For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



今朝の日経新聞で以下と趣旨を同じくする記事を読みました。

「援助全体の倍増を」 ボノさんが福田首相批判 (5月29日)
 アイルランドの人気ロックバンド「U2」のリードボーカルで、アフリカ支援活動で有名なボノさんは28日声明を発表し、アフリカ開発会議(TICAD)で福田康夫首相が打ち出した対アフリカ政府開発援助(ODA)を倍増するとの支援策について「2国間のODAだけでなく、国連などを通じた多国間のODAも同時に倍増すべきだ」と批判、援助全体を倍増すべきと訴えた。(共同通信)
(出典:exciteニュース

これはまあ、残念なことですよね。TICADという一大イベントを盛り上げるためにせっかくこれだけの大物に来てもらったというのに、かえってこんな風に水を差されてしまっては、さぞ日本政府も当惑したというか、がっかりしたのではないかと思います。

以前、この記事で触れましたが、日本の途上国への支援は、金額や内容もさることながら、約束したことは必ず守る(プレッジした金額を最後まで支出する)という点で高く評価されています。これは口約束に終わることのままある欧州の国々との大きな違いです。また、この記事で書きましたが、日本のODAの現状は、アジアを含めて全地域的にきわめて厳しい状況にあります。その状況にかんがみれば、アフリカ支援を倍増するということがいかに大きな決断であったか推察できると思うのですが、その重みを分かってもらった上での声明だったのか、ちょっと疑問を感じずにはいられません。

批判の正確な内容が分からないので(声明を探したのですが見つかりませんでした)なんともいえませんが、二国間ではなく国際機関を通じた支援でないとダメとまでいってるとしたらそこまで言うのはどうなんだろうと思います。最終的に受入国の利益になればいいのであって、バイとマルチは手段に過ぎず、それぞれの強みを生かしてやるのが重要ということですよね。国際機関を通じた支援というのは、日本の場合、イラクとかアフガンのように直接乗り込んでいって支援しにくいところを仕方なくやるという面もあって、二国間で直接日本の力が発揮できるならその方が良いという分野もあります。国際機関を通すと日本のコントロールから離れてしまうということもありますし。あと、日経の記事によれば、日本の「倍増」の表現が「誤解を招くもの」として批判されているとのことですが、こういう支援の拡大というのは、色んな意味で、むしろできるだけ大きく見えるように発表しないといけないと思うんですよね。

とにもかくにも、これだけの大物、しかも文化人ともなるとコントロール不能のリスクはつきものですが、わざわざ呼んできた人にこんなことを言われるのはショックが大きかろうと思います。私は高校生の時からU2が好きで、当時『War』とか『The Joshua Tree』を聴いて感動してました。またボスニア・ヘルツェゴビナを訪れたとき、紛争直後の状態なのにツアーにやってきたU2を偶然に見る機会があり、立派だなあと思ったものでした。しかし、ジュビリー2000とか見ても、これだけのカリスマが政治に関わると非常に大きな影響力を行使することになりますから、ちょっと難しいときもあるのかなと感じるときがあります。まあそれはそれとしても、日本に対する批判が正当な論拠に基づくものなのか気になるので、機会があったら確認してみたいと思います。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )



« 知的生産の技術 モディリアーニ展 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Alice)
2008-06-01 10:05:45
日本の芸能人と欧米の芸能人って随分違いますよね。基本的に、日本の芸能人は政治とはあまり積極的にかかわりません。チャリティーコンサートとか、国内レベルの社会問題について啓発する運動のPRとかは行いますけど、深刻にならないように軽やかなイメージになるように注意しながらですし、世界的視野の貧困、疾病、環境に対する運動を本格的に行うというのは、あまり見受けられません。
 それに対して、アメリカの歌手は、自分の政治的主張をはっきり述べるだけでなく、特定の政党をどうどうと肩入れしますよね。歌手だけでなく、女優でも司会者でもデザイナーでも、とにかく、国内よりもむしろ世界全体の問題、課題、それも日本だと「重い」と捉えられるようなテーマに大々的に前向きに取り組むのが「セレブ」の証になっている感があります。
 個人的には簡単にどちらがいいといえるような性質の問題ではないと思いますけど、ともかく芸能人のあり方が違う。
 けど、日本政府が国際社会で活動する上では、やはり、欧米のルールを完全に無視するっていうのは正攻法ではできませんよね。となると、欧米の政府が彼らを上手く活用しようとするのと同じように、日本政府も日本の芸能人との違いを踏まえてうえで、彼らを上手く活用しなければいけないのでしょうね。難しいですねえ・・・。
 
 
 
そうですね。 (やじゅん)
2008-06-02 00:56:06
>Aliceさん
おっしゃるとおり、欧米は文化人も政治的というか、思想をもっていることを全面に出しますよね。政治家になっちゃう人もいるし(それは日本もそうか)。
政治的主張をはっきり述べるのは、実は一般の人もそうなんですよね。私はこれは基本的に立派なことだと思います。多くの人が排他的じゃなくて、ちゃんと議論する姿勢がありますし。日本はそういう姿勢を出すのが恥ずかしいような空気がまだありますよね。恥ずかしいならまだしも、かっこわるいように受け取る雰囲気もあって、そこまでいくと私は問題あるような気がします。
国益のために芸能人を「利用」する、これも正しい手法と思います。おっしゃるとおりリスクはつきまといます。でも、一方で利用されてくれる芸能人も少ないので、選り好み言ってられないという現実もあるんですよね。日本政府は芸能人だからといって金を出せないので。ボノにせよユッスー・ンドゥールにせよ、ほとんど無償で来てくれるのは立派なことだとは思います。
 
 
 
Unknown (ももこ)
2009-08-25 07:59:54
私は そうは 思わない 聞こえはいいが 効率的ではないし 白人様のやることなすことには 思慮深さや 奥がない 例えば 他国正す前に ボランティアする前に 目の前のハエ 追い払わず とんでもない方向に 走っているのが意味不明 そして 効率が上がらない アメリカなんてものは くだらないとしか思えないね その意気込みは 素晴らしいが 言っている事や やっている事に 矛盾や 怒りさえ 覚える 入る金があるから 出来る事であって 入る金がない人達には 無縁 下らない
 
 
 
Unknown (桃子)
2009-08-25 08:04:42
アメリカ様 中国チペット批判や 他国ボランティアする前に 戦争は 絶対にやらない事が先決だろう
その次に 手前たちがしでかしたことの償い
原爆被害者 インディアン先住民達の 罪の償い
黒人への 償い保障 手前達が 果たさなければならないのは 山積みなのに どうも 間違った方向に
進んでいるようで 落ち着かない限りだ
 
 
 
一応 (やじゅん)
2009-08-31 00:26:29
まあ、ボノはアイルランド人、ユッスー・ンドゥールはセネガル人なんですけどね。あげ足とりのつもりではないのですが、すいません。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-12-29 12:23:16
政治に関われないと言うことは
それだけポップカルチャーが貧弱な証拠でもある
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
TICAD(アフリカ開発会議) (論正の界グロブ)
TICAD(アフリカ開発会議)が無事閉幕しました。開催国・日本の成果と課題は? 参照記事数62。