For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



先週、スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団の演奏に行きました。スクロヴァチェフスキの指揮を見るのは2年ぶりくらいです。
元々はこれが常任退任演奏会となるはずだったのですが、1年任期が延長されたそうです。

演目は以下のとおりです。

チャイコフスキー:弦楽セレナーデ
ストラヴィンスキー:管楽器のための交響曲
ブラームス:交響曲第4番

どの演奏も非常に良かったです。あっという間の2時間でした。

チャイコフスキーの弦楽セレナーデは、私のもっているCD(Cデイヴィス/バイエルン放送(86年))と比べると主題が結構スピーディーな感じがしましたが、緊張感と優雅さのある素晴らしい演奏でした。哀感に満ちた美しさが大好きな曲です。

ストラヴィンスキーの管楽器のための交響曲は、私には高度過ぎるのか元々ちょっと苦手な曲なのですが、複雑なリズムも含め結構面白く聴けました。
これはデュトワ/モントリオール響(84年)のCDを聴いてます。モントリオール響が精度を高めていく絶好調時の録音ですね。

最後はブラームスの交響曲第4番。気品と重厚さがあって素晴らしかったです。
CDは今回のスクロヴァチェフスキも含め9枚もってます。
たまたま最初に聴いたのがワルター/コロンビア(59年)でこれがなんとなく自分の中でスタンダードになってますが、Cクライバー/ウィーン・フィル(伝説的名演)、ヴァント/北ドイツ放送、ザンデルリンク/ベルリン・フィル、バーンスタイン/ウィーン・フィルも良いですね。この曲には思い入れがあるのでもっと他のも聴いてみたいと思ってます。

ところで先週テレビでギエムのボレロを見ました。2月初めに五反田でやってたやつです。
ギエムは毎年のように日本に来ていて、そのたびしょうもない事情で見逃しているのですが、今回のは特にテレビで見て、生で見たかったと痛感しました。 一人の人間がここまでできるものか、というか、人間ってなに?みたいな、何というか、言葉を失います。

ブラームスもボレロもそうですが、言葉で表現できない抽象的な美は哲学的、思弁的で、人間、自然といった根源的、前提的なことを考えさせます。
だからなのか、哲学者や思想家は優れた音楽(芸術)批評家であったりしますよね。前にも書いたとおりニーチェもそうでした。カントは『判断力批判』で美の体系的分析をしています。
ストラヴィンスキーの管楽器のための交響曲はドビュッシーの追悼のために書かれたものですが、そのドビュッシーの評論をジャンケレヴィッチという哲学者が書いてます。私は音楽というより哲学の縁でこの本を知ったのですが、かなり難解で理解困難な部分が多かったものの、個性的で印象深いものでした。
こういった具体的な評論では、アドルノ、小林秀雄、丸山真男の評論が、当人たちの強烈な思い入れと思想との絡みが刺激的で面白かったおぼえがあります。

それにしてもWBCは好試合が連発ですごかったですね。色んな意味で日本の強さを感じました。スポーツも理屈を超えて人の心をゆさぶる、ある種の美だと思います。私もなんか元気をもらいました。しかし、加藤コミッショナーもビールかけにまで参加して楽しそうでしたね。今までのどの仕事よりうれしかったかもしれないなあ(笑)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 読書論・続き... 『イエスとい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。