Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

キキョウ

2007-08-31 | 写真
キキョウ(桔梗)=【Platycodon grandiflorum



キキョウ科キキョウ属

生活型:多年草

わが国の各地をはじめ
朝鮮半島や中国北部に分布しています。
日当たりのよい草地に生え
高さは50~100センチになります。
古くは「アサガオ」と呼ばれていたそうで
山上憶良の歌

 朝顔は朝露負ひて咲くといえど
 夕影にこそ咲き増さりけり

にも登場している朝顔は桔梗であると推測されています。
お屠蘇の材料や
乾燥した根を桔梗根(ききょうこん)と呼び
たん去りの妙薬として利用されています。

英名は Baloon flower

Dscn3449_2




後拾遺和歌集  秋歌

あさがほをよめる
                和泉式部
317
 ありとてもたのむべきかは
 世の中をしらする物は朝がほの花




こちらで詠まれている「朝がほの花」は
当てにならない象徴みたいなので
昼には萎んでしまう
現代のアサガオのようです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンパスグラス

2007-08-30 | 写真
パンパスグラス (白銀葭) =【Cortaderia argentea


イネ科コルタデリア属

生活型:多年草

南アメリカが原産です。
広大なパンパスの平原に大群落を形成しています。
わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。
8月から10月ごろ
長さ2~3メートルの花茎をだして
銀白色の花穂をつけます。
別名は「しろがねよし(白銀葭)」ですが
「しろすすき(白薄)」とも呼ばれるようです。

英名は Pampas grass

Dscn3464








玉葉和歌集  秋歌
                    永福門院
528
 尾花のみ庭になびきて
 秋風のひびきは峯の梢にぞきく




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野:国立科学博物館

2007-08-29 | まち歩き
上野にある
国立科学博物館
改装が終わったので
久しぶりに
覗いてみました。


Dscn3458
             昔からのおなじみ
        実物大のシロナガスクジラのモニュメント


建設当初からのステンドグラスが
きれいです。


Dscn3453
          日本館(本館)中央ホール中央部

Dscn3456_1
            日本館中央ホール東壁

Dscn3457_1
            日本館南階段ホール天井


化粧直しが終わった建物の見物のほかに
覗いた目的はこれ(↓)でした。

インカ、マヤ、アステカ
といっても
どれがどこのいつの時代だか
分からないままの入場で
夏休みの大混雑というのもありまして
あれまあれま
という間に
出てきちゃいました。

人身御供の習慣だとか
スペインに滅ぼされちゃう末期とか
なんだか
つらい文明だな・・・・・

Scan10088

インカでは
文字がない
とか
繩の結び目で記録した
とか
習った覚えがありましたが
マヤには
象形文字があったとか。
「バカス」が単語が「最高」という意味なのを
覚えたのが収穫です
あはは
あはは




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夕暮

2007-08-28 | まち歩き
Dscn3445


さすがに
朝夕は
風が涼しく
なりました。




新古今和歌集 巻第四 秋歌上

題しらず
                   小野小町
312
 吹きむすぶ風はむかしの秋ながら
 ありしにも似ぬ袖の露かな




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハマユウ

2007-08-27 | 写真
ハマユウ(浜木綿)=【Crinum asiaticum var.japonicum


ユリ科ハマオモト属

生活型:常緑多年草

わが国の本州、関東地方以西から、四国、九州に分布しています。
海辺に生え、高さは50~80センチになります。
帯状の大きな葉を広げます。
7月から9月ごろ、太い花茎を伸ばして、白い花を咲かせます。
花には芳香があり
別名で「ハマオモト (浜万年青) 」とも呼ばれます。

英名はありません。



Dscn3370


Dscn3178_1
             ハマユウの花芽

Dscn3371
             ハマユウの結実
       実が重いのか地面に倒れ込んでます





俊成卿女集補遺

海辺秋月
              藤原俊成卿女

 波のうへはちさとのほかに雲さえて
 月かげかよふ秋のしほ風




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラシノキ

2007-08-26 | 写真
ブラシノキ=【Callistemon speciosus


フトモモ科ブラシノキ属

生活型:常緑中低木

原産地はオーストラリアです。
明治中期に渡来し、暖地で栽培されています。
実は、枝にリング状にずらっとついて並びます。
翌年の花はその上部に咲き、実は次々と何年も残ります。
花のあとにつく実は、その後もずっと大きくなりつづけ
7~8年は枝についていて発芽能力も持ち続けます。
もともと乾燥地が原産地のため、
極端な乾燥や山火事のときに破裂するように実が開き、
中の細かい種子が風に飛んで散布されるというしくみです。
真っ赤なブラシのように見えるのは、雄しべと雌しべです。
初夏と、同じような気候になる秋にも花を咲かせます。
和名は、花がビン洗いのブラシにそっくりなところから。
別名で「きんぽうじゅ(錦宝樹)」とも呼ばれます。

英名は Scarlet bottlebrush

Dscn3308
         立秋以降に咲きはじめました

Dscn3309




式子内親王集  秋歌
                式子内親王

 秋きぬと荻の葉風のつげしより
 思ひしことのただならぬ暮




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キクイモ

2007-08-25 | 写真
キクイモ(菊芋)=【Helianthus tuberosus


キク科ヒマワリ属

生活型:多年草

アメリカ中部のグレートプレーンズ(Great Plaines)が原産です。
わが国へは江戸時代の末期に渡来しました。
塊茎にはイヌリンが含まれるため
果糖やアルコールの原料、家畜の飼料として
世界各地で栽培されています。
わが国では現在、ほとんど栽培されていませんが
野生化してあちらこちらで見られます。
高さは1.5~3メートルになり
7月から10月ごろ
黄色い花を咲かせます。

英名は Jerusalem artichoke


Dscn3362_1


Dscn3361




山家心中集  恋歌
                西行法師

 夏草のしげりのみゆく思ひかな
 待たるる秋のあはれしられて




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空蝉

2007-08-24 | 写真
これは
アブラゼミ(油蝉)=【Graptopsaltria nigrofuscata
カメムシ目(半翅目)ヨコバイ亜目(同翅亜目)セミ科
の抜け殻でしょう。


<以下は大辞林から引用>

《「うつしおみ」が「うつそみ」を経て音変化したもの》

1 この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。
・ 「いにしへもしかにあれこそうつせみも妻を争ふらしき」〈万・一三〉

2 《「空蝉」「虚蝉」などの字を当てたところから》蝉の抜け殻。
 また、蝉。《季 夏》「空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ/誓子」


<引用終わり>


ふむふむ
せみの抜け殻
というのは
第二義だったのね。



Dscn3399
         空蝉の身をかへてける木(こ)のもとに
          なほ人がらのなつかしきかな
            〈源氏物語・空蝉〉










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネムノキ

2007-08-24 | 写真
ネムノキ(合歓木) =【Albizia julibrissin


ネムノキ科ネムノキ属

生活型:落葉高木

わが国の本州から四国・九州、
それに朝鮮半島や中国、南アジアに分布しています。
河岸や原野に生え、高さは10メートルほどになります。
葉は2回偶数羽状複葉で、夜になると閉じます。
名前もこの「眠の木」から。
6月から7月ごろ
枝先に淡紅色の花が10~20個集まって咲きます。
花弁は小さく、雄しべが長く突き出して目立ちます。

英名は Mimosa

Dscn3378
              これは実の写真

花の写真は
こちら



拾遺愚草  夏歌
             藤原定家

 うつり香の身にしむばかり契るとて
 扇の風の行へたづねば




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セイヨウフウチョウソウ

2007-08-23 | 写真
セイヨウフウチョウソウ (西洋風蝶草)=【Cleome spinosa


フウチョウソウ科フウチョウソウ属

生活型:一年草

南アメリカが原産です。
高さは1メートルほどになります。
葉は掌状複葉で葉柄があり互生します。
小葉は長楕円形です。
7月から10月ごろ
茎の先の総状花序に白色やピンク
紅紫色の花を咲かせます。

英名は Spider flower


Dscn3433_1




詞花和歌集  秋歌

題しらず
            和泉式部
109
 秋吹くはいかなる色の風なれば
 身にしむばかりあはれなるらん






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モミジアオイ

2007-08-22 | 写真
モミジアオイ(紅葉葵)=【Hibiscus caccineus



アオイ科フヨウ属の多年草

北アメリカの東部が原産です。
沼や湿原に自生しています。
高さは1~2メートルほどになり
8月から9月ごろ大輪の真紅の花を咲かせます。
太い根茎で越冬します。
名前は、葉が「モミジ」のように深く3~5裂して
「アオイ」の仲間ということから。

英名は Scarlet rose mallow


Dscn3415_1




新古今和歌集 巻第四 秋歌

百首歌奉りし時
               二条院讃岐
540
 散りかかる紅葉の色はふかけれど
 渡ればにごる山川の水





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝法院の鳩

2007-08-21 | まち歩き
東京浅草の
伝法院通りにあった
天水桶。

Dscn3440_1

そこに面白い意匠。

Dscn3443
         実際には天水桶に模したガスメーターの
             カバーの覗き窓の蓋



伝法院の「伝」の字が
餌をついばんでいるのか
何か悪だくみを相談しているのか
浅草寺につきものの
一群の鳩の絵で
書いてある
あはは
あはは





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キョウチクトウ

2007-08-21 | 写真
キョウチクトウ(夾竹桃)=【Nerium indicum


キョウチクトウ科キョウチクトウ属

生活型:常緑低木

インドから地中海沿岸にかけてが原産です。
わが国へは江戸時代に渡来しました。
高さは4~5メートルほどになり
厚い皮質の葉を3枚ずつ輪生させます。
夏の間じゅう
枝の先に集散花序をだして
紅色の花を咲かせ続けます。
花色はピンクや白色もあります。
葉や樹皮には強心成分が含まれるため
食べると嘔吐や目眩、下痢などを起こします。
潮風に強いので
海岸沿いによく植栽されます。

英名は Oleander, Rose laurel



Dscn3384_1
              これは白花

Dscn3380
        キョウチクトウは一重の白花が好きです

Dscn3381_1




三百六十番歌合  秋歌
               式子内親王

 夕まぐれそこはかとなき空にただ
 あはれを秋の見せけるものを




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オトコエシ

2007-08-20 | 写真
オトコエシ(男郎花)=【Patrinia villosa


オミナエシ科オミナエシ属

生活型:多年草

わが国の各地をはじめ朝鮮半島や中国に分布しています。
山地の草原や道ばたなどに生え
高さは1メートルほどになります。
茎には全体に毛が多く
葉は羽状に深裂したり、分裂しないものがあります。
8月から10月ごろ
茎の上部で分枝して
小さな白い花をいっぱいに咲かせます。
名前は、「オミナエシ(女郎花)」と対でつけられたもので
男性的で強壮な感じがすることから。
果実には丸い団扇のような翼があります。

英名はありません。


Dscn3385




新古今和歌集 巻第四 秋歌上

題しらず
               小野小町
336
 たれをかもまつちの山の女郎花
 秋とちぎれる人ぞあるらし

               藤原元真
337
 女郎花野辺のふるさとおもひ出でて
 宿りし虫の声や恋しき


おとこえしの歌がないのが残念です
あはは
あはは




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒガンバナ

2007-08-19 | 写真
ヒガンバナ(彼岸花)=【Lycoris radiata



ユリ科ヒガンバナ属

生活型:多年草

中国南部の長江下流域が原産です。
わが国へは「イネ」が伝わった縄文晩期に渡来しました。
今では秋田・岩手県以南から
沖縄まで広く分布しています。
ただ北日本には少ないそうです。
鱗茎にはデンプンが含まれ食用にもなりますが
アルカロイドが含まれるため
十分に水に晒すことが必要です。
昔は飢饉に備えて
堤防や田んぼのあぜ道などに植えられました。
名前は、秋のお彼岸のころに咲くことから。
別名で「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」とも呼ばれます。
線形の葉は
花の後にでて束生しますが
翌春になると枯れてしまいます。
花と葉を同時に見ることはできません。
このことから
「花は葉を思い、葉は花を思う」という意味をこめて
韓国では「サンチョ(相思華)」と呼んでいます。

英名は Red spider lily, Hurricane lily

Dscn3337




続後撰和歌集  秋歌
               藤原定家朝臣
248
 秋とだに吹きあへぬ風に色かはる
 生田の杜の露の下草




コメント
この記事をはてなブックマークに追加