For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN




一週間ほど前の話になってしまいますが、上海に行ってきました。

滞在中は主に語学学校に通っていました。語学学校では多くの駐在員の方たちとお会いし、昼に夜に様々なところで交流することができ、とても楽しく勉強になりました。それと、現地で働いている古くからの友人に会いました。この友人はコンサルティング会社を立ち上げて、すでに50人もの中国人のスタッフを雇って大々的に事業を展開しており、色々な意味で刺激を受けました。

中国は、北京、広州にはここ数年のうちに何度か行っていましたが(当時の記事はこちら。反日デモが騒がしかった頃ですね。)、上海に行くのは約10年ぶり。どれだけ様変わりしているのかなと思いましたが、すごかったですね。

高層ビルやらリニアやらのイメージはありましたが、一部のビジネス地域の話かなと思っていたところ、そんなことはなくて、市の中全体にわたり広範囲に発展していて、町並みはもう東京とそれほど変わらない。むしろ、デパートやショッピングモール、コンビニの密度は上回っているんじゃないかとすら思いました。

ビルや店のみならず、道のきれいさも目を引きましたね。ゴミ箱や清潔な公衆トイレが沢山あって、昔のちょっと汚いイメージがなくなってました。それどころかエリアによっては街路樹やディスプレイがきれいに立てられていて贅沢だなあという印象。特に「新天地」なんかオシャレ感がやばい。金かけまくってるのに下品でなくクラッシー。もうまったく中国の感じじゃない。というかもはや中国のイメージってなんだったっけという気になってきます。

といっても、少し地域をはずせば昔ながらのカオスは残っています。目に見えるところだけは何をおいてもまずきれいにする。そんな中国らしさは今なお健在でしたね。

あと変わったのは中国人の愛想の良さやサービス。店の人の表情も柔らかい。まあこれは北京や広州でも感じていたことなのでそれほど新鮮だったわけではないですが、その変化の度合いは予想を超えるものがありました。路上で地図を見ていたら、犬を散歩しているご老人が「去哪里?」(どこに行く?)とか話しかけてきて、なんか昔と比べて精神的な余裕があるのかなあと思いました。

一方で、友人や駐在員の方たちとも話したのは、こんなに中国が変わる中で、中国人のメンタリティには変わらない部分もあるんじゃないかな、ということでした。その一つは徹底的な現世利益主義、私利私欲の重視ですね。これは別にあくどいとか倫理的な意味ではなくて、行動原理としてそうなっているということです。それはビジネスにおける私的ネットワークの重視(自家人)、為政者や法に対するスタンス(「上に政策あれば下に対策あり」)から、現代文化、共産党(中南海での政治闘争)、日中関係などにも現われている気がしますね。

あと、話に聞いていたとおり、フェイスブックは見られませんでしたね。gmailやgoogle検索はできますが、やたら遅かったりして使いにくかったように思います(これは駐在員の人たちも述べていました)。ちなみにこのブログは問題なく見られました。幸いにして共産党ノーチェック。ま当然ですね笑。

そんなわけで、短いながらも色々なものを見ることができ、充実した一週間でした。また近いうちに行ってみたいものです。

・・・
最近読んだ本。

■ アルジュン・アパデュライ 『さまよえる近代-グローバル化の文化研究』
グローバル化の重層的・乖離的構造(ネーション・ステートの相対化、5つの「スケープ」)、その中での人びとの集合的想像力の作用を説く。
よく引用される本なので読んでみたが、目を見張るような発見はなかった。個々の人類学研究は面白いけど、こういう大上段の話に展開されるとどうも消化不良。
この本はそうでもないのだが、ポストモダンとエドワード・サイードの流れを汲むポストコロニアル、カルチュラル・スタディーズはどうも苦手。近代批判、多元的視点はいいけど、批判や方法論に終わっていて、結局どうしたいのかよく分からない(とにかく疑う、欧米には文句言う、どんな立場も否定せずそれもあれも考慮に入れる、といった手合い)。難しいことを考えているのだろうが、概念の遊びをしている印象で、まじめに取り合う気にならないというか。
なお、この本がベースにしているベネディクト・アンダーソン『想像の共同体-ナショナリズムの起源と流行』はネーション・ステートの勃興を描いた不朽の名著。白石隆氏の翻訳も良かった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 欧州(フラン... 事務連絡(沖... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。