For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



先日、ワシントン・ポスト紙の記者で、かつて東京支局長を務めたジョン・バージェス氏とご飯を食べました。彼が日本にいたのは、貿易摩擦が激しかった80年代後半です。その頃の日本に関する米国での話題といえば常に日本の経済力の脅威であり、議会では毎日のように日本の貿易制限に関する法案が審議され、米国人は、米国の土地が日本に買い占められるのではないか、という危機感にとらわれていた、と言います。今から考えると、そんなこともあったのか、と感慨深いものがあります。遠い昔の話のようです。

かつて、日本の経済が急速に発展していた頃、エズラ・ボーゲルの『Japan as Number One: Lessons for America』、チャルマーズ・ジョンソンの『MITI and the Japanese Miracle』に書かれた通り、日本型経済システムは賛美の対象でした。この頃は、ビジネスの観点から、多くの米国人が日本に関心を持ち、日本研究が流行しました。多くの研究機関で日本に関する講座やプログラムが組まれました。ところが、90年代になり、日本の経済が停滞し、中国が台頭する中、日本研究は段々はやらなくなってきました。一般的に言えば、アジア研究と言えば、現在人気があるのは中国です。日本のポップカルチャーが人気を博していることについては、29日の日記(クール・ジャパン)で述べた通りですが、実務上の観点から言えば、日本の存在感は低下している、というのが実情です。

日本にとって、米国は一番重要な国の一つですが、日本にいると、米国もそんな風に日本を最も重要なパートナーと見なしてくれている、と思いがちです。実際に米国に来ると、米国にとって日本は、色々なイシューの中の一つに過ぎない、ということを思い知らされます。外交関係上、日本が重要な存在であることは確かですが、米国にとっては、中東、中央アジア、ラテンアメリカといった一見日本から縁遠い地域にも、死活的な利害関係が存在しており、アジアだけに目を配っているわけにはいきません。先に述べた通り、アジアにおいては中国の台頭が目を引き、これまでになく多くの人々が中国語を勉強したり中国の研究を始めたりするようになっています。また、一般の米国人を見ても、皆が外国に興味を持っているわけではないし、国際関係の大学院等では、アジアよりもラテンアメリカの研究をする人が多いこともしばしばです。

今、日米関係は非常に良好です。日本は米国にとって信頼できるパートナーとして見なされています。しかし、一方で、米国のグローバルな戦略から見れば、日本はその一部を占めるに過ぎない、という厳然たる事実を忘れてはならないと思います。米国との間で確固たる信頼関係を築き、真の友人となるためには、独りよがりの幻想を持つことなく、相手の立場をきちんと把握し、その上でお互いを支え合うという関係を築くことが重要だと思います。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




This essay provides my thought on the spread of Japanese pop culture in the United States. You may skip the following Japanese introduction to read only the English part.

・・・

米国では妙に日本のポップカルチャーが人気です。

・ポケモンや遊戯王などのおもちゃがそこら中の雑貨店で売られている
・フード・チャンネルで「料理の鉄人」が人気
・スパイクTVで「風雲たけし城」や「トリビアの泉」が見られる
・カートゥーン・ネットワークでは、夜の12時以降、「アダルト・スウィム」と称して、日本のアニメを流す(「ルパン3世」「ガンダム」など)
・ミッシー・エリオット、グウェン・ステファニ(ノー・ダウト)、リンキン・パークなど有名ミュージシャンのPVが日本をテーマにしている
・昨年の日本をテーマにした映画のヒット(「キルビル」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「ラスト・サムライ」、昨今の日本映画のリメイクのヒット(「Shall we dance?」、「The Ring」、「The Dark Water」、「The Grudge」)

ずいぶん日本のイメージも変わってきたようで、かつては、マリリン・モンロー主演の映画「七年目の浮気」に出てきたような、眼鏡、出っ歯、カメラをぶらさげた日本人のステレオタイプのイメージがありましたが、最近は、日本といえば、「クール(かっこいい)」とか「未来的」の代名詞のような扱われ方です。

また、寿司やカラオケは米国の一般人が楽しむものとして定着しています。もはや、これらを、エキゾチックな異文化の物としてとらえる人はほとんどいないでしょう。振り返れば、日本も、コーラ、ジーンズ、ハンバーガー、ロックなど、米国で生まれた文化を受け入れ、これらは、次第に日本にとってなくてはならないものとなりました。米国でも同じことが起こっているのかなあと思います。

そんなことを以下のような英文エッセイで述べてみました。米国人の反応もおおむね好意的です。興味のある方ご一読下さい。

・・・

"Cool" Japan: Spreading Japanese Pop Culture in the United States

Mainstream Japanologists have been fascinated by aspects of traditional Japanese culture. The 11th-century novel “The Tale of Genji,” which describes aristocratic life in the medieval period, or the Tea Ceremony, the Zen Buddhist-influenced ritual of preparing and serving green tea spurred their interest in Japan. Today, American youth are developing into a new breed of Japanologists, as they unknowingly enjoy cutting-edge Japanese pop culture on a daily basis, through movies, music, TV programs, and fashion. Japanese-influenced products and concepts have become so pervasive and familiar that Japanese presence in the U.S. passes unnoticed and even seems to have declined.

The current popularity of Japanese culture in the U.S. is impossible to ignore. Hayao Miyazaki’s “Spirited Away” received an Academy Award as the best Animated Feature Film. Toys such as Pokemon and Yu-Gi-Oh! are on sale in every Target store. The cable channel Spike-TV broadcasts many Japanese comedy programs such as “Takeshi’s Castle” and “Hey: Spring of Trivia.” “Iron Chef” is one of the highest rated programs on the Food Network. The Cartoon Network airs exclusively Japanese animation programs after midnight. Japanese cultural exports, i.e. revenue from royalties and sales of Japanese music, video games, anime, art, films and fashion, soared to $12.5 billion in 2002, up 300 percent from 1992. Douglas McGray identified Japan’s emerging soft power, defining “ Japan’s Gross National Cool” in Foreign Policy, May/June 2002 issue.

The progression of Japanese culture in the U.S. has recently reached new heights. Most moviegoers know that the 2003 box office hits “The Last Samurai,” “Lost in Translation,” and “Kill Bill” were inspired by Japan’s unique characteristics such as history, futuristic metropolis, and martial arts, which are obviously important indicators of “cool” Japan. But many would be surprised to learn that hits like “Shall We Dance?,” “The Grudge,” “The Dark Water,” and “The Ring,” which seem to be ordinary American movies, are actually remakes of recent Japanese films. The blockbuster movie “The Matrix” was also significantly influenced by manga, Japanese comics. In the past, particular classical artistic films by Akira Kurosawa were respected by movie giants like George Lucas and John Sturges, and led to legendary films such as “Star Wars” and “The Magnificent Seven.” Nowadays, it is no longer unusual for American film artists to emulate Japanese pop culture as Lucas and Sturges once did. The same goes for the music business: Missy Elliot, one of today’s most popular female hip-hoppers, frequently employs Japanese language and images in her songs and videos. Linkin Park, a fusion-style alternative-metal quintet, based the image of its latest single on cyberpunkish Japanese animation. In her latest promotion video, Gwen Stefani, lead singer for the progressive pop band No Doubt, jokes with uniformed Japanese female students. Jim O’Rouke, a post-classical composer from Chicago, favors the graphic art by a progressive Japanese painter Mimiyo Tomozawa for his CD jackets.

The Japanese people have been enthralled by American movies, food, fashion, etc., for decades. American culture has been so widely and intensively accepted by the Japanese that it has come to be an integral part of Japanese culture. It seems to me that the same phenomenon is happening in the U.S. At present, more and more of American culture is becoming “Japanized,” as exemplified by the movies, music, fashion, and television programs. It seems that Japanese culture is being integrated into American life as an essential element. Some people argue that Japan is disappearing from America’s radar screen as a result of its sluggish economy. However, such an impression only emphasizes the degree to which Japanese culture has become surprisingly familiar to the Americans. The fact that some people are ceasing to recognize Japanese pop culture as “foreign” shows how intertwined Japan and the U.S. have become, largely due to tremendous mutual investments and massive cultural exchange.

During their 150-year history, and particularly during their last half-century as friends, Japan and the U.S. have promoted their friendship in every area, including politics, economics, and culture. At the same time, the two countries’ camaraderie is still growing and expanding, as indicated by the spreading of Japanese culture in the U.S. It will be interesting to watch how the image of “cool” Japan will continue to evolve and how our two countries will grow closer to each other in years to come.

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





弁護士で、元国家公務員です。
米国に約4年(ワシントンDCに2年、カリフォルニアに2年)住んでました。2005年4月に帰国しました。

「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。」(紀貫之@『土佐日記』)、あるいは「徒然なるままに日暮らし、心にうつりゆくよしなしことを、そこはかと無く書きつくれば、怪しうこそもの狂おしけれ。」(吉田兼好@『徒然草』)の心境で、日々思うことを書くことにしました(女性を装う趣味はありません)。

このページは、国際的な話がメイン・・・のはずでしたが、もはやよくわかりません(笑)。
歴史、思想、旅行記、映画、音楽、文学、漫画、スポーツなど、興味のある話題についてマイペースで書いてます。同じような関心をお持ちの方に楽しんでいただけたらうれしく思います。

最近はtwitterも始めました。フェイスブックもやっているので、リアル知人の方連絡下さい。

■ 1975年生。日本生まれ日本育ち。カリフォルニアでの留学、ワシントンDCでの勤務経験有り。唐沢寿明、福山雅治、速水もこみち、アンジャッシュの渡部建に似ているとの噂。あくまで噂です。私が自称しているわけではありません。

■ 趣味

○ 旅行:アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、北米、中南米、オセアニアの約65カ国を訪問、半年かけて飛行機を使わずにポルトガルまで渡航した経験あり。詳しくは「旅行」アーカイブをご覧下さい。国内自転車旅行。昔は一週間くらいかけて埼玉から青森や神戸まで行ってました。今は坂道があればすぐに自転車から降りて歩くほどのヘタレになりました。

○ 読書:歴史、思想・宗教、批評、文学、サイエンス、ノンフィクション、漫画(GANTZ、蒼天航路、火の鳥、風の谷のナウシカ、AKIRA、サイボーグ009、ガンダム、小池一夫、梶原一騎など)

○ 映画:古今東西問わず何でも見る。これまで見た数は約1,500本。歴史・社会との関わりを感じさせる作品、ディストピア的作品が好き。お気に入りの映画の例は「映画バトン:前編」「後編」をご覧下さい。

○ 音楽:古今東西問わず何でも聴く。クラシック(オペラ、バレエ含む)、ジャズ、ラテン(ボサ、キューバンジャズ、レゲエ等)、ソウル、エレクトロニカ、ケルト、アフロ・ビート、70年代頃の日本のロック、沖縄、80年代歌謡曲など。

○ お笑い:サバンナ、落語

○ スポーツ:ゴルフ、ダイビング、テニス、水泳、空手、適度な筋トレ・ランニング



○ スポーツ観戦:野球、サッカー、NBA、相撲

○ 語学:英語、スペイン語、中国語。英語はできますが(たまに英語に関する記事を書いてます)、他は初歩的なレベルです。

■ 好きな言葉

「老驥櫪に伏するも 志は千里に在り 烈士の暮年は 壮心已まず」(「歩出夏門行」魏武帝)

「霜は軍営に満ちて秋気清し 数行の過雁月三更 越山併せ得たり能州の景 遮莫家郷遠征を憶う」(「九月十三夜陣中の作」上杉謙信)

「鞭声粛々夜河を過る 暁に見る千兵の大牙を擁するを 遺恨なり十年一剣を磨き 流星光底長蛇を逸す」(頼山陽)

「衣の館はほころびにけり」「年を経し糸の乱れのくるしさに」(源義家/安倍貞任)

"Nothing is written." -- Thomas Edward Lawrence from "Lawrence of Arabia"

"When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again." -- Eric Dolphy from "Last Date"

"Only when man's life comes to its end in prosperity can one call that man happy." -- Aeschylus from "Agamemnon"

"abstulit clarum cita mors Achillem, longa Tithonum minuit senectus." -- Horace from "Odes"

"et in Arcadia ego." -- unknown

テーマソング

ブログ界を代表する替え歌の巨匠・・・みたいなさんに作っていただきました。元ネタは私の大好きな宇多田ヒカルの歌です。

■ 記事の閲覧

初めてここを訪れた方、過去の記事を閲覧したい方は、バックナンバー一覧をご利用下さい。ページ右上のCategoryにもリンクがあります。

■ Eメール

メールアドレスは yajunya(アットマークを入れて下さい)gmail.com を半角にしたものです。

■ 著名人でも何でもありません。一介の市井の人間ですので素性の詮索は無用です。このブログに出ている見解は全て私個人に属するものであり、私が所属する組織や関係者が記事に関する責任を負うことは一切ありません。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 1 )




Pseudonym: YAJUN (This is not a common Japanese name.)
Gender: Male
Date of Birth: January 5, 1975
Nationality: Japanese
Professional Career: Lawyer (present), Foreign Service (1999-2008)
Education: M.A. at Stanford University
Languages: Japanese, English, Spanish, Chinese
Location: Tokyo, Japan

Welcome to "The World according to YAJUN." This website posts miscellaneous things such as my daily life, travel experiences, random thoughts on Japanese society, views on international issues, and critiques of movies, music, literature, and other cultural works.

Unfortunately most of the content is written in Japanese, so you have to learn the exotic Japanese language before delving into my world.

Occasionally I put my English essays in MY ESSAYS archive, which you can find on the right side of this page. There is a small Japanese introduction at the top of each essay, which you may skip and read only the English part.

Comments are most welcome. Just keep in mind that none of my essays has anything to do with organizations or people close to me.

You can send me an email. My email address is "yajunya(@)gmail.com" (Remove the parentheses and reduce the size of characters).

Born in a tiny suburb of Tokyo in 1975, I grew up longing to know the world.
In my second summer at college, it occurred to me that traveling abroad would substantially contribute to my knowledge of the world beyond Japan, so I made my first trip abroad to Europe, for two weeks.
In my fourth summer, after taking an ESL course in London for one month, I visited China, where my father was working as a vice president of a Japanese lens-manufacturing firm.
Setting out in my fifth summer as a college student, I went by rail and bus from Shanghai to Lisbon, passing through twenty countries, and later flew to Egypt, Kenya, Tanzania, and Uganda. This undergraduate odyssey of mine took about six months.  
On the last trip of my college life, I spent two weeks studying Spanish in Guatemala and then ten days touring in Mexico and Cuba.  I also traveled around Southeast Asia several times. Even after graduating from college, I visited Australia, Chile, Canada, Jamaica, Brazil, UAE, Jordan and Israel.
I have visited 64 countries so far.
After studying at the University of California, San Diego and Stanford Univeristy as a master candidate from 2001 through 2003, I worked in Washington D.C. from 2003 to 2005 as a diplomat. I returned to Japan in April, 2005. After working as a government official for several years, I became a lawyer and am currently working for a British law firm.

I like various kinds of music such as jazz, rock, soul, Latin (bossa, Cuban jazz, reggae, etc.), electronica, Celtic, Afro-beat, Japanese rock, and Okinawa.
For instance:
J.S. Bach, Mozart, Beethoven, Tchaikovsky, Ravel, Bill Evans, Bud Powell, Miles Davis, Chick Corea, Cannonball Adderley, Cassandra Wilson, Jorge Ben, Antonio Carlos Jobim, Joyce, Jimi Hendrix, The Beatles, Red Hot Chili Peppers, Smashing Pumpkins, Elvis Costello, Yo La Tengo, Sonic Youth, Ash, New Order, Talking Heads, Lynryd Skynyrd, Coldplay, U2, Bon Jovi, a-ha, Radiohead, They Might Be Giants, stereolab, Portishead, Bjork, Eminem, Michael Jackson, Outkast, Mary J. Blige, Erykah Badu, Bob Marley, Jimmy Cliff, Salif Keita, Cheb Khaled, Clannad, Serge Gainsbourg, UTADA, Ryuichi Sakamoto
I have seen 1,500 movies from the U.S., Asia, Europe, and other areas.  
I play golf, diving, tennis, and karate, although I am very good at none of them.



My favorite quotations:
"Nothing is written." -- Thomas Edward Lawrence from "Lawrence of Arabia"
"When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again." -- Eric Dolphy from "Last Date"
"Only when man's life comes to its end in prosperity can one call that man happy." -- Aeschylus from "Agamemnon"
"abstulit clarum cita mors Achillem, longa Tithonum minuit senectus." -- Horace from "Odes"
"et in Arcadia ego." -- unknown

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おなじみ・・・みたいなさんに作っていただきました。名曲「traveling」の替え歌です。めちゃくちゃカッコイイですねー。

♪traveling♪

心にも余裕がない
半年くらい
ハードルもすぐ超えそう(超えます)
信じる道

“どちらまで行かれます?”
ちょっと楽屋に
“かわいくて困ります(生です)
美帆にに夢中”

友の誘い 劇は不思議
僕の目当て なんと間近
ふいに我に返りクラリ
春の夜の夢のごとし

Traveling 岐路を
Traveling 超えて
明日からは勝負よ
Traveling どこへ
Traveling 行くの?
前向いて何処へでも

Traveling もっと
Traveling 揺らせ
壊したくなる衝動
Traveling もっと
Traveling 飛ばせ
急ぐことはないけど


観てみたい劇がある
SFコメディー
気持ちに拍車かかる
狙い通り

生とはしゃぎ ふいに気づき
ついに僕は美帆に出会い
若さ故にすぐにアガリ
頭白く 元気もらい

Traveling 転機
Traveling 迎え
いつもより気張っちゃおう
Traveling ここは
Traveling いやよ
目的地はまだだよ

Traveling 腹を
Traveling 括り
何も恐くないモード
Traveling ここで
Traveling いいよ
全ては君次第

みんな変わり出すやじゅんだ
待ちきれず今夜
隠してた悪寒がうずきます
みんな盛り上がるやじゅんだ
どうしてだろうか
少しだけ不安が残ります

Traveling 岐路を
Traveling 超えて
明日からは勝負よ
Traveling どこに
Traveling いるの?
これからがいいところ

Traveling もっと
Traveling 揺らせ
壊したくなる衝動
Traveling もっと
Traveling 飛ばせ
止まるのが怖い ちょっと

(原曲「traveling」 作詞・作曲:Utada Hikaru、唄:宇多田ヒカル)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ブログ界を代表する替え歌の巨匠・・・みたいなさんに作っていただきました。私の大好きな宇多田ヒカル「Wait & See~リスク~」の替え歌です。絶妙の作品ですね♪

♪Wait & See♪

(Yeah)
だって“暇見ながら”って
口で言う程 楽じゃないはずでしょ
待って
もう少し落ち着いてくれたらきっと
もっといい記事が出るから

硬派
そう呼ばれちゃって
時々重み 感じても大丈夫
タイトル「やじゅんのページ」に書き換えて
外交ネタ追い抜くから

あたたかいコメントが目の前に
並んでるけど
Anne来て驚いているのは誰だろうね
やじゅんや

Oh baby wait and see
たまには硬さもいいよね
世界があるからこそ
論じることに意味があるのさ
テーマなどなんでもいい

Oh baby can't you see
待つのは本意じゃないけど
更新頻度が遅すぎるんだ
怠け癖なんで 心配はしないで

大丈夫?
多忙で時間が欠乏
だから余裕が必要
ユルめなペースで自分を
守ってるつもりなの?

変えられないものを受け入れる視点
そして受け入れられないものを
なくす視点をちょうだいよ

Oh baby wait and see
やっぱ硬いのはイヤだけど
世界があるからこそ
論じる程に強くなるのさ
読まれないなんて無理

Oh baby can't you see
待つのは本意じゃないけど
更新頻度が遅すぎるんだ
怠け癖なんで 心配はしないで

So baby wait and see
話せないネタなんてない
世界があるからこそ
論ずる程にソツないのかな
視野が狭くはない

当分更新
やめたら楽になれるのかな
そんなわけ無いよね
どこにいたってやじゅんはやじゅんなんだから

(Hey)

ペース早すぎるなら下げてもいいよ
軸が変わらない強さ持ってる
ブログなんて知的交流戦
大きすぎるネットワークのように ぐるり

(原曲「Wait & See」 作詞・作曲:Utada Hikaru、唄:宇多田ヒカル)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




■ 2015年
2014/02/05 インドネシアにおける汚職をめぐる戦い
  『イスラム国の衝撃』 『イスラム戦争』

2015/01/07 2015年 謹賀新年、グレート・バリア・リーフ
  『21世紀の資本』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■ 2014年
2014/05/07 オバマ大統領訪日
  『神道とは何か』

2014/03/13 ウクライナ危機、中央アジア
  『韓国 反日感情の正体』

2014/02/17 シャロン死去
  『原発ホワイトアウト』

2014/01/07 2014年 謹賀新年(靖国参拝)、セブ島
  『生命の跳躍』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■ 2013年
2013/12/10 マンデラ氏逝去、西武、イラン、日本シリーズ
  『人類はどこから来て、どこへ行くのか』

2013/10/15 ハワイ旅行、山崎豊子
  『生命とは何か』 『生命起源論の科学哲学』

2013/09/10 アベノミクスと独禁法
  『時代の風音』

2013/08/12 アメリカの時代、伊豆
  『西太平洋の遠洋航海者』

2013/07/01 ベッケンバウアーとぷんぷん丸
  『昨日までの世界』

2013/05/25 飯島参与訪朝,ロタ島
  『オバマの戦争』 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

2013/04/15 人との出会い、文章との出会い
  『ファスト&スロー』 『知の逆転』

2013/03/11 安倍総理の中東訪問計画
  『ザ・コールデスト・ウインター』

2013/02/18 LNGとカタール
  『朱子学と陽明学』 『儒教とは何か』
2013/02/06 クリントン国務長官とヘーゲル国防長官
  『大和古寺風物誌』

2013/01/30 オバマ大統領就任演説
  『ヘッジファンド』
2013/01/21 アルジェリア人質事件
  『疫病と世界史』
2013/01/15 最初の100日
  『唯識』
2013/01/04 2013年 新しい世界
  『探求』 『エネルギー』 『スティーブ・ジョブズ』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




■ 2012年
2012/09/25 事務連絡(沖縄→東京)
  『隠れていた宇宙』

2012/08/27 沖縄離島旅行
  『ソウルダスト』

2012/05/14 ゴールデンウィーク
  『生政治の誕生』 『ラテンアメリカ十大小説』 『曹操』 『インノサン少年十字軍』

2012/03/24 マリのクーデター
  『沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史』

2012/02/27 沖縄マラソン、アカデミー賞
  『マネーの進化史』 『21世紀の世界史』 『中原の虹』

2012/01/23 世界観をめぐる論争、台湾総統選
  『ブラックストーン』
2012/01/18 2012年 自然体ふたたび
  『平家物語』 『武将列伝』 『蒼穹の昴』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ