For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



だいぶ経ってしまいましたけど、年末にあったインテル対マゼンベのトヨタカップ。まだ記憶に新しい熱戦でしたね。

マゼンベってコンゴのチームなんですよね。コンゴというとコンゴ共和国とコンゴ民主共和国の二つがあるので、どっちだろうと思いましたが、コンゴ民の方ですね。旧ザイール。

ザイールは、ブラックアフリカで最も強烈なところの一つです。モブツの独裁、その後の相次ぐクーデターなどの激動の歴史は言うに及びませんが、ハードコア系のバックパッカーだった自分には、ザイール川流域の猛烈な自然が思い浮かびます。
今ではどれほど注目があるのか分かりませんが、10年くらい前は、ザイール川とチベットのカイラスへの旅行は、バックパッカーにとって、聖地巡礼のような趣きがありました。私も激しく興味をかき立てられて、色んな本を読んだり、実際に行った旅行者の話を聞きまくったものです。こないだ、たまたまテレビでオナトラ(ザイール川を往来する巨大船)の映像がうつっていて、なんだか目頭が熱くなりました。

そして音楽。ザイールの音楽はリンガラ音楽とか言われますが、アフロ・キューバン・ジャズを現地化した音楽で、ジュジュなどと並んでアフリカで最も人気のある音楽の一つです。パパ・ウェンバはジャンルを超えて世界的に有名なので、聞いたことがある方も多いかと思います。
首都キンシャサといえば、アリとフォアマンの歴史的な試合ですが、あのときの「アリ・ブマイエ」もリンガラですね。「猪木ボンバイエ」はこれのパクリ・・・というかアリが猪木との試合の縁に寄贈したという。
同じタイミングにあったもう一つのキンシャサの奇蹟が、ファニア・オールスターズら当時の巨人たちが集結したアフリカ版ウッドストックのようなコンサート。まさにキューバンジャズとブラックアフリカの融合の祭典として知られる伝説のイベントです。
このへんの雰囲気はドキュメンタリー映画『モハメド・アリ かけがえのない日々』とか見るとよく伝わってきます。ちなみにファニア・オールスターズは、サザン・オールスターズの名前の由来でもありますね。
あとアリの映画といえば最近ではウィル・スミスの『アリ』もありましたね。さすがにマイケル・マン監督、米国にいたとき見ましたが、期待していたより面白かったと記憶してます。

1:30からのキンシャサのシーンが好きです。

龍馬伝でもおなじみLisa Gerrardの音楽、ディランとジミヘンの名曲「All Along The Watchtower」のカバー、Rケリーの「The World's Greatest」が心に残ります。

数あるジミヘンの名曲の中でも一番好きな曲の一つ。

話が大きく曲がりますが、アリとフォアマンの試合といえば、ジョージ・フォアマンは「フォアマン・グリル」というグリル製品をプロデュースして、世界的に大成功しています。米国のTarget(大型雑貨店)なんかに行くと、フォアマンの満面の笑顔が貼ってあるこの製品が必ずどこにでも置いてあって、うぉっフォアマン、ナイスな笑顔、とちょっと驚きます。

エプロンがかわいい。

そんなわけで、ザイール(コンゴ民)には結構思い入れがあります。カメルーンとともに、ぜひいずれ行ってみたい国の一つです。その前に一昨年前にポシャったセネガルとマリに行きたいところなんですが。いつの日になることやら。

・・・
最近読んだ本。

■ 野口祐子 『デジタル時代の著作権』
歴史から現代の課題までおさえつつ、自らのポジションも示している。新書ながら、いや新書だからこそ制約なく書けるからか、なかなか読ませる。
それにしても野口先生はスタンフォードローに4年もいたんですね。レッシグの薫陶を受けたという。よほど優秀な人だからなんだろうけど、あそこにそんなに長くいられたというのは、とてもとてもうらやましいことです。

■ 桝田淳二 『国際弁護士』
内容が非常に具体的。事実づくめ(記録に近い)という印象も受けるが、とても参考になる。米国強制労働訴訟を担当していたというのも意外な面白さ。

■ 弐瓶勉 『シドニアの騎士』
漫画です。しかし漫画というか、もうアートを感じさせる作品です。
この著者の作品は、宇多田ヒカルも大好きという、『バイオメガ』他、いろいろ読んでいますが、なんというのか、人間のイマジネーションの限界のようなものを感じさせます。そのぐらい凄い作品と思います。もちろんエンターテイメントとしても滅茶苦茶面白いです。
ちなみにどの作品にも人間の言葉を話す熊が登場します。そのへんも宇多田ヒカルの琴線にひっかかるものがあるように感じずにはおれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 組織と個人 ~... 東北地方太平... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。