愛媛県宇和島市からの良いたより♪

私のブログでは次の内容を紹介致します。
1.「神の王国の良いたより」、聖書教育
2.花々、風景写真
3.俳句、他

詩編85編の紹介:神エホバは、「民の忠節な者たちに平和を語られる」

2017-01-03 23:19:53 | 神の言葉・聖書

 詩編84編には、「神エホバは太陽、また、盾であり、恵みと栄光をお与えになる」方であることが記され、それゆえに神エホバに「依り頼む人たちは幸い」と保証の言葉が記されていました(詩編84:11,12)。現在も神エホバに依り頼むなら、私たちの歩む道筋を真っ直ぐにしてくださるのです(箴言3:5,6)。今日紹介する詩編85編には、神エホバは、「その忠節な者たちに平和を語られる」と記され、神エホバの善良さが示されています(詩編85:8~13)。「平和」は霊の実を構成する実の一つであり、神エホバのご意志を行う忠節な者たちは、平和を作り出す助けが注がれるのです。

 今日紹介する詩編85編には次のように記されています。皆様方はみ言葉の中からどのようなを見いだされるでしょうか。

        指揮者のために。

      コラの子たちによる。調べ。

「エホバよ、あなたはご自分の地を

         楽しみにされました。

      あなたはヤコブの捕われ人を

         連れ戻されました。

 2 あなたはご自分の民のとがを赦し

      そのすべての罪を覆われました。

 3 あなたはご自分のすべての憤怒を抑え、

      その怒りの熱から引き返されました。

 4 わたしたちの救いの神よ

         わたしたちを連れ戻し、

      わたしたちに対するいら立ちを

         断ってください。

 5 あなたはわたしたちに対して

      定めのない時に至るまでいきり立たれるのですか。

      ご自分の怒りを代々にわたって

         引き延ばされるのですか。

 6 あなたは、わたしたちを再び元気づけて、

      あなたの民があなたにあって歓ぶように

         してくださらないのですか。

 7 エホバよ、あなたの愛ある親切を

         わたしたちに示し

      あなたの救いをわたしたちに

     与えてください。

 8 わたしはまことの神エホバの話された

     ことを聞きます

       神はその民に、その忠節な者たちに

     平和を語られるからです。

       しかし彼らが自己過信に陥ることが

          ないように。

  実に、その救いは神を恐れる者たちの

      近くにあります

       それは栄光がわたしたちの地に

      とどまるためなのです。

 10 愛ある親切と真実、それは互いに会い、

       義と平和 - それは互いに口づけしました。

 11 真実がまさしく地から芽を出し、

       がまさしく天から見下ろします。

 12 また、エホバは良いものを与えてくださり

       わたしたちの地は収穫を与えます。

 13 義がそのみ前を歩み

       自らの足取りによって

       道を設けるのです」(詩編85:1~13)。

 上の聖句に記されている通り、コラの子たちは「神エホバの話されることを聞きます」と記しています。それは、神エホバの「忠節な者たちに平和を語られるからです」と記されています(詩編85:8)。コラの子たちはエホバ神に信仰を働かせ、平和を作り出すことを希求していたことが分かります。また神エホバの「救いは神(エホバ)を恐れる者たちの近くにある」と述べられています(詩編85:9)。神エホバへの健全な恐れを抱くことによって、知恵と識別力が与えられ、廉直さと、良いことに関する航路全体を理解することになるのです(箴言2:5~9.伝道の書12:13)。神エホバに健全な恐れを抱く人たちは心が純粋で、謙遜な者ゆえに神エホバに依り頼み救いを与えてくださるのです。愛ある親切と真実、義と平和は神エホバが与えてくださるのです(詩編85:10)。このように詩編85編は、神エホバの言葉に従うことの幸福が述べられています。神エホバの言葉は私たちを益し、平安と義の永続する道に導かれるのです(イザヤ48:17,18)。ですから、唯一まことの神エホバと共に歩まれる方々は幸いです(ミカ6:8)。

                   WWW.JW.ORG

        小春日の 庭に雀ら 集い来る 今日の一句

                     小春日の中の庭の「山茶花」

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボケの花とピンクの山茶花 | トップ | 1月3日のスミレと黄色のカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。