For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



現在ロンドンにいます。
暴動にはびっくりしましたが、特段の影響はなく、穏やかに過ごしています。

記事を書くのは帰国してからと思ってましたが、現在北京特派員をしている友人から、コラムを書いたので宣伝してくれ、と命令されたので(笑)、紹介します。

「対中パワーゲーム、固唾のむ米防衛産業」(アジアBiz新潮流 中国総局・森安健 2011/8/17 7:06日本経済新聞 電子版)

彼はワシントンDCと北京の両方の特派員を経験しているので、こういう記事はまさに持ち味を発揮するところですね。
同様の駐在経験をしている記者は、他にも二人知っています。国際部の記者にとっては花形のキャリアでしょうね。
さらに言えば、中東も経験すれば、私なんかから見れば、世界の枢要な地域をカバーできて、完璧のように思いますね。この記事を書いた彼ともう一人の知人は、まだ若いのに中東のポストも経験しています。合計3ポスト。理想的ですね。
ま、ここまで持ち上げれば彼も満足してくれるでしょう。笑

せっかくなので、自分についても、簡単に近況報告をすると、予定どおり、7月22日からセネガルとマリを訪れた後、8月1日にロンドンに入り、今に至ります。ここでは3週間ほど研修を受けています。
8月25日に帰国するので、詳しい報告はまたのちほど。

・・・
旅行中に読んだ本。

■ 内井惣七 『空間の謎・時間の謎-宇宙の始まりに迫る物理学と哲学』 
空間とは何か。時間とは何なのか。哲学・科学が挑んできた難問を正面から扱った本。
著者は科学哲学の大家(同氏の『科学哲学入門』も、「入門」というにはレベルが高いが、とても優れた本。お勧め。)。
内容は相当に高レベルで、これ一冊だけで理解するのは困難。それでも、語り口と説明のうまさが素晴らしく、面白さのあまり一気に読むことができるので、ゼロからでもエッセンスはつかめる。
ニュートンとライプニッツの論争を現代物理学を駆使して裁けばこんなに豊かに解釈できるとは。偉大な知性の議論の価値は何年たっても何度でも再発見される。これぞ古典の妙味。
この本を面白いと思ったら、ブライアン・グリーン『宇宙を織りなすもの-時間と空間の正体』『エレガントな宇宙』の続編)とロジャー・ペンローズ『皇帝の新しい心』もあわせて読めば、より楽しめると思います。
(それにしても、科学哲学をやっている人はカント主義者に厳しい印象がある。実証を無視する形而上学の徒の象徴ということか。たしかに、時間の哲学については色々読んだけど、どれもよくできた物語に過ぎないという気はする。面白いけど、そんなもんかねえ、で終わる面がある。頭の中で理屈というか言葉を弄んでいるだけのようにも見える。それに比べ、相対論・量子論の描く時空は、実証においても想像力の限界への挑戦という意味においても、よほどエキサイティングで、知的興奮に満ちている。この蓄積を無視して、形而上の世界で遊ぶのは、もったいないというか、虚しい。エルンスト・カッシラーは、哲学者(新カント主義者)でありながら『アインシュタインの相対性理論』を書いている。こういう人は凄いし素敵だなと思う。)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ロンドン、西... セネガル紀行... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。