For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



迫力のある演説でしたね。録画して翌朝見るつもりだったのに、ついつい最後まで見てしまいました。

内容については、ざっくりした感想ですが、ブッシュ前大統領が「神」や哲学、ストレートな強さを強調していたのに比べると(当時の感想)、理性、調和、科学といった現代的な価値、相互理解、穏健さなどに重きを置いたような印象を受けました。

オバマが初めて脚光を浴びた2004年の民主党大会の基調講演を思い出します。当時のオバマは上院議員選にこれから出馬しようとする一介の州議員に過ぎませんでした。 それがひとたび口を開くや誰も文句のつけようのないパーフェクトな演説で米国全土をふるわせました。その頃こんな記事も書いてました。

もはや言い尽くされていることですが、なにがすごいかといって、オバマに興味ない人も敵対する人もふくめ誰もが認めるのは演説力だったんですね。これに匹敵できるのはクリントンぐらいではないでしょうか。クリントンもものすごい演説の名手でした。右手の人差し指を軽く曲げてつきだす独特の仕草をふくめ、何もかもがかっこよく見えたものです。インパクトは落ちますが、ブレアやアナンも素晴らしい演説家でしたね。この人たちの共通点はみなハンサムであること。ちょっとナルシストぐらいの方が演説ってうまくなるんじゃないかと思います。日本に演説がうまい人が少ないのはこのためですかね。いや、冗談ですけど(笑)。でも政治家たるもの、言葉で人を動かせずしてどうする、と思いますから、日本の政治家ももうちょっとがんばって欲しいものだと思います。

脱線しましたが、今回の演説もとにかく言葉が美しかったです。リズムやライム、繰り返しなどの技巧も完璧で、現代で見られる最高水準の演説という気がします。

私の場合、現実的過ぎるのかすれているのか、昔からリベラル的なものが性に合わないというか苦手で、米国ではどちらかといえば共和党にシンパシーをもってきたのですが、オバマの場合党派性を超えた何かを感じさせますよね。

これほどみんなから祝福されて就任されるリーダーは、世界を見渡してもこの数年の間を見てもなかなかいないと思います。米国では誰もがこの人を失敗させてはいけないと考えているのでしょう。「国の分断」とも言われるほど保守・リベラルの亀裂の入った米国でこれだけ超党派の支持を得ていることはそれ自体大きな資産と思います。

(ちなみに普段の生活で共和党(特にブッシュ)支持者に会うのは結構大変です。特に学生ではレアです(そういう人が非常に優秀だったりしますが)。そのへんのことも昔何度も書いたことがありました。)

まずは「最初の100日間」、リンカーンと並んでなぞらえるフランクリン・ルーズベルトの言葉にならってよく言われますが、まあ100日に終わる話ではないのでしょうけど、注目ですね。

(ちなみにフランクリン・ルーズベルト(通称FDR)といえば米国史上に残る特A級の大統領、ほとんど現代の英雄扱いの偉人ですが、実はかなり複雑な人物です。たとえばポール・ジョンソンの『アメリカ人の歴史』を見るとその多面性というか色んな評価を受けていることが分かると思います。)

まあしかし天気は良かったですが寒そうでしたよね。就任式と言えば私が思い出すのがハリソン第9代大統領のエピソード。4年前の記事で書いてます。東京も天気はいいけど寒いですよね。からだに気をつけてがんばりましょう!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 謹賀新年 WBC観戦@... »
 
コメント
 
 
 
分析スタイル (Alice)
2009-01-21 15:53:06
 演説の内容がどのようなものかは非常に重要です。でも、その分析のみにやたらと重点を置きすぎている新聞のコラムって、ちょっと物足りないですよね。大体、大方の分析が一致しているし
 演説に用いられている語句、表現の仕方、一文の長さ、演説全体の構成、表情や口調や身振り手振り、服装、パフォーマンスなどからも人となりを総合的に分析して欲しいもんです
 テレビは(特に民放)はそういうの伝えたがるけど、分析ではなく、面白がっているだけというか、一般受けするように柔らかいニュースにしているだけというか・・・
 私個人の意見としては新ファーストレディの分析も加えていただきたい気がします。結構、重要なポイントだと思うんですけどね。ちょこちょこはありますけれど。
 まあ、他の似たような論評はどうでもいいとして、私は、やじゅんさんの感性に訴える外見や雰囲気を重視する分析スタイルが好きです
 そこにやじゅんさんの独自性へのこだわりと無駄な重複を避ける合理性が感じられます。
 日本では、合理主義的な理論派の感性重視って、貴重ですよね。実務家といい、評論家といい・・・。もちろん、皆無とはいいませんけど
 やじゅんさん、貴重
 
 
 
 
お返事遅れました (やじゅん)
2009-03-06 02:30:17
>Aliceさん
いつもどうもありがとうございます。
私ももっと内容のあることを書ければいいんですけどね。。。
どうにも勉強と情報が足りないのでアップしてもいいものか迷います。
でも楽しく読んでもらえたらそれで何よりです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。