Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

Cadillac Records

2017-03-05 | 映画

こんな映画を見ましたよ。

題名は

 Cadillac Records

私の麺道師匠でなおかつブルース師匠である Ikasasikuy さんのお薦めです

あはは

あはは

 

(E-M5 with MZD 12-40/2.8 PRO)


お話は要約するとこうですね:

Rise and Fall of a Record Label named CHESS RECORDS established by Chess brothers in Chicago 

weaved by such Blues Musicians as Muddy Waters, Little Walter, Holin' Wolf and Etta James

英語で云わんでもという声もありますが

でてくる人の名前が日本語では書きにくいので仕方がない。

 

この映画を観ると

―ブルースの歴史

―ブルース界の大立者

について一通りの理解が得られます(100%かどうかは観る人次第ですけどね)

併せて

―商業音楽の背景

―黒人差別を超える音楽

―ブルースからロックンロールへの変遷

なんかについても

よくまとまっているのではないかな?

なんてえらそに云うてますが

ここに謹んでこの映画をご紹介頂いた師匠にあつく御礼申し上げます。

ありがとうございました

あはは

あはは

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍三と七人の子分たち

2015-05-04 | 映画

北野武監督作品

 龍三と七人の子分たち

が大ヒット上映中!(オフィス北野調べ)なので観に行きました。

映画館のポスターには

 金無し、先無し、怖いモノ無し!

 俺たちに明日なんかいらない!!

 ジジイが最高!!

なんて書いてある。

かく云う私も先がない老人なのでシニア料金1,100円)でOKさ

あはは

あはは

俺達に明日はないというキャッチの洋画があったけど・・・・

あは

あは

 

 

 くすぐりが沢山あったので

とちう眠り込むこともなく

最後まで観ることができました。

殴りこみに行った先の京浜連合の事務所で

早撃ちのマック(品川徹)が啖呵をきる都度

京浜連合の若いもんが間の手を入れる場面が

ビートたけしきよしのボケとツッコミを彷彿とさせて

よかた

よかた

なので評価は

 ☆☆☆☆★

最後の★は最後に気づいてしまった脚本の瑕疵

それは何か?

知りたかったら不精せんと観に行ってやりなはれ

あはは

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴジラ

2014-07-26 | 映画
ゴジラ
日本で第一作が上映されて
今年で60年になるんだとか・・・・


Om541627

           国立歴史民俗博物館のゴジラ

         (E-M5 with MZD 14-42/3.5-5.6 EZ)

そういへば
9歳年上の叔父に連れられて
名古屋池下の映画館で
その白黒の第一作を観た覚えがあります。

最後は
海中で泡がブクブクしてお終いだったかな?

ハリウッド版の新作も
また公開されるそうですが
観ないだろーなー

あはは
あはは






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テルマエ・ロマエⅡ

2014-05-12 | 映画
5月の連休ちうに
映画を観に行きました。

場所はここ↓

P3077286

シニア料金は
消費税5%だった4月以前には
1,000円でしたが
消費税が8%になったからか
1,100円になってました。

上げ杉では

 ないかな? (C) by 桂枝雀


観たのはこれ↓

     P30772901_2

          4月26日《よい風呂の日》に公開ですと
 


          (E-P3 with MZD 14-42/3.5-5.6 EZ)


漫画の実写版です。

◆ 阿部ちゃんの体の鍛え方がすごいのでびっくり

◆ 浪越徳治郎のそっくりさんがそっくりなのにはびっくり

◆ 白木みのると松島トモコが達者だったのもびっくり

◆ グラディエーター役で曙と琴欧洲がでてきたのにもびっくり

というのが
感想です

 そっ
 それだけかっ!?


あは
あは


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トニー滝谷

2013-09-17 | 映画
2013年9月16日月曜日
敬老の日で国民の休日でした。

台風18号が来てたので
中途になってたDVDの続きを観ました。

村上春樹の原作
「レキシントンの幽霊」という短編集の中の
短編「トニー滝谷」の映画化です。

2005年の市川準監督作品
主役の尾形イッセイと宮沢りえが
それぞれ二役を演じます。


Scan10121


Scan10122


Scan10123

           (画像はクリックで拡大します)

DVDの上映時間は75分なのに
見終わるのに
3ヶ月かかった
私とは相性が悪い作品でした。

なんだかね・・・

あは
あは




新古今和歌集  巻第十二  釈教歌

   維摩経十喩中に
   此身如夢といへるこころを
                      赤染衛門
1973

 夢や夢

 現や夢と

 わかぬかな

 いかなる世にか

 覚めむとすらむ








コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

テルマエ・ロマエ

2012-05-06 | 映画
2012年の黄金週間に映画を観ました。

観たのはこれ↓

Photo

               公式HPへのリンクはここ

             (画像はクリックで拡大します)


映画館(ていう言い方は昭和かな?)の前には
主演の阿部 寛さんの実物大パネル↓が置いてありました。

P5025250

           (E-P3 with Lumix G 20/1.7)

上の写真の左で案内されている先着100名へのプレゼントがこれ↓

Scan10030_2


Scan10031_2

Scan10032_2



Scan10033_2


Scan10034_2


Scan10035_2


Scan10036_2


             (画像はクリックで拡大します)


話の筋や配役に興味のある方は
上の画像をクリックして下さい。

それで評価はというと
 ☆☆☆☆★

原作が漫画だから当然ですが
突拍子もない筋立てで
よくできたコメディーでございます。

★が一つついたのは
これ観て笑うのは日本人だけだろうというところ
 文化の違う外国の人から笑いをとるのは
 無理なのではないかな
といらぬ心配をしている
五月雨のころ
あはは
あはは








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

The American

2012-04-23 | 映画
2012年4月21日14:00から
WOWOWプレミアムで放映された映画を見ました。

邦題: ラスト・ターゲット
原題: The American
監督: Anton Corbijn
脚本・原作: Rowan Joffe (screenplay), Martin Booth (novel)
出演: George Clooney, Paolo Bonacelli and Violante Placido

2010年制作なのでそんなに古い映画ではありません。

Theamerican2010480x719



Storyline

Alone among assassins, Jack is a master craftsman. When a job in Sweden ends more harshly than expected for this American abroad, he vows to his contact Pavel that his next assignment will be his last. Jack reports to the Italian countryside, where he holes up in a small town and relishes being away from death for a spell. The assignment, as specified by a Belgian woman, Mathilde, is in the offing as a weapon is constructed. Surprising himself, Jack seeks out the friendship of local priest Father Benedetto and pursues romance with local woman Clara. But by stepping out of the shadows, Jack may be tempting fate.

 という筋だてでんがな
と後からネットで検索したら書いてあったのですが
映画を見てる限り
 なんのことやら
 さっぱりわからん
見終わっても
 ジョージ・クルーニーが
 あっちの姐さんにも
 こっちの娘さんにも
 モテモテなのは分かるけどな
 いったいぜんたい
 なんのはなしやら?
という素晴らしくもB級の下の下という出来栄え
なので評価は
 ☆★★★★
ジョージ・クルーニーが男前なので仕方なく
☆をひとつ上げました
あはは
あはは

 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jackie Chan 死す?

2011-03-29 | 映画
Jackie01
            クリックで拡大します

リンクはここ
早死にです。
残念・・・・






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日かあさん

2011-02-27 | 映画
映画を観ました。
毎日新聞連載の人気漫画
西原理恵子さん作
毎日かあさんの実写版。

01

キャストとスタッフは以下の通り:

キャスト
* サイバラ リエコ - 小泉今日子
* カモシダ ユタカ(夫) - 永瀬正敏
* ブンジ(長男、6歳) - 矢部光祐(子役)
* フミ(長女、4歳) - 小西舞優(子役)
* トシエ(祖母) - 正司照枝
* 愛ちゃん(アシスタント) - 田畑智子
* サイバラのママ友(←このママ友の苗字は穀物だな)
     * 麦田 - 鈴木砂羽
     * 粟田 - 柴田理恵
     * 稗田 - 北斗晶
     * 米田 - 安藤玉恵 
* シマダ(担当編集者) - 大森南朋
* ゴンゾ(友人で編集者) - 古田新太
* サイバラの兄 - 光石研
* カモシダに絡まれる母親 - 遠山景織子

スタッフ
* 監督 - 小林聖太郎
* エグゼクティブプロデューサー - 中尾哲郎、那須野哲弥
* 企画 - 青木竹彦、原公男
* プロデューサー - 瀬川治水、渡辺大介
* 脚本 - 真辺克彦
* 原作 - 西原理恵子(毎日新聞連載・毎日新聞社刊)

02

元夫婦の小泉今日子さんと永瀬正敏さんが共演することや
鴨志田さんに扮した永瀬正敏さんが
驚異的な減量したことで評判です。

泣けるところはいっぱいあります。
サイバラエリコに叱られたブンジ(兄)がフミ(妹)をかばうシーンで
 だんだん兄妹になっていく
というサイバラエリコのモノローグなんかで
私のスウィッチが入っちゃいました
あは
あは
なので評価は
☆☆☆☆★
最後の★は
途中サイバラが妊娠した姿で登場するのですが
 あれっ
 三人目が生まれるのかな?
と思ってしまうところ
時間が前後しているという説明が欲しかったので・・・
そこだけ少し残念だったです。
ともかく
よくできた映画で楽しいよ。
さあ
みんなで観に行こう
あはは
あはは





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武士の家計簿

2010-12-05 | 映画
2010年12月4日
映画「武士の家計簿」が封切りされた日に
新宿ピカデリーで観てきました。
2スクリーン同時上映で
かなり力が入っている感じです。

Bushi01

キャスト

堺雅人 仲間由紀恵 松坂慶子 西村雅彦 草笛光子 中村雅俊
伊藤祐輝 藤井美菜 嶋田久作 宮川一朗太 小木茂光 茂山千五郎

スタッフ

監督:森田芳光
原作:磯田道史『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮新書刊)

脚本:柏田道夫
エグゼクティブ・プロデューサー:飛田秀一 豊島雅郎 野田助嗣 原正人
企画・設計:Hara Office

企画協力:新潮社 プロデューサー:元持昌之 音楽:大島ミチル 撮影:沖村志宏 照明:渡辺三雄 録音:橋本文雄 編集:川島章正 美術:近藤成之

配給:アスミック・エース 松竹

助成:文化芸術振興費補助金

2010/カラー/ビスタ/ドルビーデジタル

ストーリーは開示されています。
ここ
をご覧下さい。

観客は
じいさんばあさんばっかりです。
自分はどうなんだという意見もある。

評価は
☆☆☆☆★
最後の★はなぜかというと・・・・

猪山家の家付き娘(松坂慶子)が執着してた友禅を
嫁(仲間由紀恵)が臨終間際に取り戻す場面:
10年以上前に手放した着物が
ずっと同じ金沢で店晒しになっているのはあり得ない。
なので減点しちゃいます。

でも全体の印象は
すんなり笑えて
少し泣ける
素直な映画でございます。
ぜひご覧ください
あはは
あはは


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マザーウォーター

2010-11-22 | 映画
2010年11月22日の月曜日
翌火曜日は勤労感謝の日なので
会社を休み
土日を入れて4連休


映画を観ました。

Motherwater01

オール京都ロケ
場所は
北白川疎水あたりとか
亀の飛石がある賀茂川とか
鞍馬とか・・・

Motherwater03

静かな映画です。

小泉今日子さんがやっている
喫茶店のコーヒーカップがたっぷりの大きさ
小林聡美さんがやっている
ウィスキーしか出さないバーの水割りグラスがたっぷりの大きさ
もたいまさこさんが晩酌で
ビールを注ぐタンブラーグラスがたっぷりの大きさ
なので評価は☆がたっぷりの
☆☆☆☆☆

甘いかな
でも
キョンキョンがかわいいからいいよね

 あしたへは
 ダイジなことだけもってゆく

っていう見切りの良さは女の人だからかも・・・・

 ああ
 そうだといいね
 そうなるよ
 おやすみなさい
 また明日
 あはは
 あはは



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スープ・オペラ

2010-10-10 | 映画
映画を観ました。

Soup_opera_01
Soup_opera_02
          主人公の「レオ」は坂井真紀さん
  
阿川佐和子さんが原作
瀧本智行さんの4作目の監督作品です。

Soup_opera_04
    「レオ」の育ての親、叔母の「トバ」は加賀まりこさん

Soup_opera_03_2
   絡みが「トニー」の藤竜也さんと
     「康介」の西島隆弘さん


うっかり者の私は
今日の今日まで
 坂井真紀さん

 酒井美紀さん
だと思ってました(爆)

ネタバレになるから筋立てはいえませんが
映画はほんのりと可笑しく哀しくて
評価をすれば
☆☆☆☆★
減点は
エンディングが少し寂しいから・・・・
だって
みんな居なくなってしまうんだもの(ToT)

200人くらい入る小屋でしたが
観客は私を含めて4名でした。
9時20分の上映開始は早かったかもしれませんが
それにしても
あまりに閑散としてました。
上映打ち切りになっちゃうかもね。
いい映画なんだけどなぁ・・・
関係者の皆さん
これに懲りずに
まだまだ、またまた
ばんがってね
あはははは

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SALT

2010-08-01 | 映画
また
映画です。

Angelina Jolie 主演の
SALT
2010年6月1日封切りでした。

SALT というのは
女主人公の役名
Evlyn Salt から来ています。

Salt01
    映画の終盤では役作りのため随分身体を絞ったみたい
              頬がこけ気味です

この映画の
Angelina Jolie
強いのなんの
車がぶつかろうが
エレベーターシャフトを滑り降りようが
拳銃で撃たれようが
ヘリコプターから飛び降りようが
不死身です。

あんまり強いので
評価は
☆☆☆☆★

★は
筋立てが
難しすぎて説明しきれないところです。
ネタばれにならなくて
丁度いいんでないかい
あはは
あはは


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

INCEPTION

2010-07-30 | 映画
天気が悪くて
ちい散歩ができません。
なので
お手軽な映画見物に行っちゃった。

Inception01



観に行ったのは
これ:
 INCEPTION
でございます。

映画.com
による
本映画の解説は
こうでっせは:

<以下引用>
「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、オリジナル脚本で描くSFアクション大作。人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。主人公コブにレオナルド・ディカプリオ、共演に渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジほか。
<引用終わり>

Inceion02
           渡辺謙 と でかいデカプリオ

まあ
なんといいますか
時空の枠を取っ払い
想像力の及ぶ限りの
ストーリー展開でございます。
特殊撮影を極力抑えて
実写にこだわったそうで
ほんとに
ほんとに
御苦労さんでした。
謙さん
かっこよかったよ。

爆笑問題の太田さんがいうところrでは
オスギさんの評価はぼろくそ
一方
在米の映画評論家町山智弘さんは
この映画を絶賛しています。

一方
私の評価は
☆☆★★★

なんで
こんなに辛いのかって?
理由は
聞かない方がいいと思うけどな・・・・・・















えっ
どうしても
聞きたいの?

ほんとに?
やめといた方がいいよ。

仕方がないなあ・・・・・・・・・・・















多分
理由は
オスギさんと同じでしょう。
夢オチ
だからです。
あは
あは



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Alice in the Wonderland 3D

2010-04-30 | 映画
ディズニーの
Alice in the Wonderland
を 3D で観ました。

Alice1

Alice2
    上の二つの画像はディズニーのサイトから借りてきました
               ごめんね、ごめんね~

映画の肝を一言でいえば
ジョニーディップの映画です。
ジョニーディップ(かどうか、画面では全然分かりませんが)
いいね~。
勿論
アリスも白の女王も素敵でしたよ。

街に出ている広告のキャラは
この下に掲げたように
ジョニーディップ
だけですから
他のキャラは
残念だけど
影が薄くなってしまします。

Alice3
        これは街貼りの広告を撮ったもの
          やっぱりジョニーディップです

3Dも含めて画像は秀逸。
昔々の活動写真が始まったころみたいに
こっちに向かって飛んできたものを
避けちゃったりしたもんね
あはは
あはは

筋立ては
色々考えたみたいだけれども
まあ
あまり深く詮索しない方がいいみたい・・・。


出来はどうかと利かれたら
私の評価は
☆☆☆☆★

Alice4
    こんな眼鏡をかけるのはやっぱりウザイと感じます
        だけど3Dは裸眼では観られないから
          仕方ないかな、あは、あは


<追記>
いつもコメントしてくれる飛鳥さん
好きだとおっしゃっている西洋鎧姿のアリスは
これね↓

Alice_in_armor
               Alice in armor





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加