REDの部屋

家庭用ゲームやデジタルカメラなどの趣味について

TRANPATH mpZ

2017年04月20日 | その他
2012年の車検時に交換したミシュランのエナジーセイバーというタイヤがかなり
劣化してきており、昨年の車検時にディーラーより左側前後とも残り溝が約4mm
と指摘を受けていました。



タイヤの劣化防止剤が表面に出て来ているようで、かなり色褪せた感じです...



ビバンダム(ミシュランマン )の顔にもヒビが入っています...



製造年は2012年の第30週なので、もうすぐ5年といったところです。
ちなみにこのタイヤはメルセデスの承認(MO)って事らしく、ロードインデックスは
89Vと高速向きでありましたが、ミニバンなのでそんなにスピードを出す訳でもなく...



ちなみに生産国はGERMANYだったので、メルセデスって雰囲気を多少は感じられはし
ましたがw

で、今回交換タイヤとして選んだのがこちらのTOYO TRANPATH mpZです。



価格.comで店舗や価格を調べて、NET通販で購入しました。
注文後3日程度でクロネコヤマトの配送員さんが台車に乗せ運んで来てくれましたw



発送までのメールに『メーカー手配中』とあったので、これはもしや製造年月が結構
新しいのでは?と淡い期待を抱いていましたが...

「1317」の刻印から2017年第13週って事で、今年の3月末付近で生産された物だと
思われます。
値段が安いので在庫品かもと危惧していましたので、その点は嬉しい誤算でした。



生産国も「MADE IN JAPAN」とこれまた嬉しい日本製w

価格は1本7,200円で送料込みでしたので、4本で28,800円それに代引き手数料が
540円のトータル29,340円と非常にお買い得でした。



交換は近所のセルフスタンドに併設している工場の方で行いました。
バルブ交換・廃タイヤ費用も含めて交換費用は8,000円弱でした。



やっぱり新品タイヤはサイドウォールが黒々していてとても良いですw



心なしか車自体も新しくなったような気がしますw

交換作業中に廃タイヤの1本をまじまじと見てみましたが、サイドウォール部のヒビ
と変色、残り溝の少なさと思ってた以上にかなり劣化していました。

約2Km程度の距離ですが、工場からの帰り道では今までのタイヤと新品タイヤの違い
は明らかに感じられました。
やはりロードノイズの減少そして段差での突き上げ感が減少しています。

約60,000Km走行時からの交換ですが、ミニバン用を謳うタイヤなので次に交換する
まで何Km乗れるか?耐久性はどんなものか?今までのタイヤより良化している事を
期待したいと思います。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« D7200(BG付)購入しました | トップ | AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。