For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



在中国大使に丹羽宇一郎伊藤忠相談役。
なかなかに驚きの人事ですね。

よりによって中国のようなデリケートなところに、とは思いますが、丹羽相談役という方は、ご発言を見る限り、官僚への尊敬の念があり、バランス感覚や視野の広さもある方のようなので、中立性の問題などはよく分かりませんが、そんなに悪くない人事のような気がします。なんと言ってもビジネスの現場の知見とネットワークには余人をもって代え難いものがあるのでしょうし(たぶん)。

それと、ギリシャ大使に野村証券顧問。
これも初めて聞く例ですが、面白いですね。

金融危機という短期的問題に着眼しているようにも見えて、それはそれで議論の余地がありそうですが、私は結構ありだと思うんですよね、こういうのも。

外交や安保といった伝統的な分野は、人的ネットワーク、相場観、センス、意思決定のプロセスの熟練といった、継続的な経験、プロフェッショナリズムがものをいう部分が大きく、内部の人間で十分足りるというか、むしろプロパーの人間に何重ものアドバンテージがあります。
(伝統的な分野といっても、地域研究について言えば、研究者の学識には大きな価値があります。ただ、これも非常に絞り込まれた領域での客観的・中立的な分析に限られるものであり、総合的・現実的な政策の形成や意思決定とは性質を異にすると思われます。また、役所の地域研究の専門家の中には、学問の世界でもトップクラスにある学識を備え、退官後にその分野の第一人者になる人もいます。)

しかし、経済、金融、法といった、日々現場でのアップデートが積み上げられ、高度な専門的知見が要求される分野は、もう外部の人間に頼らざるを得ない時代です。しかもその重要性は今回の金融危機を見るまでもなく高まる一方です。人的にも物的にもコネクションがものをいうビジネスに関わる分野も、これから重みを増してくるかもしれません。

官民の補完関係は、これからますます進むことになるのでしょうが、私がかねてから思うのは、民間から必要とされる人材とは、抽象的な評論家や理論家然とした人ではなくて、こういう専門的技能をもった本物のプロの人たちだろう、ということです。本当の意味で、内部の人間には提供できない付加価値を生み出せる人たちです。
(実際、課長より下のクラスではすでにどんどん登用されています。)
これから先、具体的にどのような分野なのか、またどのようなレベルの役職が適切なのかについては、まだまだ検討が必要なのでしょうが、今回の大使人事は今後の方向性を見る上で一つの示唆を与えるかもしれません。
(中国大使ほどの重量級ポストを開けるということが重大なインパクトになることは間違いありません。米国大使なみの重さと実質のある「本物」のポストですから。今までも大使や公使の起用はたくさんやってましたが、今回のはこれまでとはちょっと次元が違うものです。)

私個人としては、こういう補完の流れは一般的にはいいことだと思いますし、また色々な意味で抗えない流れでもあるように思います。
ただ、繰り返しになりますが、どういった形で推し進めるか、特にハイレベルの人事については、まだまだ検討の余地があるかと思います。
現場の一線で仕事をするレベルであれば、どんどんやってもらえば良いと思うのですが、局長、大使レベルとなると話が違ってきます。この人たちは意思決定を下す立場にあり、官僚機構においては、その職務の権限内にある限り、その決定は絶対です。その下に仕える内部の人間は、新しく来る人をどう支えるのかを真剣に考えなければならず、それは場合によっては組織全体に影響を与えるほどのリスクと負担になります。ただの思いつきや単なる「政治主導」のポーズ、あるいは猟官運動の道具にするのではなく、本当の意味でその人がどんな貢献ができるのか、厳密に考えて決めるべきでしょう。
内部の人間にとっても良い刺激になり、また不毛な消耗を生まないことをどう実現すべきか。そんなこともこの話の発展に伴う一つの課題といえると思います。

・・・
ワールドカップ。
見る試合をできるだけ絞ろうとしていますが、ついつい見てしまいますね。

日本代表、カメルーンに勝ったのは本当にすごかった。
終盤の怒濤の攻撃を浴びたとき、いつもならここでやられる・・・と思いましたが、見事にしのいだ。
オランダ戦もよくやりました。あのチームを相手に一歩も引かず対等に渡り合い、一点とられても切れることなく戦い抜いた。
こういうしぶとさは今までなかなかお目にかかりませんでしたね。

そういや4年前はこんな記事を書いていました。決勝トーナメントはこんなだった。決勝戦のときは北朝鮮のミサイル発射があったんですよね。なつかしいなあ。笑

・・・
最近読んだ本です。

■ ジャンバッティスタ・ヴィーコ 『新しい学』 
歴史、哲学、詩、神学、法学(ヴィーコが最も重視した学問)を盛り込み、社会学や人類学まで射程におさめる。
クリティカ/トピカ、verum=fuctum、詩的記号、intelligere/cognitare、filosofia/filologia。ヴィーコの学(scienza)は、自然科学(科学哲学)と人文学の両方に興味をもつ者に刺激を与える。

■ 清水幾太郎 「私のヴィーコ」 
『世界の名著 ヴィーコ』に収められている。時代の空気も感じられる味わい深い批評。

■ 上村忠男 『ヴィーコ 学問の起源へ』 
著者はヴィーコ研究の第一人者。優れた入門書。

■ ピーター・バーク 『ヴィーコ入門』 
ウェーバー、ヴィンデルバント、ディルタイ、レヴィ=ストロースとの対比が示唆に富む。ピーター・バークは『歴史学と社会理論』も何かにつけ参照する良書。

■ 樺山紘一編 『新・現代歴史学の名著』
前篇の『現代歴史学の名著』とは違う切り口の面白さ。
特に興味をもったのはノラ編『記憶の場』とギンズブルク『チーズとうじ虫』。これらは上記『歴史学と社会理論』でも取り上げられている。

■ 佐藤賢一 『英仏百年戦争』
イングランド、フランスのなりたちを手軽に知ることのできる好著。作家だけにツボをおさえた読みやすい文章。
同氏のノンフィクションものでは『ダルタニャンの生涯』もまあまあ良かった。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




最近夏っぽくなってきましたね。梅雨がくるのがちょっと鬱ですが、本当の夏到来まであと一歩。なんかワクワクしてきます。

意外にも(笑)、それなりに使いこなすようになったツイッター
140字ならではの使い勝手と面白さがあるものですね。
まだ考えがまとまっていないことやちょっと過激(?)なことも思い切りよく(笑)述べたりしています。
基本的に自分の考えのメモのような使い方をしていますが、思わぬレスや交流があるのもブログと違う新鮮さがあります。

・・・
さて、最近、ユダヤ人の思想哲学を勉強する機会がありました。

米国に行ったことがある人なら分かると思いますが、米国社会において、ユダヤ人には特異な存在感と影響力があります。
仕事にせよ(金融、法律等)学問にせよ(自然科学・人文学問わず)様々な場面で高い知性をもったユダヤ人に出くわすことは多いです。
私の経験でも、留学中のルームメイトがそうでしたし、仕事においても関わる機会が多くありました。
日常生活においても、米国のドラマや映画を見れば、その独特の存在感に気づくことと思います(たとえば、私が米国にいた頃大人気だった『フレンズ』では登場人物のロスがユダヤ人で、その関連のエピソードもよく出てきました)。
また、これは言うまでもないことですが、イスラエルが中東、米国、世界において発揮する存在感と影響力はすさまじいものがあります。

マイノリティでありながら米国という一つの世界の中心で独特の活躍を続けるユダヤ人。
地域の小国でありながら世界的に強い影響力を行使するイスラエル。
これらについて知ることは、米国を理解する上でも、国際的な事柄を考える上でも、極めて重要、ほとんど必須といえるでしょう。

国際問題としてイスラエルを論じたノンフィクションや宗教としてのユダヤ教について述べた本は沢山あります。
が、こうした本を読んでも、ユダヤ人の活躍や歴史的事実の関連は分かっても、ユダヤ人の思考様式や思想の内容というものは、なかなか分からないと思います。
しかも、その思想たるや、とにかく難しい。
ヘブライズムとも言いますが、西欧思想、キリスト教と近い関係がありながら、非常に異なる性格をもっているため、西欧近代思想を圧倒的・普遍的なものとして(同時に形式的・ご都合的に)受容してきた日本人には、理解が困難ということがあるのだろうと思います(たとえば同じ「神」「理性」を語るにしても、キリスト教的伝統とユダヤ的伝統とでは違う内容を含むことがあります)。日本語化している文献がそれほど多くないという事情もあると思います。

そんな中で、これを読めば分かる、とまではとても言えませんが、少なくともなにがしかの手がかりや参考にはなると思ったものを記しておきます。

■ ユリウス・グットマン 『ユダヤ哲学』
■ サイモン・ノベック 『二十世紀のユダヤ思想家』
■ イジドー・エプスタイン 『ユダヤ思想の発展と系譜』(特に18章、21章)
ユダヤ思想の特徴の一つは、ギリシア思想(古代アレキサンドリアと中世イスラム圏)と近代主義という巨大な知的挑戦を受けながら、「理性の宗教」(メンデルスゾーン、コーエン、ベック、ローゼンツヴァイクらのドイツ的啓蒙主義)や神秘主義(ブーバー、ショーレム)といった知的営みにより、伝統的な宗教的実践と哲学的思弁の止揚を図った点にある。
これらの本は、そうした経緯について、主要な思想家を細かくフォローしつつ、体系的・包括的に論じている。
こうした流れを念頭において、新カント学派、フランクフルト学派、ブーバー(対話の哲学)、レヴィナス(前の記事でも述べた他者に依拠する存在論)といった、日本でも人気の高い思想家の本を読むと、より深いイメージが見えてくる(と思う)。

■ 村岡晋一 『対話の哲学』
■ 佐藤貴史 『フランツ・ローゼンツヴァイク』
■ ステファヌ・モーゼス 『歴史の天使』
合理主義・哲学的思弁を重視する近代ドイツのユダヤ思想、特にコーエンとローゼンツヴァイクの理解に役立つ本。

■ 市川裕 『ユダヤ教の歴史』
昨年末に出たばかりの本。
まさにそこが知りたかったという最新のトピックを含め、かゆいところまで手が届くほど情報が詰まっている。説明も大変分かりやすい。初学者にイチオシ。

■ 上山安敏 『宗教と科学』 『ブーバーとショーレム』
ユダヤ教とキリスト教の関係、理性の宗教と神秘主義としての近代ユダヤ思想の系譜を壮大な物語にまとめた本。読み応えがある。

・・・
以下は過去に読んだもの。

■ シーセル・ロス 『ユダヤ人の歴史』
■ イラン・ハレヴィ 『ユダヤ人の歴史』
■ マックス・ディモント 『ユダヤ人の歴史』
■ ポール・ジョンソン 『ユダヤ人の歴史』
いずれも包括的な通史。
著者のバックグラウンドが異なり(英国人学者、ユダヤ人(パレスチナ人に同情的なタイプ)、米国系ユダヤ人、英国人ジャーナリスト)、それぞれに特徴があるので比べると面白い。
がんばる気持ちがある人は、アブラハム・マラマット他『ユダヤ民族史』。通史の代表的名著。ただ古いし長大。必要箇所を参照すればいいのでないかと思います。

■ ①ノーマン・ソロモン 『ユダヤ教』
■ ②市川裕 『ユダヤ教の精神構造』
ユダヤ教の基本知識をおさえるのに便利。
②は特に神秘主義の解説(第7章)が良かった。
神秘主義については、井筒俊彦『意識と本質』にも簡潔にして要を得た解説がある。がんばる気持ちがあればゲルレム・ショーレム『ユダヤ神秘主義』
カバラに代表される神秘主義は多くのユダヤ人思想家に影響を与えている。
たとえば19世紀ドイツを代表する公法学者ゲオルグ・イェリネック。その承認と自己拘束の理論には神の収縮(Tzimtzum)の理論の影響が見てとれると言われる。

■ マックス・ウェーバー 『古代ユダヤ教』
古典的名著。ユダヤ学というよりウェーバー学の本といえるが、後世に大きな影響を与えている。

■ ①鈴木輝二 『ユダヤ・エリート』
■ ②ジャン・ポール・サルトル 『ユダヤ人』
ユダヤ人について述べた本。
①は米国の各分野で活躍するユダヤ人を取り上げたもの。事実中心で思想の掘り下げはないが、手軽に読める。
②は古いが、有名な本。時代の雰囲気や反ユダヤ主義のステレオタイプが分かる。

■ 井筒俊彦 『意味の深みへ』
「デリダのなかの『ユダヤ人』」という論稿の中で、デリダの根元にある思惟のユダヤ性(とギリシャ的思惟との混合)を詳述している(これについては高橋哲哉『デリダ』がより多面的な見方を提示している)。

■ スピノザ 『神学・政治論』
前半のかなりの部分がユダヤ人論(特に第3章にユダヤ人の選民思想の詳細な分析(批判)がある)。
スピノザはユダヤ人だが、独自の哲学によりユダヤ教の教義を相対化して破門された。
その思想は哲学と神学の明確な棲み分けなど脱ユダヤ的でありながら、ユダヤ教の影響も強く見てとられ(スピノザのユダヤ哲学における位置付けについては、マルティン・ブーバー『ハシディズム』でも論じられている)、これがデカルト主義とも異なる特異な哲学史上の巨人と評価される一因をなしている。

・・・
あと、聖書はもちろん、イスラム思想や古代ギリシャの思想も非常に密接に絡んでくるので、これまで紹介したキリスト教の本や井筒俊彦の『イスラーム思想史』など参照しつつ読むと、面白さが広がると思います。

自分の場合、米国に行って、前述のとおりユダヤ人と接する機会が多かったほか、大学院の授業で関連する授業を聴いたり、仕事でも分析の対象となったりして、関心をもつようになったのですが、特に大きな影響があったのは、この問題の専門家で、尊敬できる方(仕事上の大先輩)に会ったことでした。無知な自分に、豊富な情報と分析を、適格かつエキサイティングに教えて下さり、そのおかげで、微々たるものにせよ、土台らしきものができました。

思うのは、人から刺激を受けるというのはとても大切ということです。
時々自分の知っている世界をはるかに超える人の会話を聞くことがあります。何を言っているのか分からない。でもすごく気になる。分かりたい。そういう気持ちは、自分の好奇心や探求するインセンティブを一気に引上げます。
そして、中にはそういう難解な(というか多くの段階をふむ必要のある)話を、とても上手に説明してくれる人がいます。そうした人との出会いは大切にした方が良いと思います。

話がそれました。ともかくも、これほどの専門的で複雑な問題は、やはり専門家の知見を真摯に学ぶという謙虚な姿勢がまずは大切と思います。
もちろん専門家といっても沢山いますから、一つの考えを盲信するのではなく、色んな考えを見て、自分なりに理解していくことが必要であることは当然ですが、何にせよ独断的になって知った気になるのだけは避けたいものです。
私自身は、力不足のため、目を開くような刺激的なメッセージを自分の言葉で伝えることはできませんが、これらの優れた本のどこかにはそんな刺激があると思います。何となく面白そうだな、と興味をもったり、思索のとっかかりとして見ていただけたらうれしいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )