、そこから出るように教えています(啓示17:1~6;18:4)。

 あなたはりっぱな羊飼いのイエスの教え・エホバの教え聴き従う、羊のような「大群衆」のお一人あれば幸いです。

                   WWW.JW.ORG

         梅雨に入る 騙りをかたる 政府かな 今日の一句

                       雨の中の庭植えの「バラ」

 

 

                    

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クチナシの花と雨の中の橙色... | トップ | 鮮やかな赤のゴデジアの花と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神の言葉・聖書」カテゴリの最新記事