老人の戯言

当年85歳になります。戦前戦後の経験語り部も居なくなります。貴重な経験を構成に残して今後の日本の発展を期待したい。

日米開戦75周年

2016-12-07 18:57:10 | 日記
明日12月8日は日米開戦75周年に当たる。当時小学校6年生であった私も米寿を迎え87歳になっている。
当時を語れる人は少なくなっているので、記録を残しておきたい。
①当日朝登校して、初めてハワイのパールハーバーを海軍の航空機が急襲したことを知った。当時テレビは勿論ラジオも各家庭にはなかった。我が家のラジオは壊れていたのである。
 この開戦はアメリカでは宣戦布告なしの不意打ちであると日本の卑怯を詰り、米国民は一致団結して、国力を一年かけて総結集して、ミドウェー海戦で大勝利を収め日本はその後敗戦に次ぐ敗戦でついにサイパン島も陥落し、東京大空襲や原爆投下までされ終戦に至ったのである。
②日本は当時のハル国務長官に宣戦布告の通知を前日に渡していたのに、米国の謀略で当日が日曜日であったのを理由に大統領に報告しなかったのである。米国も不況打開のために戦争しか答えがなかったのである。
③近く阿部総理がオバマ大統領とともにハワイを訪れ献花するそうである。基本的な違いはパールハーバーは軍港であり、東京大空襲や原爆の投下は無辜の国民を狙ったところである。戦争は軍隊同士の戦であり無辜の人民を殺戮することは国際条約で禁じられている。
 米国は戦争終結を早めて死傷者の数を減らしたと屁理屈で国内教育している。
④わたくしの生まれた1929年から世界的不況が始まり、これを鎮めるには戦争をする以外に手だてが無かったのが真相で、日本は国際連盟を脱退せざるを得ないくらい、制裁を喰らい石油は輸入できなくなり、武蔵、大和などの超ど級の戦艦は軍艦を持つ米英日の比率を5:5:3に抑えられていたからである。しかし燃料の石油が1年分もないように追い込まれては窮鼠猫を噛むのもやむをえなかったのである。米国もフーバーダム程度の公共投資では、あの大不況は超えられなかったのである。
⑤最近になり、グローバル化による貧富の格差増大に嫌気がさして、変化を求める大衆がトランプや比国大統領の出現を生み、自国優先主義に戻り、世界の警察から降りて、北朝鮮のように制裁で追い込まれている状態は75年前の世界情勢とよく似ている。
⑥日本は1945年に敗戦を受諾したのに、なぜか終戦といった曖昧な言葉で国体の維持を図ったのである。ceaze war /surrenderは全く別の意味である。
⑦戦争に負け軍需産業が民需に転換し、技術士官も皆民需に専心したので、日本は戦争に負けて経済では米国に勝ったために、米国のポテンシャルが落ち
モンロー主義が見直されているのである。米国はいくらトランプ氏が頑張っても二次産業が米国で再び花を咲くことはありえない。
 ただ4.5次産業と言われるソフト産業では米国が断然一位であり、日本は基礎教育や教える先生から育てなければならない。
⑧プーチン大統領と阿部首相が個人的に幾ら仲良くなっても、四島返還問題は別次元の話である。こそ泥のように日本の敗戦が決まってから、日ソ不可侵条約を一方的にやぶり、散々な目にあった我々世代はシベリヤの共同開発などとても考えられない。天然ガスや電力やシベリア鉄道が北海道まで延長など、売国行為である。5%以上のエネルギをある日突然遮断されたら、日本全体は大停電になるのである。阿部さんがいくら旗を振っても民間がついてこないのは当然である。
日米開戦もすでに歴史の一齣になりつつある。現役や若い世代の方々は良く複眼的に歴史を見据えて日本の将来を決めて、いまこそしゃかりきには足らなければ、日本は世界一超老人国に成り下がるのみである。それでは情けない。
阿部・オバマ のハワイ会談は退陣後のゴルフの話くらいしか無いであろう。
JUNTARO
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七不思議 | トップ | 福島原発廃炉、賠償費用は米... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怒っていますね (jinn-news)
2016-12-07 22:55:17
鋭い指摘ばかりですね。真珠湾に慰霊に安倍が行くことで、メディアが大騒ぎですね。オバマから是非とも来いと、言われたのでしょう。原爆の使者と真珠湾の死者を比べて欲しいです。それにしても、絶対に勝てない戦争をやったのは、愚かでした。安倍は真珠湾に行く前に、国民に謝罪すべきです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事