For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



twitterを始めてみました。
想定されている利用法とはちょっと違う使い方をしている感じですが、何となく面白さが分かってきました。やられている人がいたらお知らせいただけるとありがたいです(私の友人やこのHPをご覧になるような方は、あまりやってなさそうですけどね・・・)。
使っているうち、このHPの記事程度の内容なら、twitterのつぶやきで足りる気がしてきた(笑)。
それではさすがにさびしいので、構成や主題ぐらいに気をつかって、少しは付加価値のあるものを書くようにしたいと思います。

twitterを始めたら、ブログを移転したいという気持ちが一層強まりました。
このgooブログではtwitterのタイムラインの表示ができないんですね。
gooブログには昔から不満がありました。youtubeの動画の貼り付けもできないし、更新したら時系列にアーカイブを作ってくれてもよさそうなのものを(他のブログではみんなそうなっている)、そういう機能も見当たらない。おかげで自分でいちいち作らないといけない。
長年利用しているサービスですが、ちょっと不親切にすぎるなあと、長いこと思ってきたところです。
といっても、どこがいいのか、移行も面倒そうだし・・・といざやろうと思うといろいろ悩みます。よいアドバイスがあったら教えてください。

それにしても、だんだん慣れてきましたが、140字でものを言うのもまた技術ですね。ブログのときにも思ったことですが、こういう技術が重視される中で、得られるものと失われるものが出てくるような気がします。

・・・

さて、今月号(3月号)の法学セミナーに「オバマのアメリカ」という特集が出ています。
この手の記事におなじみのジャーナリストや政治系の有識者の時事的なお話ではなく、法学者がその専門の視角から論じているのがなかなか新鮮です。米国と法学の両方に興味のある人には特にお勧めです。
ただ紙面の制約上深みに欠けるのが残念でしたね。政治や時事よりも、法学者の政治任用や法哲学の潮流の記事にもっと紙幅をさいて欲しかったところです(この種の記事で最近のものだと、渡辺将人さんのレポートが面白かったです)。

(言うまでもなく米国は最も「法化」の進んだ社会の一つ。そして法は西欧近代思想を特徴づける最大の産物の一つです。この話に限らず、どんな位置付けにせよ、法は欧米を語る上で必要不可欠な要素と思います。)

特集の中では、米国の「リベラリズム」の最新の動向も語られていますが、このリベラリズムを批判する有力な思想に、コミュニタリアニズム(「共同体主義」と訳されることが多い)というものがあります。

※リベラリズムは、ここでも何度も触れてきたテーマですが、一応注意を要する点を述べると、米国の「リベラル」というと、普通は、上記の特集の記事を含め、米国固有の歴史的含みと政治的文脈があり、(これも米国固有の)「保守主義」と対立する概念を指しますが、ここでいうリベラリズムは、そうした歴史性や政治性とは少し離れた(ただし関連性は非常に強い)哲学的な意味(特に正義論の文脈)での「自由主義」を指します。
(前期の)ロールズやドゥオーキンをご存じの方であれば、そのへんをイメージすると分かりやすいと思います。
(ちなみに、特集では、駒村圭吾教授が、前者を「歴史的政治的正調リベラリズム」、後者を「理論的哲学的真正リベラリズム」と呼んで区別している。)
興味ある方は前に書いた記事もご参照下さい。

先日、このコミュニタリアニズムをテーマにしたちょっとした勉強会に参加する機会がありました。
コミュニタリアニズムは、日本ではあまり取り上げられることがないので、耳慣れないかもしれませんが、米国では80年代から注目を集めてきた思想です。
非常におおざっぱに言えば、さきほど述べたリベラリズム -おそらく現代において最も影響力のある思想であり、日本においても、ほとんどの人が自明のものとして受容している思想ですが- が唱える個人の自律に対して、その前提とする「個人」とは、原子のように孤立した個人であるとして、その設定の限界を指摘し、共同体がもつ意義を再評価するというもの。
その多くは、ジョン・ロールズというリベラリズムの巨人(その『正義論』)に対する挑戦です(この文脈で、リバタリアニズム(「自由至上主義」「自由放任主義」などと訳される、現代米国でも極めて有力な思想)と一緒に論じられることも多い)。
共同体だなんて、今の時代あり得ないだろうとか、アリストテレスやアーレントの共通善の思想をイメージして、新しい話でもないのでは?というのが、初めて聞く人の大方の反応かもしれません。
(あるいは米国の共和主義を想起する人もいると思いますが、それとは強い関わりがあります。その点については、以前にも紹介したジョン・G.A. ポーコック『マキァヴェリアン・モーメント』が参考になります。)
たしかに古代の哲学者や米国の建国の父がモデルとしてあげられますが、単なる古い思想の復活ではありません(全体主義や有機体論とはまったく異なるものです。)。今の時代にまったく適合しない思想ではおそらくありませんし、むしろ、現代米国のコミュニティの機能といった、他の思想ではとらえきれていないアクチュアルな問題をつかまえていることが、これからあげる本を読むと分かると思います。

ここから本題、のはずでしたが、twitterの話もあり(笑)長くなってしまったので、次回に回します。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )