For English, check ABOUT ME below the CATOGORY on the right.
やじゅんのページ/The World according to YAJUN




弁護士で、元国家公務員です。
米国に約4年(ワシントンDCに2年、カリフォルニアに2年)住んでました。2005年4月に帰国しました。

「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。」(紀貫之@『土佐日記』)、あるいは「徒然なるままに日暮らし、心にうつりゆくよしなしことを、そこはかと無く書きつくれば、怪しうこそもの狂おしけれ。」(吉田兼好@『徒然草』)の心境で、日々思うことを書くことにしました(女性を装う趣味はありません)。

このページは、国際的な話がメイン・・・のはずでしたが、もはやよくわかりません(笑)。
歴史、思想、旅行記、映画、音楽、文学、漫画、スポーツなど、興味のある話題についてマイペースで書いてます。同じような関心をお持ちの方に楽しんでいただけたらうれしく思います。

最近はtwitterも始めました。フェイスブックもやっているので、リアル知人の方連絡下さい。

■ 1975年生。日本生まれ日本育ち。カリフォルニアでの留学、ワシントンDCでの勤務経験有り。唐沢寿明、福山雅治、速水もこみち、アンジャッシュの渡部建に似ているとの噂。あくまで噂です。私が自称しているわけではありません。

■ 趣味

○ 旅行:アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、北米、中南米、オセアニアの約65カ国を訪問、半年かけて飛行機を使わずにポルトガルまで渡航した経験あり。詳しくは「旅行」アーカイブをご覧下さい。国内自転車旅行。昔は一週間くらいかけて埼玉から青森や神戸まで行ってました。今は坂道があればすぐに自転車から降りて歩くほどのヘタレになりました。

○ 読書:歴史、思想・宗教、批評、文学、サイエンス、ノンフィクション、漫画(GANTZ、蒼天航路、火の鳥、風の谷のナウシカ、AKIRA、サイボーグ009、ガンダム、小池一夫、梶原一騎など)

○ 映画:古今東西問わず何でも見る。これまで見た数は約1,500本。歴史・社会との関わりを感じさせる作品、ディストピア的作品が好き。お気に入りの映画の例は「映画バトン:前編」「後編」をご覧下さい。

○ 音楽:古今東西問わず何でも聴く。クラシック(オペラ、バレエ含む)、ジャズ、ラテン(ボサ、キューバンジャズ、レゲエ等)、ソウル、エレクトロニカ、ケルト、アフロ・ビート、70年代頃の日本のロック、沖縄、80年代歌謡曲など。

○ お笑い:サバンナ、落語

○ スポーツ:ゴルフ、ダイビング、テニス、水泳、空手、適度な筋トレ・ランニング



○ スポーツ観戦:野球、サッカー、NBA、相撲

○ 語学:英語、スペイン語、中国語。英語はできますが(たまに英語に関する記事を書いてます)、他は初歩的なレベルです。

■ 好きな言葉

「老驥櫪に伏するも 志は千里に在り 烈士の暮年は 壮心已まず」(「歩出夏門行」魏武帝)

「霜は軍営に満ちて秋気清し 数行の過雁月三更 越山併せ得たり能州の景 遮莫家郷遠征を憶う」(「九月十三夜陣中の作」上杉謙信)

「鞭声粛々夜河を過る 暁に見る千兵の大牙を擁するを 遺恨なり十年一剣を磨き 流星光底長蛇を逸す」(頼山陽)

「衣の館はほころびにけり」「年を経し糸の乱れのくるしさに」(源義家/安倍貞任)

"Nothing is written." -- Thomas Edward Lawrence from "Lawrence of Arabia"

"When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again." -- Eric Dolphy from "Last Date"

"Only when man's life comes to its end in prosperity can one call that man happy." -- Aeschylus from "Agamemnon"

"abstulit clarum cita mors Achillem, longa Tithonum minuit senectus." -- Horace from "Odes"

"et in Arcadia ego." -- unknown

テーマソング

ブログ界を代表する替え歌の巨匠・・・みたいなさんに作っていただきました。元ネタは私の大好きな宇多田ヒカルの歌です。

■ 記事の閲覧

初めてここを訪れた方、過去の記事を閲覧したい方は、バックナンバー一覧をご利用下さい。ページ右上のCategoryにもリンクがあります。

■ Eメール

メールアドレスは yajunya(アットマークを入れて下さい)gmail.com を半角にしたものです。

■ 著名人でも何でもありません。一介の市井の人間ですので素性の詮索は無用です。このブログに出ている見解は全て私個人に属するものであり、私が所属する組織や関係者が記事に関する責任を負うことは一切ありません。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 1 )