やっぱり幸せ♪

日常の色んなこと、特に発達障害を持つ息子との素晴らしき日々を綴っていきたいと思います。

病院と、参観と・・・

2016年11月05日 | 日記(息子・小5)

昨日は朝の9時頃に大阪南医療センターに入ったものの、息子が診察を受けることが出来たのは、11時を過ぎてから。

さらにそれから検査を受けて、全てが終了したのは、お昼の1時を回っていました。

 

待ち時間が2時間を過ぎた頃、病院の近くに住んでいるばあばが、かわいい孫である息子を心配して様子を見に来てくれました。

ばあばはリウマチで、要介護2。

ばあばの家から病院まで通常なら歩いて10分もかからない距離ですが、手押し車を押しながら一足一足時間をかけて病院まで来てくれ、ばあばがどれだけ息子を大事に思ってくれているかうかがえます。

 

主人がレンタルしていたサッカー漫画を息子に読ませていたので、退屈はしていませんでしたが少し疲れていたようで、ばあばの登場はいい気分転換になったようです。

血液検査をしてから結果が出るまでさらに1時間もかかるということで、その間にばあばと一緒に昼食を食べ、お小遣いをもらい、息子はとても機嫌よく過ごしていました。

 

その日は、小児科の先生に診てもらい、血液検査と胸部Ⅹ線、心電図の検査を受けましたが全て異常なし。

さらに詳しく検査をするため、心臓血管外科の先生が来る木曜日にもう一度受診することになりました。

 

恐らく異常なしだと思いますが、「あの時、ちゃんと検査をしていれば・・・」なんて、後で絶対に後悔することがないようにしたいし、不安の強い息子のためにも不安の種は一つでも少くしておきたいと思います。

そして、体に異常がなく、胸痛がストレスからくる発作的なものだとしたら、児童精神科の先生に相談して、早めに薬のことも考えたいと思います。

 

5時間目が始まる前に息子を学校に送って行って、参観の6時間目に再び学校へと向かいました。

 

2日の小児科の受診で、4日に検査出来るよう紹介状を書いてもらうときに、

「4日は、参観やで!」と、嫌がった息子。

 

私は、本当に疲れていて、股関節の痛みもじんじん感じていたので、

「今日は休んでもいいのになぁ・・・。」と、思いつつも、

参観だからと、頑張って学校へ行こうとしている息子を止めるわけにはいきません。

 

「道徳って、ソーシャルスキルの授業みたいやなぁ・・・。」

と、思いながら、しっかり参観させていただきました。

 

「〇〇、だいじょうぶ~?」

と、息子を心配して、私に聞きに来てくれる子ども達。

訳ありらしい班での活動も、確かに女の子達はしっかりして気が強そうだけど、息子も楽しそうに話をしていました。

 

見ている限りは、とてもいい感じなんだけどなぁ・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸が痛い!? | トップ | 給食試食会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。