Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

シャセリオ―展@国立西洋美術館

2017-03-21 | アート・文化

2017年2月28日から5月28日まで

東京上野の国立西洋美術館で

 シャセリオ―展

 19世紀フランス・ロマン主義の異才

 Theodore Chasseriau

 Parfum Exotique

が開催されています。

 

(E-P3 with Lumix G 20/1.7)

 

シャセリオ―(Théodore Chassériau 1819-1856)

11歳で巨匠アングルに入門を許され

37歳で早世したフランスの画家です。

 

 

 

構成は以下の5章立てです:

 

1|アングルのアトリエからイタリア旅行まで

2|ロマン主義へ―文学と演劇

3|画家を取り巻く人々

4|東方の光

5|建築装飾―寓意と宗教主題

 

出展作品リストについては次エントリーをご参照下さい。

 

出展作品数は103点と多くはありません。

シャセリオ―自身の作品は約50点

油彩に限れば20点ほどでした。

しかしそれは

シャセリオ―の天才を感じさせる素晴らしい作品でした。

 

 例えばアリス・オジーをモデルにした

《泉のほとりで眠るニンフ 1850》

 

これまで知らなかった画家ですが

この人すごいです。

なので評価は

 ☆☆☆☆☆

の満点でございます。

もう一度見に行こうと思っていますか?

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第八  哀傷歌

   彌生の頃

   人におくれて嘆きける人のもとへ遣はしける

成尋法師

762

 花ざくら

 まだ盛りにて

 散りにけむ

 なげきのもとを

 思ひこそやれ

撮影場所:東京上野

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャセリオ―展 出展作品リスト | トップ | Ramen evviva (3++020) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。