じゅりりんのめげずにいくのだ*

ドールハウスやちっちゃいもの、ガーデニング、手芸など趣味や日常を中心に時々思い出わんこも登場します。

移りゆく・・・

2016-10-08 16:20:47 | 徒然日記

今週は週初めに伯父が急逝した為実家へ帰省。
ちょっとバタバタしとりました。

亡くなった伯父は6月に亡くなった伯母の夫にあたる人です。
自分では何もできない(というかやらない)人だったので
伯母が亡くなったら伯父も早いだろう・・とは大方の予想でしたが、
いくらなんでもまさかこんなに早くあっさりと逝ってしまうとは・・・。
体調を崩して入院し翌日には逝ってしまいました。
お盆に行った時は顔色もよく元気そうで「結構大丈夫そう!」なんて妹達と話してたのですが・・。
三途の川の向こうに伯母の姿を見つけて喜んでさっさと渡って行ったのかな?
ある意味いい終わり方だったのかもしれません。


うちは幸いにも両親そして両親の姉妹兄弟夫妻とも一世代上がみな健在だったので、
伯母夫婦が逝ってしまったことがことのほか胸に痛い。
伯母夫婦には子供がいなかったので空き家になる。
どうするかは向こうの親戚の決めることなのでこちらには関係ありませんが、
古い家なので取り壊して更地にするとの話も・・。
当たり前にあったものが無くなり、いずれは私達も去っていく・・
そうやって時代は移っていくんだなぁ・・・となんだかしみじみとした淋しさを感じるのでした。

でもそれでいいんだ。
姪っ子や甥っ子の顔を思い出して思う。


あ~なんだかすっかり黄昏てしまったなぁ~(^^;
いやいや、まだまだ当分は私の時代よ!!
あ~お腹空いたな!
なんか食べよう~♪

ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3D PAPER PUZZLE フクイサウ... | トップ | キタキチョウの羽化 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆり)
2016-10-08 16:44:37
大変でしたね
そしておじさまのご冥福をお祈りいたします
ご夫婦でお空で仲良くしてくれてると思います
私も先日伯母の納骨でしみじみといろんなものがこうしてなくなっていくのねと実感してました
伯父も伯母も病気せずころっとだったためびっくりですが
誰にも迷惑かけずいったことがすごいと思いました
私もそうならないようにしたいです
ボケたり病気になったりすると家族に負担がかかりますから(^^;)周りでいなくなる人が増えてきてなんとなく寂しいですが仕方ないですものね
Unknown (urutemi)
2016-10-08 19:41:52
伯母様が伯父様を心配して呼んだのかもしれませんね。
それほど仲の良いご夫婦でしたのね。
伯父様のご冥福をお祈り致します。
少しずつ身内が亡くなっていくのってやはり寂しいですよね。
生きている者はその命の限り、精一杯に生きなくちゃね。
そんなコトを思うなんて自分も随分歳をとったってことよね。
Unknown (RUNAのおかあさん)
2016-10-09 04:34:02
じゅりりんさんも大変でしたね
伯父様のご冥福をお祈りします

お子さんのいらっしゃらないご夫婦や
私のように娘を遠くに嫁がせたものはいずれ自分で幕引きをしなくてはなりません。
私の両親は昔から子供がするものと何もしてこなかったので、どの様にしようかと思案している今日この頃。
こんな思いを子供にさせないようにと終活をしておかないといけないと思っています
主人は老後は二十歳の介護人のお世話になると冗談言ってますが・・・
はい。ぜひそうして頂きたいと願っています(笑)
そんな事を考える年になりました。
じゅりりんさんはまだお若いので前を向いてお暮らしくださいな
楽しい事、美味しい物頂く事・・・笑顔の日々を過ごせる様に頑張りましょう
夢は叶えるもの・・・こんな事したいなの思いは今週、ひとつ叶いそうです
ゆりさんへ (じゅりりん)
2016-10-12 16:52:12
ゆりさんの伯父さんと伯母さん、病気せずにころっととは・・
私もそうでありたい・・。でももうちょっと先によ~。
そう言いつつもうそろそろいいよ?なんて日はこないのかも?
でも自分を含め両親や家族など、簡単にころっと逝ってほしく欲しくない思いも・・。
急すぎると後悔が残ってしまう。
お別れをいう時間が欲しいなぁ・・・。わがままかしら。
ああ、でもほんとこればかりはわからないですもんね。
どうか自分の最期が恥ずかしい終わり方でないことを祈るばかりです。
urutemiさんへ (じゅりりん)
2016-10-12 17:07:09
伯父は私達姪っ子達などにはとても優しい伯父だったのですが、
自己中でわがままで親戚中と仲たがいをして、伯母は大変だったと思います。
ホント言うと、伯母にはもう少し一人でゆっくりさせてあげたかったんですが、
伯母のことなのでそんな伯父が周囲に迷惑をかけないようにと呼んだのかも・・・。
伯父夫婦には子供が無く私たちの事をとても可愛がってくれたので
あそこの家にもう二人はいないんだと思うとやっぱり淋しいです。
本当、生きてるものは精一杯生きなくちゃ!
そうそ、自分も歳をとったってことよね、とほほ。
RUNAのおかあさんへ (じゅりりん)
2016-10-12 17:29:30
うちもみんな出て両親2人暮らしだし、これからがとても不安になります。
伯父宅は男やもめになんとやらで自分では掃除一つしないし片付けもしないし
物でごちゃごちゃにあふれかえっていて、
母もあんな風にはなりたくないけど~と言います。
そして「だから今から少しずつ物を減らしていくんだってば!!」
とみんなに突っ込まれてましたが、だからと言ってできないこともわかっています。
だって自分がそうなんだもの~~~(><)
妹に「あんたの趣味の物、全部棺桶に入れてやる。」と言われてます・・・。
ごめん、入りきらないかも・・。
でも欲があるうちは元気ってことよね~!
そうよ、泣ける日は思い切り泣いて笑う日は思い切り笑って日々明るく生きなくちゃ!

コメントを投稿

徒然日記」カテゴリの最新記事