For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



中東旅行最後の記事です。

■ イスラエル(後編)

三日目は南部のマサダ、死海、ヘブロン、ベツレヘムを回る。

マサダはユダヤ人にとって飯盛山(白虎隊)かアラモ砦かという位置づけのところ。ユダヤ戦争の際、1,000人の兵士が自決したと言われる。ロープウェーでえらい高いところに上って行くと遺跡がある。ヘロデ王の時代の石・泥の遺跡がこんな風に残っているとはと思うと感慨深い。が、観光の時点ではあまりの暑さのためそこまで頭が回らず。

死海に到着。暑さのためほとんど温水プールのような水のぬるさ。体が浮く体験はなかなか新鮮なものだった。しかしちょっと水が顔についてなめただけでものすごいしょっぱさ。顔をつけることすらできない。まして潜るなどとてもとても。Rintaさんのサイトでシルベスター・スタローンが男を見せるため潜って水中で目を開けたらしいと知ったが、本当だとしたらすごい(アホ)と思う。

ベツレヘム。イエス生誕の地。教会の中に生誕の場所があり、星の形で示されている。ランチはここで食べた。パレスチナ人食堂でチキン。これはかなりうまかった。

西岸の都市の周りには分離壁が作られており、道路は閉鎖され、軍隊による厳しい監視によってパレスチナ人の往来がコントロールされている。パレスチナ人はちゃんとした家に住んでいる人もいるが、貧しい人はテント暮らし。とことん貧しい。砂漠にはベドウィンがいてやはりテントのような掘っ立て小屋に住んでいる。こういう生活と最先端の文明が共存しているところが何とも不思議な国である。

(ちなみにイスラエル国民の約20%が非ユダヤ人。しかも非ユダヤ人人口の伸びの方が高い。)

・・・
最後の出発の便が翌朝7時だったので、明け方までテルアビブのクラブとバーを回る。

(注:テルアビブはイスラエル最大の都市で、日本と米国を含め各国が大使館を置いている。エルサレムは国際的には首都として承認されていない。)

なんでもイスラエルのクラブシーンはゴア・トランスに影響を受けているとかで一部の間では結構注目されているらしい。クラブが集中しているエリアに行ってみた。アジア人がめずらしいのかやたら声をかけられる。若者の暴れっぷりが激しいのか通りのあちこちで警察が待機している。たしかに通りもクラブもはじけた若者たちでいっぱいであった。こういうのは万国共通か。ただイスラエルの場合安息日にはすべて活動を停止する。また全員兵役に行く。もっとも徴兵逃れも多く、義務者の20%くらいは兵役に就かないらしい。韓国人もそうだが、20代の貴重な数年間を軍隊で過ごすなんて無理、きれいごとではすまないということなんだろう。

・・・
国土を回って実感したのは、当たり前のことなのだが、イスラエルも砂漠の国なんだな、ということ。エルサレムやテルアビブのような大都市を除けば、砂漠の中に中規模の都市が点在するに過ぎない。その都市でさえも、パレスチナ人の都市かユダヤ人の都市かによっても違うが、多くはそれほど発展したものには見えない。せいぜいテルアビブの高層ビルと活気がそれらしかったくらい。それも米国や日本の都市とは比較にならない(逆にこっちが異常なんだが)。これで一人当たりGDPがトップレベルの国なのかと正直驚いたくらい。実際に見て回った限りではイスラエルの国力や生産力がなかなか肌に感じられなかった。軍事中心の国家だけに民生に豊かさが反映されないのだろうか。

都市があるところは、水のあるところ、歴史的にはオアシスだったところである。イエスの時代から豊かさで知られるガリラヤ地方をふくめ水のある場所は都市あるいは巨大な農場になっている。農場はすべて公有でキブツ(公営の集団農場。外国人(旅行者含む)でも働くことができる。)によって運営されている。イスラエルでは様々な分野で国家による組織化・合理化が進められているが、農場の運営も非常に合理的に見える。実際不毛な土地の多いわりにイスラエルの農業は強力である。その合理化の徹底さ、必死さは、水路を作ってヨルダン川の流れを変えてヨルダンではなくイスラエルに流れ込むようにしたり、67年の6日間戦争でシリアから奪ったゴラン高原周辺に農場を作りまくったところからもかいま見える(ように思う)。

・・・
旅行記はこれで終わりです。ほとんど日記のコピーなので、まとまりもオチもない雑文になりました。でもこれを読んでなにがしか興味をもってくれたらうれしいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 中東旅行(そ... フェルメール展 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。