For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



気が付いたら、前回更新した日が5月21日。二ヶ月もたってしまったんですね。せめて一月一回はと思っていたのに、この無精ぶり、我ながら残念です。

どうもここのところ落ち着かず、なにがしか思うところがあっても、精神的にも肉体的にも一つの記事にするほどの余裕がない状態です。特に頭脳面での疲労が激しいです。といっても本当の意味で頭をつかっているわけでもなく、目の前のことをこなしているだけで、かえって頭が悪くなっているような気もします。昔ショーペンハウアーは、読書というものはすればするほど頭が悪くなる、なぜなら他人の思考をなぞっているだけで自分の頭でものを考えなくなるからだ、なんてことを言ってたと思いますが、どうもそれが思い当たります。どっちにしても、ちょっと余裕がなくなっただけで自分でものをいうこともできなくなる、己の知的体力不足を恥じるばかりです。

疲れと言えば、こないだ、夜シャワーを浴びた後、急に耳が聞こえにくくなりました。ティッシュなどで耳を洗ってもよくならず、ハッ、これは疲労のせいか?嗚呼、俺もついにそこまできたのか、と思ったのですが、人から「綿棒で耳をほじってみたら」と勧められ、そのとおりにしたところ、驚くほどデッカイみみくそが出てきて、あっさりと聴力が回復しました。以来、毎週末に綿棒で掃除するようになりましたが、なかなかスッキリして気持ちよいものですね。こないだ健康診断も受けましたが、精神疲労はともかく、からだの方はまだまだ元気、英語で言うとGENKI、じゃなくてalive and kickingのようです。運動しないと下っ腹が出てきそうなのが怖いですが。

さて、更新が滞ったのは、こんな感じに「あー、疲れる」という理由が大きいのですが、人様のブログに圧倒されてばかりで、書くモチベーションが上がらない、というのもちょっとあるんですね。

こないだ『アメトーーク』(「ガンダム芸人」でも取り上げたお気に入りの番組です)で、「ブログ芸人」という企画をやっていましたが、芸能人も含め、今本当にブログをやっている人は多いですよね。

ちょっと調べてみると、意外な知人がやっていたり友人が始めたりで、思わぬ発見もあって驚きます。自分が書こうかなと思ったことをずっと詳しく、鋭く、面白く書いているのを見ることもしばしばです。そんな素晴らしい文章を読むと、いや、こんなに面白い話、貴重な話に手軽にアクセスできるようになって、ほんとに素晴らしいなあ、とうれしい反面、あー、自分にもう書くことはないなあと、何事につけ無駄なこと、ダブることを嫌う私は、しゅうしゅうと小さくなっていくのです。

やっぱり書くからには、自分にしか書けない俺ジナルなものを書きたいと思うのですね。まあ、無理をするほどのことではないのですけど。そんなこともあって、この「ページ」もだんだん性格が変わってくると思います。いまだ模索中ですが、何にせよ廃止になることはありませんので、更新がなくても大丈夫、心配はなさらないでください。基本的にはポリシーなくダラダラ続ける、というのがポリシーですが、ちょっと柱になるコンセプトも考えてみようと思ってます。

しかし、私がブログを始めたのは2004年末で、始めた時点ですでに「後発組」感があったものですが、最近のブレイクぶりを見ていると、自分なんかまだベテランに属しているような感じがして、ちょっとエライ気分にもなりました。まあ、質も量もユルイので、後発組の人たちにどんどん抜かれているという気分にもなりましたけど。

ベテランで芸能人のブログといえば、宇多田ヒカルも中田ヒデと同様、ブログという形態がなかったころからネットで書いてましたね。最近、エヴァンゲリオンの劇場版新作の主題歌を歌うことが決まりましたが、自身作品の大ファンということで、ブログ(7月1日付)で大いにテンションを上げていた様子でした。自分がファンの作品に自分が曲を書いて歌うというのもすごいというか、自分の好きな女優と恋愛映画をとるようなもので、ある意味やりたい放題、うらやましい話ですね。しかしこの新曲「Beautiful World」、あのエヴァンゲリオンのための書き下ろし、タイトルからしてすごい雰囲気、早く聴きたいなあーと思ってたら、つい最近、本人の公式HPで視聴できるようになってました。ちょっと聴いてみただけでも、作品の世界観と通じるような、とてつもないスケールを感じさせる曲で、これはとても楽しみです。それにしてもエヴァンゲリオンがテレビでやってもう10年以上になるのですね。あの頃私はまだ大学生。バックパック旅行中にインドで読んだ日本の新聞で最初の映画版が上映されるのを知ったことなど思い出します。あれから10年。一部のマニアしか知らないような作品だったのに、あそこでなされた表現の数々がすっかり社会に浸透して、パチンコになって、まさか宇多田ヒカルとまでコラボする日が来ようとは。感慨深いものがあります。

久しぶりの更新なのに、とりとめない話で失礼しました。来週も更新するつもりです。どうぞよろしくお願いします。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )