For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



週末に宮本亜門演出「三文オペラ」を見ました。

作品に思い入れがあったので楽しみにしていたのですが、感想は・・・正直今ひとつ。
やりたいことは何となく分かるのですが、ちょっとひねりすぎのような。あれでは予備知識がない人にはほとんど理解できないでしょう(オリジナルを知っている私さえ中盤の展開は省略が多すぎて「?」でした)。
俳優はよかったと思います。ダークナイトのジョーカー風の三上博史も従来のメッキーのイメージとは違った味がありました。ただ歌がちょっと。。。大体の出演者に言えますが、がなっているみたいで聞き取りにくかったです。歌詞が聞き取れないのはこの劇では致命的なんですよね。俳優というより演出の問題とは思うのですが。白塗りも、デーモン小暮閣下のメークに合わせたわけではない(はず)ですが、三上博史以外必要なのかな、せっかくの顔が見れなくてもったいないような・・・と思ったり。どうもこの演出家は苦手みたいです。

しかし「三文オペラ」自体はとても面白い作品です。この作品は、ヴァイルのクラシック音楽とブレヒトの演劇の脚本(加えてジョン・ゲイの原作「乞食のオペラ」)の融合であり、演劇、オペラ、ミュージカルにいずれにも当てはまるもので、映画化もされてますし、一種のメディアミックスというか、ジャンルを超えた欲張りな芸術作品なんですね。

ストーリーや原作、脚本が書かれた当時の背景についてちょっとだけいえば、一つのポイントは演出や物語のラディカルさでしょうね。たとえばストーリーについて言えば、悪党がやりたい放題やって、腐敗した警察と結託し、貧乏人を利用する詐欺師も含めてハッピーエンド!という、当時としては斬新だったと思われるモラルのないものです。
ハッピーエンドのもってき方も作品を演じている「俳優」(キャラクターではなくて)の抗議によるというデウス・エクス・マキナをおちょくったようなもので(個人的にはアレハンドロ・ホドロフスキーの『ホーリーマウンテン』を思い出します・・・あ、エヴァもそうだったか)、非常に実験的です(ちなみに今回の宮本亜門版のポイントはこのエンディングの再解釈にあると思われます)。
演出では台詞と歌の分離(ブレヒトのいう「異化効果」)がよく指摘されますね。

まあそういう教科書的な知識はおいておいて、ジャンルのクロスオーバー的な側面について個人的な経験をいえば、劇中の挿入歌である「モリタート」(別名「マック・ザ・ナイフ」-主人公メッキーの英語読みがマックで、ならず者メッキーの英語読みが「マック・ザ・ナイフ」なわけですね)はジャズが好きな人ならその名前に聞き覚えがあると思います。この歌はジャズのスタンダードでもあるんですよね。私なんかもそうだったのですが、「三文オペラ」を知らずとも、ソニー・ロリンズの「サキソフォン・コロッサス」での演奏やルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルドの歌は知っているという人も多いと思います。

映画は、1931年版(GWパブスト監督)が非常に有名です。戦前世代の人が選ぶ名画ベストなんたらにはだいたい入ってくる作品です。私はずいぶん昔に大学の図書館にあるVHSで見ましたが、今はDVDになってるんですね。非常に完成度の高い作品でおすすめです。今回の公演を見て訳が分からなかった人もこれを見ればすんなり楽しめると思います。

ヴァイルの音楽ですが、アンサンブル・モデルンのCDを聴いてます。
アンサンブル・モデルンはジョン・ケージやシュトックハウゼンなどの現代音楽を演奏する団体です。個人的にはフランク・ザッパの演奏(『イエロー・シャーク』(1992年))が印象深い団体なんですよね。
ザッパは奇行の目立つロッカーとしてのイメージだけもっている人も多いかもしれませんが、ビートルズに先駆けてロックのコンセプト・アルバムを出し、ブーレーズにも認められた現代音楽家でもあります。ロック史に残る伝説の名盤Captain Beefheartの『Trout Mask Replica』(1961年)のプロデューサーでもあります。米国ではザッパの人気は今でも高く、留学中のルームメイトが沢山のアルバム(ザッパは多作で有名)をもってました。

なんか脱線が激しくなりましたが、とにかくこんな風に色んな広がりを見せるとい作品ということです。そんなわけで今回の上演も、満足度はともかく、見ておいてよかったとは思いました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« お花見 ~ 『... 三国志(『レ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。