JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千島問題 「第二次世界大戦の結果を承認する以外の方途はない」 ラブロフ露外相

2011-02-16 23:03:58 | 国際関係
2011年2月16日(水)

 テレビニュースなどによると、ロシアのラブロフ外相が2月15日、

訪問先のロンドンで、日本との平和条約締結問題について

「日本が他国のように、第二次世界大戦の結果を承認する以外の方途はない」

  と述べた、という。

 この居直り発言には突っ込みどころがある。

 すなわち、「第二次世界大戦の結果を承認する」と言うなら、

「領土不拡大」という、第二次世界大戦を終結するに当たって連合国が決めた

原則をソ連を引き継いだロシアも承認するべきだ!

 と主張する道が開けたとも考えられるからだ。

 ソ連が、原爆投下後の日本に侵略して来たのは、「ヤルタ秘密協定」により

米英などが暗黙の了解を与えたためで、この秘密協定そのものが、国際法違反

であるという。

 日本共産党は、千島問題解決のためには、「領土不拡大」と「ヤルタ秘密協定」

問題の是正に踏み込まなくては途が無いと言っており、これはラブロフ外相発言の

裏返しであると言える。

 政府は、この機会を失わずに、強い意志で交渉を進めるべきであろう。


*******************************************
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

日ロ領土問題 歴史的経過を見ると
      2010年11月2日(火)「しんぶん赤旗」

日ロ領土交渉 転換を
笠井氏、政府に要求「国際的道理に立て」

      2010年11月6日(土)「しんぶん赤旗」

論戦ハイライト 日ロ領土問題
笠井氏 「従来の方針転換を」 前原外相「政府の見解踏襲」

      2010年11月6日(土)「しんぶん赤旗」

日ロ領土交渉 歴代政権の方針の根本的再検討を
志位委員長が政府に提起

      2010年11月10日(水)「しんぶん赤旗」

歴代自民党政権の日ロ領土交渉方針の根本的再検討を
2010年11月9日 日本共産党委員長 志位 和夫

      2010年11月10日(水)「しんぶん赤旗」

     ****************

北方領土 「不法占拠、撤回を」
 露、大戦の結果承認求める
 

      (産経新聞) 2011年2月16日(水)08:00
 【モスクワ=佐藤貴生】インタファクス通信によると、ロシアのラブロフ外相は15日、訪問先のロンドンで、日本との平和条約締結問題について「日本が他国のように、第二次世界大戦の結果を承認する以外の方途はない」と述べた。日本側に「北方領土はソ連に不法占拠された」という主張を撤回するよう求め、ロシア側の実効支配を強調する狙いといえる。

 また、ラブロフ外相は、日露がクリール諸島(北方領土と千島列島)で共同開発を行うことについて、「だれも日本の立場をおとしめることだとは考えていない」と述べた。

 11日の日露外相会談に続いて北方領土に投資するよう求めた形で、日本側に立場を変えるよう執拗(しつよう)に迫る戦略は今後も続きそうだ。

 日本は「ロシア側の管轄権を認めることになる」として北方領土への投資を控えており、前原誠司外相も外相会談後の記者会見で、「日本の法的立場を害さない前提」で、協力の可能性をロシア側と探る姿勢を示すにとどめた。

 中韓など第三国の投資は「わが国の基本的立場とまったく相いれない」と反対していた。

 一方、国営ロシア通信は15日、ロシア軍参謀本部高官の話として、北方領土に駐留している現在の部隊に加えて、最新鋭地対空ミサイル「S400」が配備される可能性があると伝えた。

 ただ、インタファクス通信によると、別の高官は同ミサイル配備を確認していないと伝えており、情報が錯綜(さくそう)している。 



国後島で韓ロ合弁か=水産業者、準備で訪問中(時事通信) - 2011年2月16日(水)14:03
ジャンル:
海外
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムバラク兄弟「お前が国を腐... | トップ | 内閣支持17.8% 不支持... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不承不承でも日本のオーデルナイセラインを認める時期に来ているのではないか (宗純)
2011-02-17 14:46:41
この記事の趣旨には残念ですが賛成出来ません。
千島問題は第二次世界大戦の戦後処理の不公平に由来している事実を軽視するべきではないでしょう。
日本共産党の全千島の日本領有の正当性の根拠には、
今のサンフランシスコ条約と其れと対になった日米安保条約の破棄が前提であるのです。
破棄しないで『歴史的に日本のものだったのだから返して欲しい』といっても国際的に通用しない。
残念ながら日本の吉田茂が全千島を放棄したのは歴史的な事実であり、誰にも否定できない。
この事実は日本も良く知っているから千島返還ではなくて地名抜きの北方領土なのです。
千島問題は第二次世界大戦の戦後処理で、不公平であるのは事実であるのですがドイツは戦争責任を問われてドイツの揺籃の地であり父祖伝来のドイツの根本とも言うべきプロイセンを全て失ってしまったのですね。
今ドイツがオーデルナイセラインを今の日本政府と同じように原則論をたてにして正統なドイツ領の返還を求めたらどうなるか、想像してください。
単に隣国から非難される程度では済まず国際的な非難を浴びることは必定です。
戦後66年も経ち今更日本国も調印した戦後処理の偏向は良いことなど何も無くて、騒動だけを生む可能性がある。
今の日本ですが、北海道の付属の諸島で千島に含まれない歯舞色丹返還の早期実現の方針に転換するべきでしょう。
この方針は一度は日本も同意して調印寸前になったのですが、冷戦を進めたいアメリカの反対で頓挫しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際関係」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

9月2日、65年目の第二次世界大戦終結記念日 (逝きし世の面影)
9月2日は「第2次世界大戦終結の記念日」 欧米諸国のヨーロッパ戦勝記念日はフランス北部ランスの連合国遠征軍総司令部でドイツ国防軍作戦部長がドイツの無条件降伏文書に調印した5月8日なのです。 ところがロシアでは5月8日ではなくベルリン市内の赤軍司令部で...
「9条外交」で日本の平和と安心を守る  二丈の風No.65 (二丈の風)
平和で安心してくらせるように  「9条外交」で日本の平和と安心を守る  今、北朝