Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

カモ

2005-12-31 | 写真
Dscn2861


カモは
ばらばらの方向を向いていますが
なぜ
ひとっところに
固まっているのでしょう。

訊けるものなら
訊いてみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(13)

2005-12-31 | 写真
この花は何でしょう。


Dscn2875


古今和歌集 巻第六 冬歌

歌たてまつれとおほせられし時に
よみてたてまつれる
               紀つらゆき

ゆく年の惜しくもあるかな
ます鏡みる影さへにくれぬと思へば


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事納め

2005-12-30 | まち歩き
勤め先での仕事納めで
軽く飲ったあと
月島へ。

Dscn3008

もんじゃ
なんて18年振りですが
結構いけました。

めんたいと
もちに
チーズのトッピング
というのが一番だったかな。

Dscn3017

そのあとは
茅場町のバーで
ぐだぐだと・・・・

下町めぐりですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(12)

2005-12-30 | 写真
ビオラ(Viola)=【Viola】

Dscn2873

古今和歌集 巻第十七 雑歌上

妻のおとうとをもて侍りける人に
袍(うへのきぬ)をおくるとて
よみてやりける
               なりひらの朝臣

むらさきの色こき時は
目もはるに野なる草木ぞわかれざりける



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カモメ

2005-12-29 | 写真
Dscn2859


カモメは
なぜ
てんでばらばらの方向を
向かないで
同じ方向ばかり
向いているのでしょうか。

訊けるものなら
訊いてみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(11)

2005-12-29 | 写真
パンジー(三色菫)=【Viola】

Dscn2879


古今和歌集 巻第六 冬歌

年のはてによめる
            はるみちのつらき

昨日といひけふとくらして
あすか川
流れて速き月日なりけり


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tokyo Millenario

2005-12-28 | インポート
Dscn2994_1

Kさん(たかちゃん)と
三男Shueが
今年で終わりでっせと
そそのかすものですから(←口実です)
東京ミレナリオ見物。


Dscn29951_1

それにしても
 おじさん
 毎晩遊び歩いていて
 いいのかい
と心配になりますが
 ええぃうるせぇ
 老い先短けぇこのからだ
 何をしようが
 大した変わりはねぇってことよ
と居直っております。


Dscn3004_1

ところが行って見て驚いた。

2005年12月27日午後8時で
一目3万人の見物人
警備の人も5百人。

見物の後丸の内で一杯やって
という目論見はもろくも崩れ
肩を落として人ごみの中を
冬の夜風に吹かれて家路をたどる
ハメになりぬる師走つごもり。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(10)

2005-12-28 | 写真
ツバキ(椿)=【Camellia japonica】

Dscn2843

古今和歌集 巻第六 冬歌

年のはてによめる
            在原もとかた

あらたまの年の終はりになるごとに
雪もわが身もふりまさりつつ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京芸術劇場

2005-12-27 | アート・文化
Dscn2991

暇で困っている
不良おじさんは
赤坂更科でそばをかっ込んだ後
今夜は芝居見物。

場所は池袋
東京芸術劇場
中ホール。

出し物は
「竜馬の妻とその夫と愛人」
劇団東京ボードビルショー第60回公演
脚本    三谷幸喜
演出    山田和也

Dscn2993

あめくみちこ
のおりょうが
チャーミング。

夫である松兵衛の役は
驚くなかれトリプルキャストなのですが
この日は山口良一が快演。
平田満の松兵衛も見てみたいです。

北辰一刀流の免許皆伝であった竜馬が
なぜむざむざ暗殺されてしまったか
その理由が
最後にあきらかに・・・・

あはははは

笑える芝居でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(9)

2005-12-27 | 写真
フウセントウワタ(風船唐綿)=【Gomphocarpus fruticosus】 の実

南アフリカ原産
晩秋になると、実がカパッと割れ、
中から綿毛とタネが出てくるらしい。

Dscn2876

古今和歌集 巻第六 冬歌

雪のふりけるをよみける
               きよはらのふかやぶ

冬ながら空より花のちりくるは
雲のあなたは春にやあるらむ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の空(3)

2005-12-26 | 写真
Dscn2856


初夏の若葉もいいですが
葉がすっかり落ちた
冬の落葉樹のシルエットも
なかなか素敵です。

みわたして
はなももみじもなかりせば
うきゆくくもに
おもひたくさむ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(8)

2005-12-26 | 写真
クチナシ(梔子)=【Gardenia jasminoides】 の実

Dscn2871


古今和歌集 巻第十五 恋歌五

                坂上これのり

あふ事を長柄(ながら)の橋の
長らへて恋ひわたるまに
年ぞへにける


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の空(2)

2005-12-25 | 写真
Dscn28651


建物の軒にとまってお尻を向けているのは
カモメです。
一羽の例外もなく
みんな
何もしないで
傾きかけた太陽の方を向いています。

暇そうですね。

そういう奴らを眺めて
写真を撮ったりしている
私も暇ですが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の花(7)

2005-12-25 | 写真
ノースポール(North pole)=【Chrysanthemum】

Dscn2874


古今和歌集 巻五 秋歌下

世の中のはかなきことを思ひけるをりに
菊の花をみてよみける
               つらゆき

秋の菊にほふかぎりはかざしてん
花よりさきと知らぬわが身を

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の空(1)

2005-12-24 | 写真
Dscn2852


日本各地で
天候は荒れ模様。
記録的な積雪が
あちらこちらで報じられる中
関東だけは
なぜかのんびりと小春日和。

なにか申し訳ないような・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加