For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN




私を直接知っている方へのご報告ですが、11月下旬から那覇に行くことになりました。8~10ヵ月ぐらい滞在する予定です。まさか自分の人生で沖縄に住む日が来ようとは思いもよりませんでした。とても楽しみです。沖縄に来られる機会がありましたらご連絡ください。

そんなわけで、せっかく沖縄に行くのならと、上海から帰ってきてすぐにサイパンに行って、ダイビングのライセンスをとりました。
ダイビングといえば思い出すのは映画『グラン・ブルー』(リュック・ベッソン1988)。
主人公ジャックは傷ついて心を閉じてしまった人。でも潜ると誰もついていけない。神秘的で誰も(もしかしたら彼女も)理解できない孤独な天才。ジャン=マルク・バールの、青い炎を静かに燃やすかのような演技が光りました。しかし、そんな主役を食う魅力を見せたのがエンゾを演じたジャン・レノ。丸眼鏡に漲る野性、傲岸、そしてその奥にある優しさ。それまで見たことのないタイプのかっこよさでしたね。
この主人公ジャックのモデルであるダイバー、ジャック・マイヨールによるスキン・ダイビングの記録は何と100メートル。こないだサイパンで自分が潜った深度はスキューバなのに17メートル。同じ人間とは思えませんね(笑)。
でも、ジャック・マイヨールは本当に心を病んだ人で、その最期は自殺だったんですよね。あの映画のジャックのfragileなイメージとダブって、切ないです。

それから、自動二輪の免許もとりました。
ずっと興味はあったのですが、震災後のボランティアで二輪が重宝されたと聞いたのと、沖縄での生活で利用するかもしれないと思ったことが一つのきっかけになりました。
バイク自体に強い思い入れがある方ではないですが、漫画の『バリバリ伝説』は好きでしたね。世界編も良かったですが初期の青春時代が個人的には一番好きでした。

そんなわけで、なぜか、にわかに資格づいています。もっとも、いずれも仕事に生きるものではありません(笑)。そっちの方もぼちぼちがんばっていきたいと思います。

・・・
最近読んだ本。

■ ウンベルト・エーコ 『バウドリーノ』 
昨年(2010年)に待望の翻訳が出たエーコ4作目の長編小説。
12世紀の中世を舞台とする奇想天外な冒険譚。架空の人物バウドリーノが、パリ仕込みの論理学、哲学、神学等の学識とハッタリを駆使しながら、皇帝(バルバロッサ)、教皇、イタリア都市、ビザンツ、イスラム、歴史家(オットー、ニケタス)等に自在に絡み、十字軍、イタリア戦争等の歴史的事件を動かしていく。
虚構と史実が織り混ざって物語が展開し、その合間に膨大な中世の事物、思想、精神構造が語られるのは、『薔薇の名前』から発揮されてきた著者の本領だが、この作品では、嘘つきの主人公によって、歴史の捏造がメタ的に捏造される(そして最後に葬られる)点がさらなるアクセントを加えている。これにより、権威を引きはがすことで真理に迫る精神の特質と、歴史とは人にとって意味を見出されるときに初めて存在するものであることが浮かび上がる。
豪快でロマンに満ちた冒険を描くエンターテイメントとしても楽しめるが(バルバロッサの死をめぐる終盤のどんでん返しは劇的)、歴史に親しみながら読むと汲めども尽きない面白さを味わえる。

■ サイモン・シン 『暗号解読』
暗号の開発と解読は、言語学、数学、情報理論・工学、量子力学等を総動員した知性のぶつかり合い。古代から現代に至るまで天才たちの頭脳戦は歴史をも左右してきた(その戦いの性質ゆえに悲劇的な生涯をおくった者も多かった)。その歴史を描いたノンフィクションの傑作。
暗号解読と同様の手法によってなされた古代文字(ヒエログリフ、線文字B等)の解読という偉業、高度情報社会を支える技術としての役割も最先端の情報(素因数分解、量子コンピュータ、量子暗号)とともに語られる。
その壮大なドラマは物語としても十分に感動的だが、通俗的なエピソードに終わらず、暗号の構造と解読手法を具体的に解説しており(「史上最強の暗号」と称する懸賞問題もある)、実質的・科学的な理解も深めることができる。他の作品もそうだが、著者のストーリーテリングとサイエンスの魅力を伝える力量は抜群。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 上海(10/12~... ミャンマー、... »
 
コメント
 
 
 
沖縄ですかいいですね (星の王子様)
2011-11-03 11:46:38
沖縄は2回行きました。今年も西表島に行くことを考えましたが、結局九州の霧島知覧などに行きました。友人が沖縄県庁勤務で現在は沖縄にいますので、沖縄訪問の際はご連絡したいと思います。
小笠原も行きたいが、沖縄の離島も魅力的です。素晴らしい海の青さですね。
 
 
 
ありがとうございます。 (やじゅん)
2011-11-03 22:06:14
>星の王子様さん
数日前に一泊だけ那覇に行ってきました。私もこれで2回目です。離島にはまだ行ってません。行ったことのある方は皆さん勧められますね。本当に素晴らしいところなのでしょうね。ぜひ沢山回ってみたいです。
小笠原も惹かれますね。長く休みをとらないと行けないと聞きますがそれだけに行ってみたくなります。
沖縄県庁にご友人がいらっしゃるのですか。私は11月20日に転居する予定です。お越しの際にはぜひご連絡ください。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。