JUNSKY blog 2014

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

田母神氏が暴言 広島平和祈念式典 「並んでいるのは左翼」

2009-08-25 12:37:57 | 戦争と平和
2009年8月25日(火)

 元自衛隊(防衛省制服組)最高幹部であった田母神氏が広島平和祈念式典に関して、トンデモないデマ発言を行ったことが、朝日新聞をはじめ幾つかのメディアに掲載されていた。
 
 衆院選大阪17区に立候補している改革クラブ前職の応援演説でのこと。

 引用するのも憚られるが、田母神氏曰く
 「並んでいる人は広島市民も広島県民もほとんどいない」
 「被爆者も、被爆者の家族もほとんどいない」
 「左翼の大会なんです、あれは」
 と発言。

 広島市によると、「今年は約5万人が参加。
被爆者やその遺族、家族用の約2500席はいっぱいだった。
一般席にも被爆者がいた。市民、県民もたくさん参列した。
事実誤認も甚だしく、コメントに値しない」と言う。

 こういう事実と全く異なるデマをさも当然のように言う田母神氏の頭の構造が明らかになった。
 こういう人物が自衛隊最高幹部であったことが危機的である。

 今回の暴言で、田母神氏は事実に基づかない虚偽を公然と発言する人物であるということが証明された訳であり、これまでの彼の発言も事実では無いことを却って裏付けた訳である。 

*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


広島平和記念式「被爆者ほとんどいない」
  田母神氏が演説

朝日新聞 2009年8月24日21時30分

 田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は24日、堺市で衆院選大阪17区に立候補している改革クラブ前職の応援演説に立ち、今月6日の広島原爆の日に広島市で開かれた平和記念式について、「被爆者はほとんどいない」「並んでいるのは左翼」と述べた。被爆者団体は反発している。

 田母神氏は演説で、6日に講演で広島市に行ったことに触れ、平和記念式について「並んでいる人は広島市民も広島県民もほとんどいない」「被爆者も、被爆者の家族もほとんどいない」と発言。「左翼の大会なんです、あれは」とし、麻生首相が式であいさつしたことを「マンガです、ほとんど」と評した。

 式は広島市主催で、市によると、今年は約5万人が参加。被爆者やその遺族、家族用の約2500席はいっぱいだった。一般席にも被爆者がいた。市幹部は「市民、県民もたくさん参列した。事実誤認も甚だしく、コメントに値しない」と言う。

 式に参列した広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長は「虚偽の発言であり、許し難い。平和記念式への中傷であるだけでなく、講演活動を続ける田母神氏自身、信頼を失うのではないか」と話している。

 田母神氏は式には出ていない。同氏は朝日新聞の取材に、発言の根拠について「広島の知人がみんなそう言っている」と説明した。

 6日の広島市での講演で田母神氏は、核廃絶に取り組むとした広島市長の平和宣言を「夢物語」と批判し、持論の核武装論を展開した。

   朝日新聞 2009年8月24日21時30分(岡本玄、武田肇)

ジャンル:
政治
キーワード
改革クラブ 航空幕僚長
コメント (4) |  トラックバック (3) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 公然とネット選挙運動…自民・民... | トップ | 総選挙動向調査 民主党300前後... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結論が論理的でない気が・・・ (ペコポン)
2009-08-26 01:08:43
今回の発言のみで、これまでの発言についても事実でないという考えは、いささか短絡的だと感じます。
Unknown (はははw)
2009-08-26 04:32:36
タモガミが事実を言った事が一度でもありましたっけ?
企業と癒着して陰謀史観に満ちた論文を発表して、自衛隊を首になったような下衆らしく
、これまで通りの腐りきった珍発言ですが。

ま、こういう人間を閣下と呼ぶ一部のネット右翼は、毛沢東主義者と何ら変わりませんね。
Unknown (Unknown)
2009-09-08 01:18:32
左翼の見破り方。


田母神氏を頭ごなしに批判する人=左翼。

核抑止力の意味も分からない知恵足らずな人=左翼。



左翼 (whoisthis)
2014-01-09 03:56:11
「左翼の見破り方」について。
「左翼」ではなく、「平和主義者」のことではないの。
日本では、しばしば両者が混同されているが。
本当の「左翼」はレーニンにしろトロツキーにしろ毛沢東にしろゲバラにしろ、みんな軍事大好き人間。
社会主義ソ連だって米国と核開発競争をやっていた。
毛沢東の中国も核実験をやった。
日本で「左翼」と呼ばれている人は「平和主義者」なんですよ。
日本国憲法制定の際、「非武装」に反対し、軍事力を持つべきだと言ったのは、当時の共産党だけ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年8月25日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・選挙に絡むみだし{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・農業と不要な発言{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・TV番組の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
“凄惨の声”が聞こえぬか!!   〜舛添厚労相、「派遣村なまけもの」発言〜 (コミュニスタ紅星の幡多荘草紙 〜取り戻そう 共生の国・日本。〜)
 先ほど、中京大中京と日本文理の、熱く爽やかな決勝戦について記事をアップさせてもらい、心地よい気分でノートパソコンを閉じようとした...
未来のための Q&Aへの共産党5氏の映像回答 (ポラリス−ある日本共産党支部のブログ)
Googleは選挙関連情報をわかりやすく提供する「未来を選ぼう 2009」プロジェクトを開始した。 その第一弾が有権者と政治家が対話できるプラット...