For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



先週は久しぶりの更新+飲み会の余波で、一時的にアクセス数が大幅に増加したのですが、そこでちょっと気づいたこと。

過去3週間のアクセス数の累計はこうなっています。

02/11~02/17 21358 pv 4222 ip
02/04~02/10 9404 pv 4510 ip
01/28~02/03 7582 pv 3876 ip

左側のPVはpage per view、つまりHP内のページの閲覧回数、右側のIPはIPアドレスからのアクセス、つまり閲覧に来た人の数を示しています。これを見ると、3週間前までは一日平均550人くらいなのが、過去2週間は平均650人くらいになっているのが分かります。

それはそれでいいんですけど、面白いと思ったのは、PVのものすごい増加ぶりです。先週一週間の訪問者数は二週間前の一週間と比べて少ないのに、PVはかえって増えていて、2倍以上になっています。この傾向はかんべえさんのテロ(2月8~9日)以降顕著なのですが、推測するに、はじめてこのページにお越しになった方が、最初に見た記事を読んで、ほう、コイツは他にどんなことを書いているのだろう、と興味をもって下さり、他の記事を閲覧して下さったのかなと思います。

更新の少ない不精者のHPですが、過去の記事にはそれなりに考えて書いたものもあって、自分で言うのもなんですが、今読んでいただいても結構面白いと思ってます。なので、こんな風に見ていただけるととてもうれしかったりします。

さらに面白いと思ったのは、アクセス数が集中しているページが決まっていること。「時代の明るさと閉塞感(その1:「1985年」)」がダントツ(毎日250くらいと圧倒的)で、ついで「ゲド戦記と果てしない物語」「『国家の自縛』、米国史、歴史の感覚・続き」などがきます。

これは不思議なことで、たとえば「ガンダム芸人」という記事なら、検索でたどり着いた人がたくさんいるので、閲覧数が多いんだなとすぐ分かるのですが、このへんのはそういうわけではないようなんですね。かんべえさんの『1985年』の本の影響かとか思っていたら、最近ようやく気づきました。閲覧数の多い記事は、いずれもこのページ右側にある本の紹介のリンクがはってある記事ということ。なるほど、トップページにあって、しかも本の絵や説明書きのあるリンクは、やっぱりみんな押しやすいもんなんだなと、変に感心しました。

で、一番クリックされていた「1985年」の記事は「蘇るPC-8801伝説」についての記事だったわけです。一番目立たない位置にあるリンクにこんなに集中するのが興味深かったです。DOS/Vの時代が好きな人、ほんと多いんですね~。

ちょっと話をかえて、以前雪斎さんが薦められていたフルトヴェングラーの1947年5月27日のライブ盤、私も持っておりました。ベートーヴェンの『エグモント序曲』が好きで、聴き比べしているうち、いつかの時点でこれも買っていたんですね。有名な盤とは聞いていましたが、そこまでの名盤とは恥ずかしながら知りませんでした。ちなみに『エグモント序曲』はその重厚なまでの遅さに圧倒されました。トスカニーニを聴くと今度は逆にあまりの速さに驚きます。私にはセルのテンポが一番いいようです。

クラシック音楽を聞くのは好きなのですが、ぜんぜん詳しくありません。酒とかワインも同じで、よく飲むけど知識がない。どっちも深い世界があって、詳しい人って人生も楽しんでいる感じでいいなあと思います。私ももうちょっと落ち着いたら、じっくり楽しみたいもんだと思ったりしながら、もう30過ぎてますけど(笑)。

私の大好きな漫画の一つ『男組』(注:男闘呼組ではない)の中にこんな台詞があります。

「今、戦うことが大事なんだ!今、戦わない人間があとで戦うわけがない!!戦わないためのいいわけなんて、無限に考えつけるものなんだ!!」

いやー、何度聞いても、シビれる、あこがれるゥ!(@ジョジョ)名言ですね。なにごとにつけ問題先送りの私には刺激になる一方、耳の痛いお言葉でもあります。

『男組』は『あしたのジョー』と並んで、私の人生・価値観に大きな影響を与えた作品です。どっちも70年代、とっても古い作品なんですが、もう台詞をおぼえるくらい読んでいて、今読んでも、シビれる、あこがれるゥ!(しつこい)。泣きますよー、ほんとに。この話を始めると長いので、「今日はやじゅん、あしたのジョー、禁止」とか言われたりして(アホか)。てか、こういうのに染まっているから私の感覚古いのか。

と、どうでもいい与太話で終わりますが、せっかくなのでフルトヴェングラーと男組を左右両側に貼り付けておきましょう。実はそれが目的か。いや、こういう本の画像をぺたぺた貼りだしたのは、ちょっとでもビジュアル系なHPに見せたいと思ったという、しょうもない動機から来ているのですが。もうちょっと余裕ができたら、htmlで自作デザインなんか作りたいのですけど。これも「今戦え!」って感じですね。しかし、フルトヴェングラーのリンクをたぐってこの記事を見た人、脱力するだろうなあ~(笑)。では、今週もがんばりましょうー!

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )



« 飲み会、『硫... 映画『ディパ... »
 
コメント
 
 
 
文章スタイル (forrestal)
2007-02-19 22:14:02
やじゅん様

やじゅん様の書評なり、ブログの文体なりを読むと、柔らかく、おもしろく、読ませる文章だなぁとつくづく思います。

私の場合は、自分で書いていても、読ませない、おもしろくない文章スタイルなんですね。

ただ、こういう文章スタイルに慣れしたんでしまっているもので、なかなか、自然体な文章にはなりません。
努力はしているのですが。。。

私もクラシックの薀蓄を語れるほどの造詣の深さはありませんが、京都に下宿して以来、クラシックを聞くようになりましたね。それまでは、ミクスチャーロックばかり聴いていたのですが、主に、クラシックは、勉強中のバックミュージックでした。

フルトヴェングラーの名盤は、私も、雪斎さんやカワセミさんに教えてもらい、聴いています。
やっぱり、ベートーヴェンは、フルトヴェングラーかと思ってしまってます。

ドラマもアニメもまったく見なかった・見ていないのですが、のだめカンタビーレは、大人買いをしました。

マンガを読むのは中学生以来です。
 
 
 
Unknown (雪斎)
2007-02-20 04:28:10
漫画といえば、『サンクチュアリ』に相当に影響を受けたのだな。これを政治学の授業で使いたいのですけれども、女子学生が居るところでは、ちょっと使い難いのよね。『加治隆介』は…使えないのだ。
 ベートーヴェンでいえば、交響曲は
 ● 教科書
  / ハンス・シュミット・イッセルシュテット
     ウィーン・フィル
  / オイゲン・ヨッフム
     ロイヤル・コンセルトヘボウ
  / ルドルフ・ケンペ
     ミュンヘン・フィル
 こんな感じでしょうか。
 フルトヴェングラーは、バイエルンを振った「9番」というのが有名ですな。
 
 
 
いいセリフ拾ってくんなぁ、 (mitsu)
2007-02-22 22:50:34
参りました。今回は拾えません(笑)

さて、「音楽史」や「音楽理論」の愉しみにはまったく異論がありませんが、それが音楽を聴く楽しみとイコールかと言うとやっぱり違うと思うわけで。音楽業界で身を立てたいのならともかく、知識の無いままいろいろな音楽を聴いて、後から理屈や背景を学んでいって思わぬ発見があるというのもアマチュアならではの楽しみ方ではないかと。クラはそうでもないのかな。ジャズ・ジャイアンツやそのサイドメンには今も存命・現役の人が多いので「そんなこと言っても生で聴くとやっぱり凄かったぜ」という反則技が使える訳ですが。
 
 
 
身近な教養と自己投資 (Alice)
2007-02-24 11:21:11
 大衆社会において、文化は娯楽や消費と一心同体なのかもしれませんね。ただ好きで楽しんでいた音楽やお酒にも深いものがあるというのはわかります。
 大体20台後半から30台前半になってくると、人によって開始時期やはまる度合いは異なっても、自分を磨こうとする傾向があるようです。
 私も昨年からそういった気分になりました。
 手短なところで、自分が好きな娯楽や消費をただ楽しむだけではなく、背後にある歴史、名作などを調べていってみようと思います。
 mitsu様のおしゃっている音楽の楽しみ方をクラシックとジャズだけでなく、演劇・ミュージカル・小説、ワイン・日本酒、紅茶・日本茶・ハーブティー等にも適用し、我流で始めてみました。
 しかし、本業が忙しく・・・なかなか思うように進みません。と言い訳しつつ、その本業でも足りない知識と技術夥しく・・・まったく、戦いから逃げてばかりですね。立ち向かわなければ(笑)
 
 
 
感激の共有 (雪斎)
2007-02-25 02:31:04
訂正
 フルトヴェングラーの「第九」で有名なのは、「バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団」を振ったものでした。
 ところで、クラシック趣味の長い拙者からすると、音楽理論云々というよりも、それを演奏する人間の背負った「業」というものに関心が深いわけです。
 有名なのは、ラファエル・クーベリックが実に四十数年ぶりにチェコ・フィルを振った「我が祖国」ですな。長らく西側に亡命していたクーベリックが、冷戦終結後の「プラハの春」音楽祭で、それこそ「万感の想い」を込めてタクトを振るわけです。これは、「同時代人」として感激を共有することができました。

 
 
 
どうもありがとうございます (やじゅん)
2007-02-26 00:03:06
>forrestalさん
いやー、そうですか。私も最初はこんなんじゃなかったんですけど、続けているうちにこんなのになり果ててしまいましたね・・・。ぐっちーさんの影響もかなりありますね。
前にも述べたことがありますが、forrestalさんの一文に複数の主語述語をなるべく入れない文体、私は好きです。私も仕事ではそういう書き方をします。その方がシンプルで力強くなるんですよね。特に英語の場合、A川尚之さんに指導を受けて以来、その傾向はますます強くなりました。
音楽は、私の場合、広く浅くです。一通りなんでも聴くという意味では自信あります。この性格は、実は音楽に限らないのですが・・・あまり良いことではありません。一つのテーマに絞り込むことが大切と思うこの頃です。

>雪斎さん
サンクチュアリ好きは私の周り多いですね。やはり池上遼一先生は偉大ですな。ぜひ教材として利用していただきたいと個人的には思います(笑)。
私も、音楽については、音楽そのものだけでなく、その社会的背景や他の事象との絡みに興味がいくたちなんですよね。ジャズにしても何にしても。でもほっとくとそっちばかりに気が向いてしまうので、意識して音楽そのものの意味や魅力を知るようにしたいと思ったりします。楽譜読んでコード進行とか対位法を理解するとか、数学との関係を考えるとか、そういうのも素敵だなあ、とか。
感激の共有はかけがえないですね。そういう楽しみもあるかと思うとワクワクするなあ。
私のアマゾンアソシエイトのリンクでベートーヴェンのCDが何枚か買われていました。なんだかうれしいです。

>mitsuさん
いやあ、その通りですよ。やっぱり自然体が一番と思います。その延長でコアな世界に入って行ければいいし、行かなくてもそれはそれでいいんじゃないかと。まあしかし、mitsuさんのハードコアにはかないませんが。

>Aliceさん
なるほど。人それぞれ、自分のペースでやればいいということなんでしょうね。
私もいま本業に8割ぐらい目がいってしまっているので、ちょっとあきらめ入っているんですよね(笑)。あと5年は自分のコアな部分を鍛えたいと思ってます。お金と時間がかかる趣味はそのあとだなあ(「戦い」は結局先送り(笑))。でも自分に素直に好きなことをやっていればいいというのもアリですからね。楽しくやりましょうー。
 
 
 
余談ですが (Alice)
2007-02-27 18:15:20
 何事も楽しんでやることが大切なのでしょうね。
 私は、やじゅんさんのブログを読むことが大好きです。まだ全部は読んでおりません。しかし、必ず全部読みたいと思います。やじゅんさんのブログを読むのはとても楽しいことです。
 まず、人柄の良さが文章にでている。
 情勢分析の視点が、先に思想・結論ありきではなく先にデータありきのため、冷静で客観的で思想や主義によってゆがめられていない。
 分析に私用されるデータが統計解析に用いられるデータではなく歴史的事実や個人の思想であっても、処理の仕方がまるで統計的データのようであるため、判断にバイアスがかかりにくい。
 データをもとに想定するプレーヤーの行動の経路が非常に論理的で合理的であり、まるでゲーム理論のようである。
 情勢に対する見解・判断が以上のデータとプレーヤーの行動の想定によって成立しているため、読み手に合理的な結論であると感じさせる。
 文章を構成する言語表現が(丸山氏等の引用は別ですが)明瞭であり、文学的な要素が極力排除され、かつ単語にあいまいで抽象的な単語を用いないので哲学的に感じさせないので、特に政治思想や社会思想に関心のない人にも拒否感を抱かせない。
 私は政治学や社会学は門外漢です。やじゅんさんの見解の学術的な意味はわかりません。
 しかし、政治や社会事象に対して見解を述べている文章で、これほど好感のもてる文章を私は知りません。
 思想による事実認識の歪みやくせがない。それでいて抽象的な表現で当たり前のことを述べているだけでもない。専門知識のある自分が愚民を導かなければならないという驕りもない。
 優秀な人がいるものだと心から思いました。
 
 
 
 
 
お詫び (Alice)
2007-02-27 18:22:40
 連投失礼いたします。
 上記のコメントは、決して、やじゅんさまの師や友人や先輩やお知り合いの方をけなすものでも、政治学や社会学特に政治思想・政治史・社会思想・社会史を貶めるためのものでもありません。
 しかし、
 「政治や社会事象に対して見解を述べている文章で、これほど好感のもてる文章を私は知りません」
 というコメントに不都合があったり、もしくはご不快に思いになられるようでしたら、申し訳ありませんでした。このコメントと一緒に削除下さいませ。
 
 
 
お返事遅れてすみませんでした (やじゅん)
2007-03-03 13:51:43
>Aliceさん
身に余るお褒めのお言葉、どうもありがとうございます。とてもうれしいです。過去の記事は適当にお付き合いしてください。今見るとかなり痛い記述もありますので・・・。
しかし、ほんと買いかぶりです。私はそんな大した者ではありません。
forrestalさんへのコメントのところで述べようと思って忘れてしまったんですけど、私の文体がこんな風になるのは、自信のなさの裏返しでもあるのです。私は自分の考えや主張を断言するのが苦手なんですね。事実、実体験に基づくこと、専門家の見解などなら言い切れますが、それを超えて「かくあるべし」みたいな話をするときは、どうしても及び腰になります。ほんと、分からないので。それを言う前に自分はもっと知らなくてはいけないことがある、という考えが先に立つのです。
もし私の文章が読みやすいとしたら、そういう迷いが文章にそのまま出ているからかもしれません。ここまではこう言えますが、ここから先は分からないですね、皆さんどうでしょう、という書き方をしてます。結論よりプロセスを重視してます。だからたぶん読み手の方にしてみれば、問題の所在や材料を共有して、自分なりの判断を下せるので、あまりひっかかることもなく読めて、また反論や批判もしやすいのかもしれません(自画自賛するつもりはないのですけど笑)。
好感の持てない文章というのは、私もなんとなく分かります。例えば「かくあるべし」を抽象的に言い切るだけで、裏付けや思考の過程が十分提供されない文章(もしくはその二つがごちゃまぜになっている文章)。「フーン」で終わってしまいますよね。いや、短いスペースで書くわけだから、そういうのはあえて省く、というのもあると思います。でも、読んで分かるんですよね。あ、この人は分かっていてあえてこうしているんだな、とか、この人は分かってないけどえらそうなふりはしたいたいんだな、とか。
私はそんなにブログを読まないので、知らないだけなんでしょうけど、心からすごいと思う文章を書いている人は正直そんなにいないです。私は主張や評論(この手のものの多くは地に足がついてなかったり、誰でも言えるような思いつきだったりします)よりも、普通に生活していると見過ごしてしまう事実、実体験(行動含む)、専門的な知識・知見を見たいんですね。言い換えれば、主観的な結論よりも自分の思索に役立つ客観的な材料が欲しいのです。中にはいます。そういうものを提供できる人、だから圧倒的にすごいと思う人が。自分もそんなことができれば、そういう人に少しでも近づけたらなあ、とつくづく思います。
話がそれました。とにかく、私はまだまだだと自覚してます。でもまだまだなりに、一応の考えを形にしていこうと思ってます。間違ったら直せばいいし、前よりより良い考えが思いつけばそれに従えばいいんですから。なので、Aliceさんのお言葉は、とてもうれしい一方で、あまりに過分な評価で恐縮してしまいます。でも励みになります。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
いやいや私も (forrestal)
2007-03-04 01:34:32
やじゅんさん

私のエントリ、結構、「かくあるべし」多いですねw

決して、自信があるわけではないのですが。。。

本来ならば、反証可能な根拠やデータに基づいた、主張でなければ、客観性をもちません。

学術論文ではダメですね。

まあ、その辺は、ブログなんで・・・。

私も、英語文献を読むことが多い、多かったですから、そのような文章スタイル・ロジックになっているかもしれません。

言うべきことは言うというのが、私の信念にありますね。これは、アメリカ留学が大きいです。

もちろん、言わなくてもいいことも、言ってるんですけどw

ヒッキー、離婚しちゃいましたね。少しふっくらしたし。
まあ、人生ですから、いろいろありますね。僕は、彼女の曲は、好きですよ。
 
 
 
再度、お詫び (Alice)
2007-03-06 16:41:33
 はた迷惑なファンレターとしか言いようのないコメントを書いてしまい、本当に申し訳ありません。
 投稿したコメントを読み直してみて、「あっ、これは政治学や社会学、特に政治思想や社会思想、政治史、社会史を研究している方や勉強している方、あるいは評論家やジャーナリストで生業としている方が不愉快に思うかもしれない」と思って、お詫びのコメントを出しました。
 勿論、内容のないファンレターですから、さらりと受け流して下さる方もいらっしゃるでしょう。より正確には、ぜひそうあってほしいと望んでおります。
 それ以前の問題として、そもそもエールを送った相手が恐縮してしまうようなファンレターというものは迷惑以外の何者でもないわけです。申し訳ありません。
 それにもかかわらず、温かいお返事まで頂いてしまって、私こそ、恐縮です。
 しかし、更にその温かさに甘えるようになりますが、もし、やじゅんさんが書かれている正式な書籍や論文があるなら拝読させていただきたいのです。
 やじゅんさんは、匿名でブログをかかれているわけですから、ここで直接教えていただくわけにもいかないと思います。このブログにメールがついているのに気づいたのですが、もしよろしかったら、メールしてもよろしいでしょうか。
 尚、私のメールは送ると苗字と所属がばれてしまうものなので、やじゅんさんにばれるのは、当然のことなのですが、非公表ということでお願いしたいのです。厚かましいおねがいですが、宜しくお願いします。
 
 
 
 
 
訂正いたします (Alice)
2007-03-10 21:32:09
 またもやあまり深いことを考えずに上記のコメントをしてしまいました。
 しかし、よく考えたら、匿名性が薄れるのでブログの意味がないですし、迷惑千万なお話ですね。
 やじゅんさんのこのブログが面白かったので、もし著作があるのなら拝読させていただきたいと思っただけで、深い意味は本当にありませんでした。
 しかし、いきなり現れてこの論調では、気持ち悪いと思われたかもしれません。
 申し訳ありませんでした。
 本当に、私のコメントが不愉快でしたら、遠慮なさらずに、削除下さい。
 
 
 
またも遅いリプライ (やじゅん)
2007-03-10 23:02:10
>forrestalさん
いえいえ、forrestalさんのブログ、大変示唆に富みます。勉強させていただいています。
ヒッキーは一度やせたように思ったのですけど、また少し戻った感じありましたね。
まあ、なんだかんだいってまだまだ若いですからねえ。

>Aliceさん
いえいえ、メールはブログ上で公開してますから、まったく問題ないですよ。
ただ、著作や論文なんていう大それたものはありませんよ。私はただの素人ですからねえ(笑)。期待に添えなかったらどうもすみませんです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。