For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



ちょっと時機を逸してますが、クリントン国務長官の駐米大使呼出し。
(「呼出し」ではなかったとも聞きますが、まあ本質的な違いはないでしょうね。おそらく日本側の格好がつくように米側が配慮してくれたのではないでしょうか。ただ、「呼出し」を否定されると、逆に、では日本側から出向いたのか、それは何でだ、などと突っ込まれて、事務的には面倒くさそうです。些末なことですが。)
これもまあ、なかなかない話ですね。
報道によれば、COP15の立ち話のあと、鳩山総理が、クリントン長官には「十分に理解していただいた」と記者に述べたことに対する応答であるとのこと。実際のところは知りませんが、まあそんなところなんでしょうね。
勝手に相手の都合の良いように胸の内を忖度されて、事実に反することを言われたら、普通怒りますよね。こんなのも、外交だ政治だというもったいぶった話ではなく、社会常識レベルの話として。
もはや、リーダーとしてという次元ではなく、仕事人として大丈夫なんだろうかと思います。ずいぶん昔のことですが、鳩山総理とは個人的に接する機会があり、人柄の良さ、他人を気遣う優しさが印象に残ったものでした。でも、それはあくまで個人としての付き合いの話、自分の運命を預ける人として信頼していいかはさすがに別問題ですよね。
国務長官が直々にメッセージを伝えるというのは、相当のインパクトというか、なにがしか相当なメッセージをうち返さないとまずい、というのが常識的な相場観と思いますが、なんかこれも軽くスルーしそうな予感・・・まあ、いつもながら、良い形で落ち着いて欲しいくらいしか自分には言えません。

・・・
最近読んだ本。
前にとりあげたミメーシスに絡む本です。

■ エーリッヒ・アウエルバッハ 『ミメーシス』
ミメーシスは、上記の記事で述べたとおり、西欧思想を理解する上で重要なキーとなり得る、鋭い切り込み力、パンチ力をもった概念です。
「模倣」や「再現」などと訳されますが、ポイントは、自然の事物の単なる物まねではなく、自らの理想が反映されたより高次の概念を生み出すことです(私の理解)。
もともとはギリシア悲劇、発展して様々な文学形態を対象としたものの、神学における霊的統一体、法学における代表の概念など、その根本的な考え方は様々な分野の思想に影響を及ぼしています。
この本はミメーシスを扱った代表的名著。
ギリシア悲劇からヴァージニア・ウルフまで膨大な芸術作品からミメーシスを探り出す試みです。
非常に難解ですが、素材の範囲と思索の壮大さは圧倒的で、何度も読み返してみたいと思わせる本です。

■ ① ルネ・ジラール 『暴力と聖なるもの』
■ ② 同 『世の初めから隠されていること』
■ ③ 同 『ミメーシスの文学と人類学』
ミメーシスを美学から解放し人類学に発展させたのがジラール。
「ミメーシスの欲望」という概念をつかって、個人対個人(三角関係)の敵対的模倣関係→暴力のエスカレーション→共同体の危機→全ての人間の模倣の対象たる卓越した個人の出現→その個人対共同体の敵対的模倣関係→その個人の殺害(スケープゴート化(供儀)=暴力と聖性の両義性)→秩序の回復、という見立てを提示し、これにより宗教的慣習をはじめとする人類の諸現象を解明しようとします。
一見するとキリスト教の思考のようですが、ギリシア悲劇や中国の古典の引用からも分かるように、著者が念頭に置くのは古代から現代に続く人類の普遍史です。
①と②は体系的な主著で、③は論文集。シェークスピア、ドストエフスキー、ニーチェ(ワグナーへのミメーシス欲望)などに自らの理論をあてはめて評論してます。
どの著作もギリシア悲劇の引用がかなりの部分を占めてます。近親相姦と親族殺しは、ギリシア悲劇にしつこく現われるテーマですが、これらが供儀との絡みで大きな主題になります。

■ 岡田暖司 『ミメーシスを超えて』
タイトルからも分かるとおり、こちらはミメーシス相対化というか、美術史においてはミメーシスだけじゃなくて無意識も大事だよ、という指摘をしている本。
ロンブローゾ、レンブラント、中世のペスト、ヴェネチア絵画、カラバッジョを題材にしています。
色んなことが書かれてますが、あまり脈絡がない羅列の印象で(著者も体系性を意識していないことを述べており)、あまり頭に入りませんでした。
著者はジョルジョ・アガンベンの著作の多くを翻訳している人。この本でもよく引用されてます。ちなみにアガンベンは、前に述べたパゾリーニの映画『奇蹟の丘』に出演してます。

映画といえば、日本未公開映画の『Religulous』
「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」で見ました。
タイトルは「religion」(宗教)と「ridiculous」(ばかげた)を組み合わせたもの。その名のとおり、宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)を徹底的におちょくるという過激なドキュメンタリー。監督は『ボラット』のラリー・チャールズ。マイケル・ムーアやモーガン・スパーロックの作品に似たノリです。
とても面白い。特に米国人の宗教性の強さと、それに対する懐疑の精神の両面がよく分かります。
また、宗教に限らず、自然科学と違って、思想や歴史は言いっぱなしというか(上記の「ミメーシス」を含めて)、ま、そうかもしれんね、で終わる物語に過ぎないことを実感させる作品でもあります。そういう醒めた目線も大切と思います。

・・・
ところで、先日、しばらく会っていなかった畏友たちから、やたらこのHPをフォローしているようなことを聞いて、まあ実際はそんなでもないとは思うのですけど、ちょっと恥ずい思いをしました(笑)。まあ、この取るに足らない自己満足HPが、少なくとも生存報告として機能しているとわかったことは、それはそれで結構うれしかったのですが。
生存報告ついでに言うと、最近は、なんとかそれなりに楽しくやってます。なんとなくですが方向性も見えてきたような気がしており、そこそこ満足して生きていければいいなと思っています。

その友人の一人からは、マンガもチェックしてくれていると聞いたので、また一つとりあげると、『シグルイ』という作品。
このマンガはヤバイです。タイトルは「武士道は死狂ひなり」という『葉隠』の一節からとられたもの。その名のとおり、内容は激しく狂っています。
健常な精神の方にはお勧めしにくいですが、なんかスゴイもの見たい、という方は、ちょっと見てみてください。同じ作者の他の作品も、現代のトレンドからはかけ離れた、独(毒?)特な輝きを放っていてステキです。

・・・
いつもながらいい加減な文章でしたが、これが年内最後の記事になりそうです。
良いお年をお迎え下さい。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )




指揮:鈴木雅明
合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン
G.F.ヘンデル:オラトリオ「メサイア」HWV56(1754年孤児養育院版)

週末、クリスマス気分で聴いてきました。
なんとなく雰囲気の暗いこの頃でしたが、気分が明るくなりましたね。
BCJは、4月にはマタイ受難曲の公演があります。楽しみです。

「メサイア」ですが、CDで聴いているのはこれ。どちらも定評のある名盤です。

■ ネヴィル・マリナー/アカデミー室内管弦楽団&合唱団 1976年
■ ジョン・エリオット・ガーディナー/イギリス・バロック管弦楽団 モンティベルディ合唱団 1982年

ところで、「メサイア」のような宗教音楽は、音楽としての美しさだけ楽しむのも良いですが、背景知識があると面白さが増します。

たとえば、歌詞は聖書からの引用なのですが、それぞれがどの場面のどの意味のものを指すかが分かると、全体が一貫したストーリーにあることが分かります。
これは、聖書に慣れ親しんでいる欧米の人には自明のことなんですが、そういう文化がない私たちには、記述が断片的過ぎて、予備知識がないとなかなかピンときませんよね。
音楽が普遍的な文化といっても、その受取り方がオリジナルの地域の人とそうでない人では違ってくることの良い例と思われます。

以下の本は、素人の私にも分かりやすく、曲を理解する上で非常に役立ちました。

■ 三ヶ尻正 『「メサイヤ」ハンドブック』
歌詞(楽譜はないので他で見る必要あり)、解釈、聖書からの引用箇所、他の曲に与えた影響、演奏のバリエーションなどの情報が曲ごとに詳しく述べられています。

この本でも述べられていますが、「メサイア」について面白いと思うのは、
①(新約聖書ではなく)旧約聖書からの引用が大半を占める。
②秘蹟の具体的な強調が多い。
という点。
これは、台本作家のジェネンズが、教会の制約にとらわれることなく、自由に創作した結果であり、①はキリストの預言者としての性格(これはタイトル「メサイア」にも現われている。一方で旧約聖書のイメージである「地上の王」としての性格は回避され、また「ハレルヤ」のコーラスに見られるように「ヨハネの黙示録」の引用も重視されている点も注目に値する。)、②は当時影響力の強かった理神論への抵抗で、①②により、キリストの神性を強調しようとしたものと言われます。
このような独特な制作のあり方ゆえに、時代と宗派を超えて支持される普遍的な魅力が備わったのでしょう。

・・・

以下の本は教会音楽全般を知るのに役立ちます。

■ 三ヶ尻正 『ミサ曲・ラテン語・教会音楽ハンドブック』
初心者でも分かるよう丁寧に書かれた入門書。
ミサ曲の構成や音楽形式の変遷は、音楽理論として見ても興味深いですが、権力や哲学のぶつかり合いの産物という、一つの歴史的なドラマでもあります。西欧の歴史を知る上でも貴重な参考資料となります。
この本は、入門書とはいえ、内容は充実しており、キリスト教の典礼や教義、ラテン語の解説も豊富です。
ちなみに「ミサ(mass, Die Messe, missa)」の元来の意味は「解散」ですね。
典礼の最後に司祭が「Ite, missa est」(ここで会を終わるので、立ち去るがよい)と言ったことに由来します。
これを知ると、語源に「miss」のある英単語、dismiss, emission, mission, permissionなどの意味も類推できますよね。「英語の勉強法(その3)」で述べたetymologyの話です。
ついでに述べると、ミサのドイツ読みの「メッセ」は「見本市」を意味するようになります。「幕張メッセ」も元をたどればここから来ているわけですね。
こういうところからラテン語に入っていくのもいい考えなんだろうなと思ったりします。

■ 皆川達夫 『中世・ルネサンスの音楽』
新書(今は文庫になっているのかな?)でサクっと読める入門書。
著者は中世・ルネサンス音楽研究の大家。薄くても内容は十分に濃い。
古い本ですが(はしばしの表現に時代を感じる(笑))おすすめ。

・・・

以下の本は、もっと詳しく(マニアックに)なります。私もちょっとついていけないところが結構あります。

■ 皆川達夫 『西洋音楽史 中世・ルネサンス』
上記の本と同じ著者。内容も似ていますが、こちらは思い切り重厚な専門書。素晴らしい本と思いますが、アマゾンにはない様子・・・残念。

■ 井上太郎 『レクィエムの歴史』
レクイエムが好きな人向け。学者の本とは趣が違うが網羅ぶりがすごい。

■ トラシュブロス・ゲオルギアーデス 『音楽と言語』
ミサ曲を中心的な主題にして西洋音楽を俯瞰するもの。
もともとはハイデルベルク大学での講義録で、それもあってか新カント派的あるいは現象学的な考察が述べられており、かなり難解。でも面白い。
著者は講義中にチェンバロなど弾きながら講義をしていたらしいです。

・・・

今年もあとわずかですね。
私は明日から連日飲み会になりそうです(汗)。時間的にも金銭的にも問題がありますが、まあ、年末ということで大目に見ます。
そんなわけで、年越しに向けて、もうひといき、飲み過ぎに注意しながら、がんばっていきましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




無用に重々しいタイトルになりました。もっとポップな感じにしたかったんですが、なかなかうまいタイトルが思いつかず・・・いかんですね。

英語の記事を書こうと思ったのですが、普天間基地、あまりの盛り上がりに書かずにいられませんでした。
駐日大使が激怒するとか、大変なことになってますね。
ここまで過激な表現が報道に出るのもなかなかないことと思います。

でも、こうなることは、はっきり言って、最初から分かっていた気がするんですけどね。

・・・

責任ある立場の人が、勝算もなく、思いつきで、耳ざわりのよい話を言うとどうなるのか。
そうか、なにがしか展望があるんだなと、いろんな人の期待値を上げますよね。一方で、現状の変更を迫られる人は当然困惑する。言い出した人は、その反応を見て、期待をあげた人たちに対して、あっちはこう言ってます、どうですか?と聞きにいく。
聞かれた方は、えっ?て感じですよね。そんなのは分かりきっていたことでしょう、何か新しい打開策があるからやったんじゃないですか?と思いますよね。
いや、でもあなたの意見を聞きたいんです、とか言われても、そんなのこれまでの経緯を見れば明らかだし、意見もなにも、最後に決めるのはあなたでしょう?と言われたら、そうですよね、おしまい、という話です。

アイディアを出して、出たとこ勝負で反応を見る、いろんな意見が出たら、話を聞いて、さあどうしましょう、一緒に考えましょうなどという。そんなのはただの「子どもの使い」、誰にでもできることです。それでは「仕事」とすら呼べませんよね。

決定権を有するリーダーがやらなくてはならない仕事は、<決断>でしょう。
そして、力をもつということは、必ず相応の責任をともなうものです。
(たしか、スパイダーマンもそんな感じのことを言ってましたね。)

「人の意見を聞く」と言えば、誠実な振る舞いのようで、聞こえはいいですが、利害関係が分かり切っている状況でそれをやることは、自分が負うべき責任を他の人に負わせようとしているだけですよね。聞かれた方は答えないといけません。それもまたあらたな負担を負わせることになります。それはただの責任回避もしくは言い訳づくりでしょう。それはリーダーにあるまじき行為と思います。

評論家なら、とりあえず思いつきで何を言っても許されるでしょう。でも、責任ある人なら、最初からどこに持って行くかを決めて、勝算を確信してからでないと、言葉にすらしてはいけない。というか、よほどの自信がない限り、そもそも始めてはいけなかったんですよね。
勝算がなければ始めないというのは、政治だからとかいう話ではなく、少なくとも多数の人を巻き込む仕事であればすべてに通じる常識と思いますが、それはおいたとしても、これほどの重い案件です。慎重に慎重を重ねて、本当に120%いけるというほどの確信がなければ、手をつけることすらあやぶまれます。まして得意気に対外的に発表してしまうなど論外。この話についてちょっとでも知っている人なら、そのセンシティブさは明らかだったことです。

この案件は、まさしく日本の外交と安全保障の心臓部であって、字義どおり日本の存亡に関わり、しかも必ず誰かしらが大きな痛みを負わなければならない、とてつもなく重いものです。責任をもつ人の心労もまたとてつもないものがあると思います。
でも、こういう厳しい決定が、まさしく政治の仕事、役人なんかには任せられない、政治家でなければできないことなんですよね。

自分の決断のために痛みを強いられるたくさんの人々の思い、判断の誤りが日本全体に与える影響、そんな重荷のすべてを、最終的な決定権=権力をもつ人間は、その案件が国に影響を与える限り、一生ずっと背負って生きていかなければならない。
ずっと前に、「リーダー論」という記事を書いたことがありますが、これが、権力を担う者が背負わなければならない「業」とも言えるものでしょう。
(しかし、この記事で書いた「意思決定者としての責任を放棄している」リーダー・・・最近、鳩山総理は国民投票で税制かなにか決めるとか言ってませんでしたっけ・・・今読むとまさしく・・・という感じでこわい。)

そんな責任の性格と重さを、どこまで分かってやってきたんですかね。

これまで述べてきましたが、すべて他人事のようにやっているようにしか見えないのです。まるで、とりあえず自分の考えを言えば、相手も考えてくれるだろう、誰かが何とかしてくれるだろう、みたいな。
そんなこと言っていいんですか?あなたがやるんですよ、とつっこみたくなるくらい。

でも、さすがに最近は実感してきているように見えますよね。あの弱気な言動、やつれたような振る舞いを見ると、同情の余地はないとはいえ、真剣に苦労しているんだろうなと思います。
しかし、実感し始めたところで、自分には無理ですと、かき回すだけかき回して責任放棄するのではないかと、これまた細川政権がフラッシュバックするような不安が出てきました。まさか、さすがにそこまでのことはないと思いますが。

・・・

柄にもなくえらそうな物言いになってしまいました。いやですね。
まあ、外からあーだこーだ言うのは簡単なものです。
私なんかはしょせん部外者なので、実際に関わっている人たちを心の中で応援するくらいしかできません。ただできるだけ良い形で落ち着くことを願うのみです。

それにしてもこれに限らず、年末まで暗い話が多いですね。
苦しいときがあるのは当たり前ですが、せめて、まじめにやっていればいずれ何とかなるみたいな、明るい展望というかビジョンくらいあったらいいんですけど。
とにかく今は自分を鍛えて、自立して生きていけるよう、がんばるしかありませんね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )