For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



先日、東京都美術館のフェルメール展に行きました。

すごい人でした。フェルメール、そんなに日本で人気があったのでしたっけ。

フェルメールの作品って30数点(贋作論争のせいもあり、数え方に争いがある)しかないんですよね。
昔私が住んでいたワシントンDCにあるナショナル・ギャラリーにはそのうちの4点がありました。ある政治家が来訪したときまず要望されたのが「フェルメールの絵を見たい」でした。作品が少ないだけにここでチェックしないと、という気持ちが強く働くのでしょうね。

今回の展示、元々作品が少ない上、なかなか外に出されないということもあってか、8点くらいしかフェルメールの絵はありませんでした。あとは同時代のオランダの画家の絵が30点くらい。
展示の最後に言い訳のようにフェルメールの全作品の原寸大写真が飾られています。
でも他の画家との比較も興味深いですし、なかなか面白かったです。

ところでフェルメールの絵の青ってラピスラズリ(瑠璃)をつかってるんですね(その顔料が「ウルトラマリン」)。
宝石ではないですが「貴石」という貴重な鉱石です。そりゃ高くつきますよね。

ラピスラズリはそのほとんどがアフガニスタンで採掘されます。
エジプトのツタンカーメンの黄金のマスクの眼の部分にはラピスラズリがはめ込まれているのですが、これがアフガニスタンとエジプトをつなぐ陸上交易ルートが紀元前1400年にはすでに存在していたことの証左であると言われます。
あと薬師如来は「薬師瑠璃光如来」とも呼ばれますが、瑠璃は仏教徒が顔料としてよくつかっていたんですね。これもアフガニスタンから東方に伝えられたからとされています。
アフガニスタンが古代から東西交易の要衝にあったことを示すエピソードです。本件については『アフガニスタン―戦乱の現代史』に詳しい説明があります。

ちなみに上記の本には「世界でただ一ヶ所、アフガニスタンから採掘される貴重な石」という記述がありますが、チリでも採れます。おみやげとしても売られています。私はチリに2回行ったことがあるのですが、どちらのときも買って帰りました。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )