Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

応仁の乱

2017-04-21 | 本と雑誌

応仁の乱について何にも知らなかったので

こんな本を読みました

あはは

あはは

 

 

 

 

値段だけ集計すればあんまりお金はかかっていません。

購入してから塩漬け期間が長くて読みおわるのに時間がかかってます。

 

この三冊のうち

最初の内藤湖南で概要を把握して

それから二番目の水野大樹の本を読むのがいいですね。

三番目はいらない

あはは

あはは

 

これを読んででわかったつもりの応仁の乱の本質は

「足軽の乱暴狼藉」という具体的な行動が象徴する「下克上」でした。

現代でも同じことが起こっているのではないかなとも思いました。

 

えっ?

何のことかって?

そりゃあなた

不安倍増の日本とか

不動産屋西洋カルタの米国とか

遠心力が効いて分解しそうな欧州とか

理念や知性を蹂躙する「足軽の乱暴狼藉」が花盛りでは

 あ~りませんか (C) by チャーリー浜

あはは

あはは

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナショウブ | トップ | Ramen evviva (3++041) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。