For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN



11月29日に本ブログを開設して一周年を迎えました。

「元旦の挨拶」でも述べましたが、ブログを始めたときは、この世界のことをろくに知らず、まったく手探りの状態でした。昔からホームページは作ってみたいと思っていながら、面倒そうで手が出なかったところ、ブログなるものの話を聞いて、「へえ、今はそんなに簡単にできるのか」と思い、気軽な気持ちでトライすることにしました。

最初は米国に住んでいるから、ここで見ること聞くこと思うことを綴ってみようと思ってたのですが、書くうちにだんだん思考と筆の幅が広がってきて、米国を離れたあともネタが尽きず、現在に至っています。よく分からないままに先人のブログをのぞいて、コメントを書いたり、慣れないトラックバックを飛ばして不安になったり、今から思うと大変恥ずかしい思いをしました。しかし、失敗を含めて、全て良い経験でした。特に、見知らぬ方々からためになる意見を頂いたり、意外なところから交友が広がったことなどは、本当に幸運なことでした。昔の記事を読むと恥ずかしいなあと思うときもあるのですが、逆に言えばこの1年で相当成長したような気もします。

ブログは面白いです。興味のある方は、自分のできるところから、ぜひやりたいようにやってみると良いと思います。私なんかが言うのは僭越ですが、気をつけるべき点を挙げるとしたら、背伸びしないこと、他の人の話をよく聞くこと、書いた文章は載せる前に一時間でもいいから、一度は寝かせて見直すこと(笑)、こんなところかと思います。もちろん、何より大切なのは、自分の好きなことをテーマにすることですね。あとアクセス数は気にしても良いことはないので、あくまで参考程度にとどめましょう。

せっかくなので、この機会に、このブログについて軽くご紹介をしておきます。

■ 特徴
主なテーマは米国に関すること全てと、日本と米国その他の国々との関わりです。米国には通算4年滞在(大学院に2年留学、2年勤務、西海岸と東海岸の3都市に在住)し、その後も歴史、政治、経済、文化についてマイペースでウォッチしてます。また、海外に行く機会が多く、これまで40カ国以上を訪問していますので、その経験から思うことも書いてます。特に中国と韓国(できれば加えて中東とロシア)に興味があります。このへんの話と、歴史や政治といった思想に関わる話、それから趣味の英語や映画や音楽などについて無節操に書いてます。たまに、米国人を対象としてイメージして、英文のエッセイも書くようにしています(が、あまり実践してません(笑))。

■ 更新頻度
昔は毎日更新していましたが、最近は週1~2回程度です。そのうち月1回くらいになるかもしれませんが、更新はマイペースで続けたいと思っています。そのときそのときの時事ネタはあまり得意としていないので、時間がたってから見ても味のあるような記事を書きたいと思っています。過去の記事を含め、長い目で見守ってもらえると嬉しいです。

■ データ
○ 最高アクセス数:9月13日にIP1607(PVは3905)を記録しました。
○ 平均アクセス数:一日800~1000人くらいの方がご覧になっているようです。
○ 最もコメントを集めた記事:「過去の問題について(その1:「韓流」ブームと日韓関係の将来)」
○ よく読まれる記事:「日本の歴史問題への米国からの視点」
(個人的にはあまり思い入れのない記事なのですが、なぜかコンスタントに頻繁にアクセスされているようです。)

■ おすすめ記事
初めてこのHPをご覧になった方におすすめの記事はこのへんかなと思ってます。

「ブッシュのサポーターはどこに?」
ここで述べたことが米国を見る上でまず気をつけておくポイントの一つだと思ってます。我ながらうまくまとめていると思います(笑)。
「嫌米?親米?」(その1~その12)
このシリーズを書くのがHP製作の目的の一つでした。「その6」までが一区切りになっていますので、そこまで通しで読んでもらえると嬉しいです。「その11」も気に入っています。
「日米の性描写の比較」
これは他ではなかなかお目にかかれない、我ながらユニークな考察だと思っています。米国人に話しても「なるほど~」と感心されました。
「米国当世若者事情」(その1~その2)
これも他で書かれたことのないレアなネタだと思います。自分ではかなり鋭いと思ってるのですが、どうでしょう。
「米国でのイケメン像」
これも我ながら着眼が良いと思う。ぐっちーさんからもおほめのお言葉がありました。って、自画自賛ばかりで恥ずかしいですが(笑)。
「CNNが東京から初ライブ」
米国に住むと分かる日本のありがたさについて書いてます。まあ、これも現実の一面に過ぎないのですが。日本に帰ると米国の良さが目に付きます。現金なものです(笑)。
「米国TV事情」(その1~その6)
こういういかにも日常生活的なネタも、ありそうで意外とないので、面白く読んでもらえるかと思います。
「日本のことを米国に伝えることの大切さ」(その1~その2)
これは米国にいる間、始終痛感したことだったので、皆さんにも思いを共有して欲しいなと思って書きました。
「ニューオーリンズ旅行」
カトリーナ来襲の数ヶ月前に訪問したニューオーリンズの旅行記です。現代の米国を見る上で重要な要素となる南部について述べています。
「米国大統領選」
もう古い話になってしまいましたが、ちょうどこのブログを始めた頃に行われた米国大統領選のまとめです。今後の参考にもなるかと思います。
「バックパック旅行の四方山話」(その1~その5)
貧乏旅行好きの人であれば面白く読んでもらえるのではないかと思います。そのうち続きを書く予定です。

この記事は面白かったという意見も寄せていただけると嬉しいです。
ではこれからもよろしくお願いします。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 1 )