毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも大好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

パラリンピック

2016-09-19 20:22:15 | その他


リオ パラリンピックが閉幕しました。

 

 パラリンピックを見て毎回思うこと。

ここまで来るのに 選手の人たちは どれだけの試練を乗り越えてきたんだろう。

どのような手段で自分を奮い立たせ、ここまできたんだろう。


生まれながらの障がい、事故や病気が理由での障がい。

死にたくなるようなショックをまず受け入れるところから始まって

スポーツに挑戦する、と決意して

パラリンピックを目指して・・・

選手の皆さんが流してきた悲しみや苦しみの涙は

勇気と感動の雨に変わって世界中に降り注ぎました。


そしてまた、選手を支えた家族の方々の気持ちを想像したとき

生半可な精神力じゃ救えないんじゃないか、と

本当に頭が下がる思いです。

すごい覚悟です。



パラリンピックには 様々なクラス分けがありますが、

PDDの息子を持つ私は、やはり ”知的障がい”  クラスの選手に特別の関心があります。

『 スペシャルオリンピックス 』 というのをご存知でしょうか。

そもそもパラリンピックは、身体障がい者のための大会で、スペシャルオリンピックスは 知的障がい者の大会です。

パラリンピックに比べると、スペシャルオリンピックスの認知度はかなり低いのが事実。

息子が高校3年の時、陸上短距離走で スペシャル・・・の強化選手に推薦されました。

就労のための実習期間と強化合宿の時期が重なって、断念せざるを得ませんでしたが、

今では、IOCの基準に沿っていれば、陸上や競泳など、

パラリンピックの一部の競技には 知的の選手も出場できるようになりました。

それはとても嬉しいことです。

ただ、外からは判り辛い障がい、ということで なかなか難しいこともあり、

実際にシドニーパラリンピックでは残念な事例が起きてしまいました。



器具や装具の改良も手伝って、オリンピアンとパラリンピアンの境界はどんどん薄まってきています。

いつか、同じフィールドで両者が走る姿を見られる日がくるんじゃないか、

と、ちょっと期待している私がいます。


リオオリンピックとリオパラリンピック。

選手の皆さんから計り切れないほどの英気をもらった今年の夏が

終わっちゃった・・・



ありがとう~~~~~!!





 

 

 

ジャンル:
オリンピック
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パパのお気に入り | トップ | お彼岸と台風 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アルウェン)
2016-09-20 00:01:30
ジュリアちゃん!

体調は大丈夫?
無理してない?
パパさんの検査結果を知って、何とも言えない気持ちです・・・
ジュリアちゃんの気持ちが少しでも晴れやかになる事言いたいんだけど、
見つからなくて・・・
ただただ、いつもジュリアちゃんの事、
思ってるよ!!
根治するための手術が受けれること
祈ってます!!!
Unknown (アルウェン)
2016-09-20 00:08:53
パラリンピック、終わってしまったね!

本当にたくさん勇気をもらったわ~
どんな苦労と苦しみを乗り越えてここに立ってはるんやろ・・・
どの選手も輝いていたよね!
本当にありがとう!だよね!
◆アルちゃん◆ (ジュリア)
2016-09-20 05:48:24
アルちゃん コメントありがとう★

心配かけちゃってごめんねアルちゃん。
私もパパも大丈夫です。
全然いつもと変わらず生活しています。
だからアルちゃんは 自分の身体のこと、大切にしてね。
私のアンハッピーなニュースで 嫌な気持ちにさせちゃってごめんね。


パラリンピック・・・みんな、本当にすごいな~って思ってました。
解説でどうして障がいに至ったか、って聞くたびに
その人のここまでの道のりを想い、拍手を送ってました。
みんな、すごい! 家族もすごい!
私も見習いたいです。
Unknown (★suika★)
2016-09-20 07:51:33
山の方のblog記事の中で、
白馬山に、息子さん達や主さんに奮闘されていた
記事に刺激を受け私も登ってみようと思い登りました。

私自身も手に障害があり、
かなりの時間それを受け入れたり生活をしていくうえで傷ついたり、それはもう苦労もありました。

この記事の内容ではっと思ったことなのですが、
パラリンピック障害者達の苦労もそれぞれの
人生において相当にあったのだという思いと
一人一人の健闘に対して、目頭が熱くなります。

一人一人にドラマがあるってことを、忘れて
ただ試合だけ見ていました。( ノД`)

いつか本当に同じフィールドで競技
できるといいですよね。





Unknown (はいび)
2016-09-20 14:54:51
ジュリアさん こんにちは*

こちらは 台風の暴風警報で
お家で缶詰状態です。

パラリンピック 胸を打たれました。
ジュリアさんが言うように
まず 障害を受け入れるまで苦悩を思うと・・・
だけど
ここまで打ち込めるものにめぐり合ったことは
障害を忘れるほど 幸せなことだな~って思いました。
スポーツで一生懸命汗をかいて
そして ぐっすり眠ったら
障害のことを思う時間もなくなるんじゃないのかな?って
思いました。
だから パラリンピックの意義って
ほんとにあるな~って。

◆suikaさん◆ (ジュリア)
2016-09-20 17:00:15
suikaさん コメントありがとうございます。

ポレポレ隊の方から来ていただいたのですね。
ありがとうございます。
ここ数年、山ブログの方は放置状態で。
なんとかせねば、と思っているところですがなかなか・・・

私のブログを見て、白馬に登られたとのこと・・・
こんな嬉しいことはありません。
そういう話を聞くと、また再開せねば、と身が引き締まる思いです。
ありがとうございます。

suikaさんも 色々とご苦労をされて今に至っているのですね。
大変でしたね・・・
パラリンピックの選手たち、いや、それだけでなく
世界中には 障がいを乗り越えていろんな分野で
頑張っている方たちがたくさんいます。

自分が辛い目に合うと、「何で私だけ」と、
世界中で自分が一番可哀想な人間になったような気になってしまいますが、
そういう時に、努力して立ち向かっている方達の姿を見ると
私だけじゃないんだ、と、それだけで前向きな気持ちになれます。

suikaさん、私もいろんなことに負けないで頑張ろうと思います。
コメント、本当にありがとうございました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事