細胞の再生力を促進する巨人倍増

巨人倍増、紅蜘蛛、RU486、淫インモラル、花痴、威哥王

上海のイケアが高齢者の「出会いの場」に、迷惑行為に店は困惑

2016-10-19 18:29:05 | 時事通信
スウェーデン・ミートボールの匂いが漂う混雑した家具店で、素敵な出会いがあるとは多くの人は思わないだろう──。だが、中国・上海(Shanghai)の孤独な高齢者たちにとっては、家具販売大手イケア(IKEA)の中にあるレストランが恋人探しの場になっている。

 地元メディアによると、市中心部の徐匯区にあるイケアのレストランには、何年も前から火曜日と木曜日に高齢者が大勢集まってくるという。多くは離婚したり夫や妻と死別したりして、一人暮らしをしている人たちだ。

 彼らの目的はホットドッグやコケモモのジュースではなく、あくまで男女の出会いであり、経営側はレストランをそうした場として使われることに困惑している。

 先日の大型連休中には、食べ物を注文しない高齢者たちが席を独占し、通路までふさいだ。そのためイケアは「注文しない人はお断り」というルールを設けた。

 レストランの前に掲げられた案内には、「長時間」居座って「大声で話す」「合コン目的のグループ」の入店を認めないことに加え、つばを吐いたり、口論やけんかをしたりすることも禁じると書かれている。「本日よりレストランの利用は、食べ物を注文する方のみとさせていただきます」

 しかし、このルールが、他に行き場がないと訴える高齢者たちの怒りを買った。

「マクドナルド(McDonald)やケンタッキーフライドチキン(KFC)にも行ったが、同年代の人はほとんどいない」と、86歳の男性は国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)に語った。そして、「そこでは若者ばかりで、自分たちはよそ者のように感じる。上海で高齢者が集まれる場所が他にあれば、料金が2倍でも、もっと遠い場所でも行く」と語気を強めた。

 世界で展開するイケアは、中国に最大規模の店舗を複数構えている。急速に拡大する中間層の消費力に期待しているためだ。だが、欧米の家具に興味がない一部の人々がここを訪れるのは、何も光沢のある食器棚や明るい色のラグを求めているからではない。

 彼らの多くは、空調の効いたイケアで「快適に過ごす時間」を求めているのだ。店内の快適なベッドやソファの上で靴を脱いで昼寝をする人もいれば、中には弁当を広げたり、新聞を読んだりしてくつろぐ人もいる。

 今回、レストランへの入店を制限された高齢者たちも、簡単に諦めるつもりはないようだ。彼らは、これまで通り水と蒸しパンを持参してはいるが、その一方で、クロワッサンなどの安い食べ物も購入もしている。つまみ出されないようにするための方策だ。

「高齢者がどれだけ孤独か、ほとんどの人が分かっていないようだ」と、年金生活を送る女性は上海のニュースサイト「Jfdaily.com」に語った。「子どもたちは近くにいないし、顔を見に来ることはあっても週末だけ。ここは居心地がいい。私は友だちとおしゃべりをするけど、恋人を見つける人もいる」

淫インモラル
巨人倍増
RU486
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 約束 | トップ | ガリガリ君にメロンパン味 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。