Seasons

reading Paul Theroux
and
listening to Jack Johnson

鳥徳寄席第8回

2017-11-12 | お笑い

 

茅場町の鳥徳で催された

 鳥徳寄席あこ&小辰第8回

に行きました

あはは

あはは

 

このチラシでは第7回になってますが

席亭さんが間違えて印刷しちゃったそうでっせ

 

ご一緒したのは常連の

Kenneth.Kさんと弓長さんです。 

 

今回も大盛り上がり

 

あこさんはいつもより多くの曲を演ってばんがっていました。

また小辰さんの紺屋高尾がいい出来で

回を追うごとに上手くなっているのが素人の私にもわかりました。

 

打ち上げのお弁当はこれ

 

左の色の濃いのはキジ焼き

 

キジ焼きというのは料理用語辞典によりますと:

 焼きものの一つで、とり肉や、かつお、ぶり、さばなどの魚の切り身などの材料を、しょうゆ、みりん、酒で作った漬け汁に漬けて焼いたもののこと。
 室町時代から江戸時代まで、きじは鳥類の中では美味とされ、そのきじの肉を味わってみたいというところから生まれた擬似料理が始まりといわれる。材料は、一般では魚、精進料理では豆腐が使われた。

ということなので

材料は鶏であろうと思います。

あは

あは

 

打ち上げの2次会は

前回に引き続き鳥徳近くの中華料理屋でした。

 

(E-P3 with Lumix G 20/1.7)

 

一部煮ても焼いても食べられない人たちが写っていますが

ほとんどは飲み食いできるものでした。

 

また今度も来れるといいなあ

あはは

あはは

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

杵柄寄席@清澄白河

2017-05-30 | お笑い

お笑いプロデューサーの憲一さんからご案内をいただいて

2017年5月28日

杵柄寄席に行きました

あはは

あはは

 

 

幟旗が裏返っているけんど・・・・

(E-P3 with MZD 12-50/3.5-6.3)

 

幾世餅の給仕をしている男の着物に

「の も ち よ し」と隠し文字

 

演目と出演なさった方々は

 

 

 

ひょろびりーずは3人のきれいなおねいさんたちでした。

初めてお目にかかりました。

この達者な演者のなかでも 

抜群の出来で大受けだったのはトリの芝楽(しばらく)さんでした。

楽しませていただきました

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第十八  雑歌下

   述懐のこころをよみ侍りける

左近中将公衡

1768

 捨てやらぬ

 わが身ぞつらき

 さりともと

 思ふ心に

 道をまかせて

撮影場所:東京深川

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥徳寄席あこ&小辰第7回

2017-02-27 | お笑い

2017年2月26日

鳥徳寄席あこ&小辰第7回が開催されました

あはは

あはは

 

開演前に待つ観客

三番目Kenneth.Kさん、四番目弓長さん

 

 

 

という席亭のご挨拶のあと開演です。

 

 

 

プログラムのうち面白かった演目は

・アコーディオンと唄:東西線

・落語:火事息子

・お楽しみ:オーシャンゼリゼ、ぼくカッパ巻き

・落語:真田小僧

 

終わった後の打ち上げ

 

こういうのを頂きました

美味い

 

演者お二人からご挨拶

弓長さんはあこさんのサイン入りCDを購入しました

(E-P3 with Lumix G 20/1.7)

 

こんどは秋に開催予定の第8回が楽しみです

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第二  春歌下

   題しらず

中納言家持

110

 ふるさとに

 花はちりつつ

 みよしのの

 山のさくらは

 まださかずけり

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥徳寄席第7回

2017-01-17 | お笑い

2017年2月26日日曜日

こんな催しがありますね

あはは

あはは

 

 

昨年9月の第6回に行きましたね

あはは

あはは

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥徳寄席

2016-09-13 | お笑い

2016年9月11日に茅場町鳥徳で

 鳥徳寄席 あこ&小辰 第六回

が開催されました。

 

会場はこの店の2階でした

 

次第は以下の通りです。

 

 

6回全てご参加のKenneth.Kさんが肝いりで

瑠璃亜さん、弓長さんと私じゅんたがご相伴いたしました。

小辰さんの締めの落語「転宅」が好評でした。

 

打ち上げにはこんなお弁当がでましたよ。

 

(E-P3 with Lumix G 20/1.7)

 

打ち上げでご出演のお二人にご挨拶をしたあと

皆で東京駅まで歩いて行き

シーフードバールに入ってワインを頂いたような気がしますが

あんまりよく覚えていないかも

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第四  秋歌上

   題しらず

祐子内親王家紀伊

332

 置く露も

 しづごころなく

 秋風に

 みだれて咲ける

 真野の萩原

撮影場所:東京茅場町

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

杵柄寄席

2015-10-19 | お笑い

こんな案内を

お笑いプロデューサーのケンイチさんから頂いたので

行ってきました

あはは

あはは

 

場所は深川江戸資料館小劇場

リンクはここ

定員300名とかなり大きい箱でした。

出演者の紹介と演し物は以下をご参照下さい。

 

 

皆さん達者で2時間半しっかり笑わせてもらいました。

どうもありがとうございました

あはは

あはは

 

帰りは清澄通りを門前仲町まで歩きました。

 

名前を知らない堀河の夕暮

 

そこにかかっている橋のたもとにこんなものがありました。

 

採茶庵跡

この人

松尾ばななかな?

(E-M5 with MZD 14-42/3.5-5.6 EZ)

 

 間違いないッ! (C) by 長井秀和

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第五  秋歌下

   題しらず

西行法師

472

 きりぎりす

 夜寒に秋の

 なるままに

 弱るか聲の

 遠ざかり行く

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

むげん富士見寄席@横浜にぎわい座

2015-06-23 | お笑い

私のいとこのK島Kいちさんが肝煎りをして開催された

第四回むげん富士見寄席に行きました。

 

開演前の肝煎り挨拶

(iPod touch)

どういう催し事だったのかは

以下のチラシでご確認下さい。

 

その出来栄えですが

あなた

それはもう

たいへんなもので

いわゆる

玄人はだし

というやつでがす

新宿〇廣亭とか上野〇本なんかに出てくる演者の平均点をはるかに超えてます

よかた

よかた

ぱちぱち

ぱちぱち

あはは

あはは

 

新古今和歌集  巻第三  夏歌

   題しらず

藤原家隆朝臣

246

 ことしより

 花咲き初むる

 橘の

 いかでむかしの

 香に匂ふらむ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

談志まつり2014@よみうりホール

2014-11-24 | お笑い

2014年10月21日から23日にかけて

 落語立川流創立30周年特別公演

 談志まつり2014

が東京有楽町のよみうりホールで開催されました。

人口に膾炙した

 だんしがしんだ

という回文がほんとになってから3年が経ちました。

 

 

出演者が入れ替わり立ち代りでの5回公演です。

このうち22日(土)17時開演の

 伝統を現代に

 ~江戸の風とイリュージョン~

を観ました。

公演時間は以下の通り:

仲入り15分を含め3時間と長丁場でした。

よかったのは

 ゲストの円楽、談慶、志らく

ダメダメだったのは

 廓噺の左談次

全体の印象は

 ☆☆☆★★

★の一つは会場の空調が最悪だったため

建物がチョー古いのでしかたがないとはいえ暑いのなんの

 どげんかせんといかん (C) by 東国原英夫

あは

あは

 

新古今和歌集  巻第八  哀傷歌

   源為義朝臣身まかりにける又の年

   月を見て

能因法師

799

 命あれば

 ことしの秋も

 月は見つ

 わかれし人に

 逢ふよなきかな

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴本演芸場@上野

2013-12-04 | お笑い
2013年11月30日
上野鈴本演芸場の昼席にいきました。

夜は特別興行だったので
昼席が実質11月下席の最終公演でした。

Pb300137

番組は以下の通り:

Scan10039

           (画像はクリックで拡大します)

ロケット団の漫才が
よかた
よかた
ぱちぱち
ぱちぱち

トリの蝶花楼馬楽師匠は
4時10分から4時40分まで
バレ噺の蛙茶番を力演
2,3箇所怪しいところがありましたが
まあまあ
よかったかな

あは
あは

Pb300139

            ハネ太鼓を打つ前座さん


          (E-M5 with MZD 12-40/2.8 Pro)



そのあとは
アメ横によって
焼酎のアテにする
スルメと鮭トバを買って

 お家に帰る~ぅ (C) by 故高田渡

あはは
あはは



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

浅草花月

2011-09-11 | お笑い
浅草の雷5656会館でよしもと浅草花月

20110910
          赤線で囲んであるのが当日の出演者
              (クリックで拡大します)

客は6分の入りで
演者もテンションが低いと思ったのは気のせいか・・・・・・

若手では「2丁拳銃」がとぼけた感じでよござんした。
「東京ダイナマイト」の金髪の方はどういう訳か丸坊主になってました。
トリの「大木こだまひびき」はいつものネタでいつものように大笑い
ひびき師匠が激やせなのはかなり気になる・・・・

なんて感想で表に出たら
言問通りの向こうにスカイツリーが見えました。

P9104787
              3時過ぎでは日が高い
             残暑がまだまだ続きます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしもと浅草花月

2010-11-09 | お笑い
浅草の
雷5656会館で
よしもと浅草花月

Scan10010

よかったのは
若手でアップダウン

トリの阪神巨人
 
新しい取り組みの
スペシャルユニット「こだまパーク」
のコントはいまいちでした
残念~ん
あは
あは


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5GAP

2009-03-22 | お笑い
久しぶりに
浅草花月へ行きました。

Scan10007

チッチキチーで有名な
大木こだま・ひびきは何度聴いてもおかしいな。
あはは
あはは

Scan100071
           面白かったのはこの人たち

「ホワイト赤マン」とお巡りさんのコントが
くすぐりとギャグが満載で
おもしろ哀しく
泣けてきます。

<以下Wikipediaから抜粋、引用>
5GAP(ファイブギャップ)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属するお笑いコンビ、秋本智仁 (1976年2月15日 -)と久保田賢治 (1980年10月10日 - )の二人組である。
東京NSC5期生。コンビ名の由来は二人の年齢差が5つであることから。主にコント。「ホワイト赤マン」のキャラが有名。

久保田のペナルティのワッキーや、FUJIWARAの原西孝幸を髣髴とさせるキャラクターが持ち味のドタバタコント。久保田は「ホワイト赤マン」というキャラクターにも扮している。
<引用終わり>

「ホワイト赤マン」が
お巡りさんの肘の臭いを嗅いで
 ああくさい
面食らったお巡りさんが
自分の肘の臭いを嗅ぐと
「ホワイト赤マン」が
すかさず
 アイーン
志村けんのギャグの本歌取りです。

こんなコントがいくつもあって
楽しいよ。
今後注目したいコンビです。
あはは
あはは


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしもと浅草花月

2008-04-21 | お笑い
春なのに
低気圧とか
寒冷前線とかで
なんだか
春の嵐のような天気の日でしたが


Scan10001_2

また
よしもと浅草花月にいきました。



080419
              出演してるのは
               こんな人たち


ベテランはこの前と同じ顔ぶれで
オオトリに
大木こだまひびき
中ほどに
宮川大介花子
が出てました。
宮川大介さんは
3回公演はまだ無理なのか
3回目の公演は宮川花子さんがピンでした。

大木こだまひびきは
いつものとおり
面白かたなあ
あはは
あはは



Ookikodamahibiki_2
      楽し哀しい大木こだまひびき


私の好きなお二人の
いつものネタを
いつものように





 新幹線で隣に座った白髪の紳士が
 コカコーラの会長さんで
 挨拶から始まって
 CM出演の話になり
 当てにもしないで忘れかけていたら
 この間連絡があって
 なんやかんやで
 8月から実現することになりましたぁ~

場内騒然
大喝采

 夢のような話やな

 夢やがな

 ・・・・・・・
 
場内総ズッコケで
大爆笑。


ハネたあと
強い風が
ぱらぱら雨が吹き付けて
傘をとられそうになりながら
春宵帰途につきました。

 そうだな
 この世は
 夢の如し






新古今和歌集  巻第二十  釈教歌 

維摩経十喩中に
此身如夢といへるこころを

                      赤染衛門

1973
 夢や夢
 現や夢とわかぬかな
 いかなる世にか
 覚めむとすらむ









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしもと浅草花月

2008-01-28 | お笑い
Scan10139




よしもと浅草花月

毎週末に浅草の
雷5656会館のトキワホールで行われている
吉本興業の芸人さんたちだけが出演する寄席です。

雷5656会館は
浅草の言問(こととい)通りにあって
観光バスに乗ったお客さんが立ち寄ったりする
株式会社常盤堂雷おこし本舗の集客拠点です。

Photo
           浅草の観音さまの裏手です




芸人さんの層は大ベテランから若手まで
幅が広いです。


20080126
          2008年1月26日の出演者はこんな人たち





この日の狙いは
 大木こだまひびき
でした。
トリで出てきていつものネタで
何回見ても笑えます。
チッチキチーのチー
あはは
あはは

☆☆☆☆★



思いかけずよかったのは
ピンで出てきた
 宮川花子
一年前に脳内出血を患った
宮川大介さんの休演話から
一般的な熟年夫婦の生態分析に話題を広げ
場内の観客を一人も残さず掴む話術は
至芸です。
これは素晴らし
パチパチ
パチパチ

☆☆☆☆☆


毎日の公演で
若手芸人が出演している新宿のルミネ・ザ・ヨシモトが
若い女性客が中心なのとは違って
子供から老人までいるので
浅草花月は
芸人さんには難しい寄席ではないかと
思いますが
ばんがって
笑いをとってちょうだいね
あはははは






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加