For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



こないだ、なかなか手つかずだったwiiを友達とやったら、やたら楽しかったですね。なにをいまさらという話ですけど。笑
これからもうちょっと開拓してみます・・・といいつつも、ゲームをやろうと思ったら今なお80年代のPCやファミコンゲームを探してしまうオールドタイプな人間です。

私事ですが、先日、さる大手通信社の記者の方からインタビューを受けました。
結構まじめにいろいろしゃべりました。ドラフトを見せてもらったらとてもいい記事でうれしかったです。あと心配なのは写真映りのみ(笑)。
正月に出るそうです。写真さえよければ(←くどい)、さわりない範囲でまたお知らせします。

最近読んだ本。

■ 猪木武徳 『戦後世界経済史』
戦後60年の経済史を400ページの新書にまとめた本。
こういう長期スパンの現代史の叙述は、切り口の設定(とそれに伴う面白い材料集め)が決定的に重要ですよね。
この本は、①市場の浸透と公共部門の拡大、②グローバル化と米国の時代、③所得分配の不平等、④グローバル・ガバナンス、⑤市場の設計と信頼、という5つの視点を明示してます。
さらに、副題の「自由と平等の視点から」にも現われているとおり、5つの視点すべての通底に流れるテーマが自由と平等の関係であり、(私もこれまで何度も引用してきた)トクヴィルが提示した「平等化の進展は自由の侵蝕を生む」という問題に取り組もうとしてます。
材料としては、今年の5月に出た新しい本ということもあり、サブプライムのような最近の問題まで組み入れているのが、目新しく印象的です。
堅実な視点と材料からできていて、安心して読めるしっかりした本です。反面、情報も構成も驚くような発見があるわけではなく、新しいものを吸収するというよりは、すでにある知識を確認するような感じで、刺激はちょっと少ない印象です。そういうものを期待する本でもないのでしょうが。

■ ジョルジ・ルカーチ 『小説の理論』
ギリシア文化(ギリシア悲劇、叙事詩、哲学を含む)と近代を対比させながら近代の小説を理論化する試み。
前に取り上げたギリシア悲劇つながりですが、ここでは、悲劇に特化せずギリシア文化全般を対象としていることもあり、アポロンとディオニュシスの対立とかいう話ではなくて、総体性、真理、調和といった(ヘーゲルが定式化した)クラシックなギリシア文化のイメージが強調されています。
近代とはそのような調和が失われた時代であって、小説とは失われた完全性を求める芸術である(「先験的な故郷喪失の表現」)、という見立てを提示します。
こういう古代人の思想(特に個と共同体との関係)を現代人のそれと比較して語るのは西欧思想によく見られる特徴で、米国の建国時以来の共和主義やハンナ・アーレントの政治論もその例といえると思います。
ルカーチというと、マルクス主義者、ハンガリーの二つの革命政権(ベラ・クンとナジ・イムレ)への参加などのイメージが強いと思いますが、もともとはジンメルやディルタイから生の哲学を学び、新カント派の影響を強く受けた文化哲学者、美学者でした。サンジカリズムに影響され、マルクス主義に入っていくのはこの本が書かれた後です。
この本ではむしろウェーバーやアドルノの文化社会学、美学とよく似た思索のあり方を見ることができます。そのへんを意識して読むとなかなか味わい深いです。

またも英語の話が持ち越しになりました。次回は本気で行きます。笑

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« ブッシュの始... 権力と責任 »
 
コメント
 
 
 
ご無沙汰してます。 (forrestal)
2009-12-09 21:40:34
ご無沙汰です。お互いバタバタと忙しい中、大変、御活躍のようで嬉しい限りです。

こちらは、学会が続いたり、重箱の隅をつつくようなマニアックな英文を読んでます。

猪木先生の新書は良いですね。私も読みました。
分業制とはいえ、理論ばかり教えてきたアカデミアに対する反省と時論を踏まえて、自論を持てというあたりが、大変、共感しました。

ギリシアにしても、実はここだけの話ですが、以前、学生していた時の彼女が西洋古典(ギリシア文学専攻)で、私もかなり読みました、もう、忘れてますが。。。

何のために学問を学ぶのか、このことは生涯、問い続けて生きたいと思ってます。

寒くなりましたが、御自愛ください。
 
 
 
ありがとうございます。 (やじゅん)
2009-12-14 00:29:27
>forrestalさん
私の場合、時間がないといっても、すべて自分自身で片がつく問題、たかが知れてます。
自分だけではままならぬ状況で、死にそうになって苦労している人たちを知っているので、忙しいなんていう自信はまだまだないですね。
ただ、死にそうになって働きながら、狂ったように遊んでいた日々もなつかしく、その意味では今の静かな状態もかえってつらいと感じることがあります。
なんにしても自然体、自分のしたいことを素直にやるのが一番とは思います。その考えだけは何年も変わってません。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。