Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

黄金のアフガニスタン@東京国立博物館 表慶館

2016-05-13 | アート・文化

2016年4月12日から6月19日まで

東京上野の東京国立博物館 表慶館で

 特別展

 黄金のアフガニスタン

 ~守りぬかれたシルクロードの秘宝~

 Hidden Treasures from The National Museum. Kabul

が開催されています。

 

(E-P3 with Lumix G 20/1.7)

 

 

上野公園は久しぶりのいい天気で平日にもかかわらず随分な人出でしたが

この展覧会は少し地味だからかあまり人気がありませんでした

あは

あは

 

 

 

 

構成は以下の5章立てでした:

 第1章 テペ・フロール メソポタミア文明とインダス文明をつなぐ謎の遺跡

 第2章 アイ・ハヌム アレクサンドロス大王の東征によって生まれたギリシア都市

 第3章 ティリア・テペ 遊牧民の王族が眠る黄金の丘

 第4章 べグラム シルクロードの秘宝が集まったクシャーン朝の夏の都

 第5章 アフガニスタン流出文化財

 

出品点数は小さな装飾品がふくまれるため246点とかなりの数です。

目録はここをご参照下さい。

観覧料金は一般当日券で1,400円

第3章が本展の眼目ですが展示品はかなり小さいので

近接望遠鏡ないしはルーペ必携です。

評価は

 ☆☆☆★★

と少し辛めです。

その理由は

展示品は素晴らしいものですがアフガニスタン独自の文化ではなく

辺境に及んだギリシャ、エジプト、インドの文明の遺物といった感じであったところかな

あは

あは

 

新古今和歌集  巻第十  羇旅歌

   題しらず

紀貫之

906

 白雲の

 たなびき渡る

 あしびきの

 山のかけはし

 今日や越えなむ

撮影場所:東京上野

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄金のアフガニスタン出品目録 | トップ | またトンカツ食べ始めました »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ささ木)
2016-05-13 06:52:12
このはくぶつかんいっぺにきたい・・てんじぶつよりたてものがきになります
表慶館 (じゅんた)
2016-05-13 10:20:51
ささ木さん
こんにちは
この建物は赤坂の迎賓館も手がけた人の設計で
出来も似たところがあります
細かい見どころがいろいろあって楽しめますよ
あはは
あはは

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。