Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

ゴイサギ

2017-02-16 | 動物 写真 2016

行徳野鳥の楽園の餌場に珍しくゴイサギがいましたよ

あはは

あはは

 

自分の羽毛を咥えています

 

 

半眼になっていて眠そうです

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


このサギは五位の位官を賜っているので

昇殿がゆるされる殿上人(鳥)なのです

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第一  春歌上

   題しらず

中納言家持

85

 行かむ人

 来む人しのべ

 春がすみ

 立田の山の

 はつざくら花

撮影場所:行徳野鳥の楽園

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Memorable Birds of the Year 2016

2016-12-31 | 動物 写真 2016

今年2016年撮った写真のなかで

記憶に残る鳥たちはこいつらです

あはは

あはは

 

ジョウビタキ♂

 

ウソ♂

 

オオタカ

 

オシドリ♀

 

カイツブリ親子

 

キレンジャク♀

 

キジ♂

 

キセキレイ

 

チュウシャクシギ

 

ホウロクシギ

 

ヤマガラ

 

今年きみたちに会えてよかたよ。

来年も会えたらいいね。

よろぴくね

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第六  冬歌

   千五百番歌合に

皇太后宮大夫俊成

706

 今日ごとに

 今日や限りと

 惜しめども

 又も今年に

 逢ひにけるかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トビ

2016-12-30 | 動物 写真 2016

トビが飛んでました

あはは

あはは

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


トビは東なぎさの上空を4~5羽の群れが旋回していました。

下の写真で

右下に見える丘は中央防波堤埋立処分場

中央に見えるのは羽田空港の管制塔です

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   五十首歌奉りし時

寂蓮法師

599

 たえだえに

 里わく月の

 ひかりかな

 時雨をおくる

 夜半のむら雲

撮影場所:葛西臨海公園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカハラ♂

2016-12-29 | 動物 写真 2016

アカハラの♂がいましたよ

あはは

あはは

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


白い金網があったので白いボケが入ってますが

なかなか男前の鳥ですね。

調べてみたらアカハラの♀の写真は昨年暮れにエントリーしていました

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   題しらず

源泰光

596

 さだめなく

 しぐるる空の

 叢雲に

 いくたび同じ

 月を待つらむ

撮影場所:葛西臨海公園

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メジロ

2016-12-28 | 動物 写真 2016

ウグイスはいないので

(いるけど恥ずかしがりで写真に映ってくれません)

メジロを見立てにして下さい

あはは

あはは

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


露出不足で暗いけど

なんとかメジロだと分かると思います。

なにせ目の周りが白いからな

あはは

あはは

撮影場所:葛西臨海公園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オナガ

2016-12-27 | 動物 写真 2016

オナガもいました

あはは

あはは

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


こいつもいたのはちょっとだけ

すぐに何処かに行きました

あは

あは

撮影場所:行徳野鳥の楽園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョウビタキ♂

2016-12-27 | 動物 写真 2016

こんどはジョウビタキの♂くんに遭遇しました

あはは

あはは

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


川堤の手すりにちょっととまって

すぐに何処かに行きました。

最近のジョウビタキさんはオスもメスも愛想なしです

あは

あは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   題しらず

宜秋門院丹後

593

 吹きはらふ

 嵐の後の

 高嶺より

 木の葉くもらで

 月や出づらむ

撮影場所:行徳野鳥の楽園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バン

2016-12-26 | 動物 写真 2016

いつものバンがいましたよ

あはは

あはは

 

 

手前にいるのはオオバンです

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


ここには兄弟と思われる二羽がいるのですが

二羽が一緒にいることはなく

いつもオオバンの群れに別々に紛れています。

自分がバンであることの自覚が(まだ幼鳥なので)できていないのかも・・・

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   題しらず

中務卿具平親王

592

 もみぢ葉を

 なに惜しみけむ

 木の間より

 漏りくる月は

 今宵こそ見れ

撮影場所:行徳野鳥

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミ♀

2016-12-25 | 動物 写真 2016

カワセミの♀もいましたよ

あはは

あはは

 

遠くから一枚

 

回り込んで近づいてもう一枚

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


ここのカワセミは雄雌二羽のようです。

繁殖期ではないからだと思いますが

縄張りは別々みたいです

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   題しらず

源信明(さねあきら)朝臣

591

 ほのぼのと

 有明の月の

 月影に

 紅葉吹きおろす

 山おろしの風

撮影場所:行徳野鳥の楽園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コガモ♂

2016-12-24 | 動物 写真 2016

コガモの♂がいましたよ

あはは

あはは

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


頻繁に水中に頭を突っ込んで採餌をしているところを

頭を上げた瞬間に撮った写真です。

なので水がしたたるいい男

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   千五百番歌合に

   冬歌

二条院讃岐

550

 世にふるは

 苦しきものを

 まきの屋に

 やすくも過ぐる

 初時雨かな

撮影場所:行徳野鳥の楽園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミ♂

2016-12-23 | 動物 写真 2016

ジョウビタキの♀さんがいなくなったら

入れ替わりにカワセミの♂くんが現れました

あはは

あはは

 

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


この個体は先日撮影したのと同じかな

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

   百首歌奉りし時

入道左大臣

589

 まきの屋に

 時雨の音の

 かはるかな

 紅葉や深く

 散り積もるらむ

撮影場所:行徳野鳥の楽園



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョウビタキ♀

2016-12-22 | 動物 写真 2016

ジョウビタキの♀さんがいましたよ

あはは

あはは

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


いっとき姿を見せてくれただけで

このあとすぐ草むらに隠れてしまう愛想なし

あはは

あはは

撮影場所:行徳野鳥の楽園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トビ

2016-12-22 | 動物 写真 2016

トビが飛んでました

あはは

あはは

 

 

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


下に油揚げでも落ちていたのか

かなり長い時間同じところで旋回していました。

千回は回っていないと思いますが・・・・

あはは

あはは


新古今和歌集  巻第六  冬歌

  題しらず

俊恵法師

588

 み吉野の

 山かき曇り

 雪ふれば

 ふもとの里は

 うちしぐれつつ

撮影場所:葛西臨海公園

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒヨドリ

2016-12-21 | 動物 写真 2016

ヒヨドリがまた水を飲んでました

あはは

あはは

 

(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)


気をつけて見ていると

ヒヨドリは結構水を飲みますね。

木の実がかり食べてるから口の中がパサパサになるのかしらん

あはは

あはは

撮影場所:行徳野鳥の楽園


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオタカ

2016-12-21 | 動物 写真 2016

またオオタカがいましたよ

あはは

あはは

 

下の池の擬岩から撮影

 

ウオッチングセンター2階から撮影

(E-M5 with MZD 12-40/2.8 PRO)


この間撮影した個体と同じであろうと思います。

いかんせんどちらも距離が50m以上あるので

この程度に撮るのが精一杯でした

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第六  冬歌

   千五百番歌合に

   冬歌

源具親

587

 今はまた

 散らでもまがふ

 時雨かな

 ひとりふりゆく

 庭の松風

撮影場所:葛西臨海公園

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加