毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも大好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

◆博士と彼女のセオリー◆

2017-03-30 04:59:06 | 映画でハッピー♪

  今日のシネマ 

 

2014年 イギリス

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

『リリーのすべて』 で すっかり エディ・レッドメイン のとりこになった私。

さっそく彼のオスカー受賞作品を観てみました。

 

文句なし!

すごい!!

やっぱり彼はすごいです!!!


これは、物理学者、スティーブン・ホーキング博士の半生を描いたドラマです。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い 余命2年と言われたホーキング博士ですが

自由を奪われながら、75歳になった今でも まだ研究を続けています。

すごい生命力。


エディにとって、博士を演じるのはものすごいプレッシャーだったんじゃないかと思いますが

彼以外できる人はいない! と私は確信を強めながら観ていました。


これはただの伝記映画ではなく、恋愛映画でもあります。

献身的に彼を支えた妻、ジェーン (フェリシティ・ジョーンズ) の葛藤、離婚、再婚、と

きれいごとでは済まされない部分もしっかりと描かれています。

もちろんそれはジェーンの一方的な感情ではなく、

ホーキングの心移りも隠すことなく・・・

でも私は、その裏に ”ジェーンを自由にしてあげたい” という彼の愛を感じました。

っていうか、そうであってほしいという私の希望・・かな。


終盤に彼が発する


『命ある限り希望はある』


これが全てだと思います。


そして、私、

しばらくエディに食らいついて行きたい思います。



 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆらりん | トップ | プリザーブドのアレンジ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい人生! (ちっぷ)
2017-03-30 05:44:44
映画はエディ・レッドメインの魅力であふれていました。
S.ホーキング博士の生き写しと言ってもいい迫力、平々凡々として生きてきた僕には想像も及ばない苦悩の表現などが実に見事だったと思います。
S.ホーキング博士はジェーンとの離婚の後、看護士さんと再婚しますが再び離婚。
なんと言うか、僕などには絶対に表現しようがない人生だと断言できます。
レッドメイン、すごい!    





お相手はジェーン・ワイルドさん。お子さんも3人おいでです。


スポンサードリンク

既にALSと知らされていたが、彼の人となりに惚れ込み結婚を決意されたとか。

スゴイですね。先がないと知りながら結婚する。というか、結婚というものがそういうものなのでしょうか。。。orz

恩田聖敬氏FC岐阜社長が難病を告白!ALSと筋ジスの違いは何か?

試練
彼は難病を克服しましたが、彼女には苦悩を強いる事態がおこります。

1985年スイスで重篤な肺炎にかかってしまった時のことです。

長くないと判断した医師が彼女に生命維持装置を外すことを提案したことがありました。

彼女は非常に悩み、拒否します。そこで緊急手術となり気管切開を行うことになるのです。

このことでホーキング博士は声を失うことになりますが、薬が急速に効きはじめ一命を取り留めることになります。

その後「ホーキング、宇宙を語る」を執筆中で書き上げたかった思いがあったと語っており彼女の選択は間違いなかったんでしょう。

しかしながら、「ホーキング、宇宙を語る」がベストセラーとなり、富と名声を得るにしたがって2人の間に距離ができてしまいます。

そして、1991年に離婚をされてしまいます。

その後はホーキングさんは1995年に看護師のエレン・メイソンさんと再婚するも2006年に彼女からの身体的虐待により離婚。

◆ちっぷさん◆ (ジュリア)
2017-03-31 05:35:36
ちっぷさん たくさんのコメントありがとう★

再婚した介護士との離婚が虐待・・・!?
これはちょっとショックですね。

でも、私たちは映画でしか知らないから・・・
実際の彼の生活は想像を絶するくらい大変だったと
推測できます。

とにかくエディの演技には心から拍手を送りたい。
彼は難しい訳ほど 力を発揮する俳優ですね。

コメントを投稿

映画でハッピー♪」カテゴリの最新記事