愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

詩編37編の紹介(その1):柔和な者たちは地を所有し、豊かな平和にまさに無上の喜びを見いだす!

2016-10-16 22:46:14 | 神の言葉・聖書

 詩編36編には、神エホバは命の源であることが記されていました(詩編36:9)。私たちが畏怖の念を抱く宇宙と、その中の太陽系の中の美しい惑星・地球と備えられている各種物理的法則、空気や水や土壌やエネルギーや鉱物資源、地上の多種多様な生物、食物、及び私たちの人体の造りについて考察するなら、エホバ神が命の源であることが分かります。あなたは、ご自身の命が地上に存在している意味をお考えになり、偉大な創造者エホバ神に深く感謝を表わされる方であれば幸いです。今日紹介する詩編37編1節~11節には、悪・不義を行なう者たちをうらやんではならないことが記されています(詩編37:1)。すべてを顧みてくださる、エホバ神に依り頼み、善を行うように勧めています(詩編37:3)。エホバ神のご意志を守り行う人の義、公正は「光のように」なることが記されています(詩編37:4~6)。邪悪な者に激怒をしないようにするのは、エホバ神が邪悪な者たちを断ち滅ぼされることを明らかにし、「柔和な者たちは地を所有し、豊かな平和に無上の喜びを見いだす」保証の言葉が記されていまので、希望に堅く立つことができます(詩編37:8~11)。

 詩編37編1節~11節には次のように記されています。

       ダビデによる。

 悪を行なう者たちのために

          激高してはならない。

      不義を行なう者たちを

          うらやんではならない。

  彼らは草のようにすみやかに枯れ、

      緑の若草のように衰えるからだ。

  エホバに依り頼み、善を行なえ

      地に住み、忠実さをもって行動せよ。

  また、エホバを無上の喜びとせよ

      そうすれば、神はあなたの心の願いを

          かなえてくださる

  あなたの道をエホバの上に転がし、

          神に頼れ

      そうすれば、神ご自身が

      行動してくださる

  そして神は、あなたの義をまさに光のように

      あなたの公正を真昼のように

          必ず生じさせてくださる

  エホバの前に黙していよ。

      神を切に待ち望め

      自分の(独自の)道を成功させる者、

          自分の考えを遂げる者に向かって

          激高してはならない。

  怒りをやめ、激怒を捨てよ

      激高し、そのためにただ悪を

          行うことになってはならない。

  悪を行なう者たちは断ち滅ぼされるが、

      エホバを待ち望む者たちは、

     地を所有する者となるからである

  そして、ほんのもう少しすれば、

      邪悪な者はいなくなる。

      あなたは必ずその場所に注意を向けるが、

         彼はいない。

  しかし柔和な者たちは地を所有し、

   豊かな平和にまさに無上の喜びを

     見いだすであろう」(詩編37:1~11)。

 上の聖句に示されている、悪を行なう者たち・邪悪な者たちがこの地上から断ち滅ぼされるのは、間もなく神の王国によって行われます(箴言2:21,22.ダニエル2:44.ペテロ第二3:10~13.啓示18章~19:21)。この地上から邪悪な者たちが一掃され、義の宿る楽園が地上に回復され、その楽園に招き入れられるエホバのご意志を守り行う義なる人々は、詩編37編11節に記されている通り、「柔和(温和)な者たちは地を所有し、豊かな平和にまさに無上の喜びを見いだす」祝福にあずかるのです。イエス・キリストも山上の垂訓の中で、「温和な人たちは幸いです。その人たちは地を受け継ぐからです」と、保証の言葉を述べられました(マタイ5:5)。この祝福にあずかるにはイエスが教えられた通り、み言葉を聞いて学び、守り行う「思慮深い人」となる必要があります(マタイ7:24,25)。加えて唯一まことの神エホバとそのみ子イエスについての正確な知識を学び、取入れ、イエスの贖いの犠牲に信仰を働かす必要があります(ヨハネ3:16;17:3.啓示7:14)。あなたもそのようになさるなら幸いです。

                     WWW.JW.ORG

        蓑虫や 風に揺られし 庭の枝 今日の一句

                        お隣の庭の「ランタナ」

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月の俳句(その3) | トップ | カタバミとランタナにセセリ蝶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。