みーこのひとり言

旅行の話や身近な話など、あれこれ書いてます。

霧ヶ峰 2

2017-06-27 06:26:37 | トレッキング
下から見ていた、気象レーダードームです。


周囲の山を360度見渡すことができ、最高!


山頂にある車山神社でお参り。


反対側からはリフトで山頂へ来ることも可能です。
私たちはリフト脇の階段を下っていきます。
奥に見えるのは白樺湖。絵になる風景です。


分岐点、車山乗越に到着。


蝶々深山(ちょうちょうみやま)を目指します。


蝶々深山の山頂(1836m)に到着。
看板が倒れていてちょっと悲しい・・・。
つづく
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

霧ヶ峰 1

2017-06-23 06:22:39 | トレッキング
今回は長野県の霧ヶ峰に挑戦です。
ただし、霧ヶ峰という名前の山はなく、車山をはじめとする霧ヶ峰高原の山のことを指すようです。


まずは、車山肩から車山山頂を目指し、さらに蝶々深山(ちょうちょうみやま)、八島ヶ原湿原を通って戻ってくるコースの予定です。


車山は百名山の一つですが、なだらかで気軽に登れる山として人気のようです。
山の左上にぽつっと見えているのが山頂にある気象レーダードーム。


途中、富士山がよく見えました|!!


振り返ってみると、北アルプスの山々まで見渡せて(写真ではうまく写っていませんが)気持ちいい~~。


ビンズイがいました。


車山山頂(1925m)に到着。


お決まりの三角点でポーズ。
つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岩巣山から瀬戸大滝へ

2017-06-20 07:10:54 | トレッキング
今回はお久しぶりの岩巣山です。
前回と同じく、岩屋堂公園から出発!


ひたすら山道を登って、


元岩巣に到着~!


名駅の高層ビルや鈴鹿の山まできれいに見えています。


遠くに白山も!!


木の間から御岳山も。もうほとんど雪がありません。


三角点で記念撮影。


帰りは前回通らなかった、瀬戸大滝方面へ。


気持ちいい川沿いの道を進むと、


瀬戸大滝に出ました。


ちょっとわかりにくいですが、瀬戸大滝をバックにみんなで記念撮影。


ホタルブクロや、


コアジサイ、


ユキノシタの花などを眺めながら戻ってきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目の前にキジ!

2017-06-16 10:13:25 | 日記
うちの前の河原でキジを発見!






それほど珍しいことではないのですが、めちゃめちゃ近いところにいたので思わず激写(笑)です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

長者峰と高嶺山 2

2017-06-13 05:04:30 | トレッキング
空にはパラグライダーが!
気持ちよさそう~。
ここは、パラグライダーエリアとしても人気のようです。


まずは長者峰山頂へ。
立派な展望台があります。


到着!
標高1573.6mです。


お決まりの三角点で。


南アルプスがきれいに見えています。


さらに遊歩道を歩いて高嶺山へ向かいます。


「熊に」・・・までしか見えません(笑)


高嶺山へは急斜面と緩斜面があるようで。


迷わず?急斜面へ。


高嶺山山頂(1599m)到着。


ここも見晴らしがいいです。


あとは下るだけ。


けっこう足にくる~。

登山道も整備されていて登りやすい山でした。
ただ、長者峰のほぼ山頂まで車で来られるので、登山客には不人気なのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長者峰と高嶺山 1

2017-06-09 05:20:06 | トレッキング
今日は長野県平谷村の長者峰と高嶺山を歩きます。

信州平谷の道の駅から出発です。
諏訪神社の前を通り、しばらく川沿いに進むと登山口です。


手作りの杖がきれいにつるされています。


橋を渡るといよいよ山道に。


ひたすら登ります。


まだまだ~~。
けっこう急登です。


ちょっと開けた場所に。


「高嶺のブーナス」??


ミロのビーナスにかけている??
確かにおもしろい形のブナの木ですね。


ショウジョウバカマ、発見!!


林道終点の駐車場にも手作りの杖がずらり。
つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南木曽岳 2

2017-06-06 06:41:46 | トレッキング
南木曽岳頂上からしばらく歩くと、避難小屋が見えてきました。


その向こうには中央アルプスの山々が~!!


展望広場で中央アルプスをバックに記念撮影。


御嶽山はもちろん、乗鞍岳や北アルプスから、


南アルプスの山々までぐるりと見渡せます。


中央アルプスを眺めながらの気持ちいい下山道。


オオカメノキ 。


振り返ると南木曽岳の頂上付近が。


摩利支天展望台へ寄り道。


一番上の岩が摩利支天展望台?


あの上に登っていたなんて、こわい、こわい・・・。


下山道は木の階段やハシゴがひたすら続きます。
鎖場もありで一気に急降下です。


イワウチワや、


イワカガミも発見!


あの上まで登っていたんだなぁ。
お天気もよくて気持ちいい山歩きになりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

南木曽岳 1

2017-06-04 07:43:29 | トレッキング
今回は長野県木曽郡南木曽町の南木曽岳に挑戦です。


林道をしばらく歩いたところが登山道入口です。


立派な木の橋を渡り、


ここから一方通行。ぐるりと周遊することになります。


金時の洞窟?


ザレ場や歩きにくい箇所は、ほとんど木の階段やハシゴがかけられています。


鎖場登場!


アカヤシオが咲いています。


こちら、かぶと岩。


南木曽岳、山頂に到着。展望なしです。


三角点で記念撮影。


少し先に展望台がありました。


目の前にど~んと御岳山が!


バイカオウレンや、


ショウジョウバカマなどのかわいらしい花々に癒されながら先へ進みます。
つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツバメの子供たち

2017-06-02 06:13:16 | 日記
早朝、新聞を取りに行った夫が「ツバメが並んでる!」といって戻ってきました。

通路をのぞいてみると、
ほんとだ!!ツバメの子供たちです。

わぁ~~、6羽もいる~!!


反対側から。


もう1枚(笑)

どこから来たのかなぁ。
マンションで巣作りをしていた様子はないのだけど・・・。
朝からかわいらしい姿に癒されました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

下呂御前山 2

2017-05-30 10:02:03 | トレッキング
下呂御前山、山頂(1411m)に到着です。


御嶽山が目の前に!!


こちらは乗鞍岳。


下呂の町が一望できます。


御嶽山をバックに。


三角点でももちろん!


下山中は花を見る余裕も。
こちらはキランソウ。


チゴユリ。


マイヅルソウ 。

とにかく山頂の景色が最高です。
360度ぐるりと周りの山々が眺められ、がんばって登った甲斐があったと大満足で帰ってきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

下呂御前山 1

2017-05-28 07:02:34 | トレッキング
今回は岐阜県下呂市の下呂御前山を歩きます。


比較的歩きやすい登山道で五合目を通過。


こんな上りもあるものの順調に進んでいたはずが・・・。


こんな崩落現場みたいな道???
おかしいと思ったら、道を間違えていました。
はぁ~~~、どっと疲れが・・・。


元の道に戻ってしばらく進むと、白山がきれいに見える場所に出ました。


スキーの直滑降コースみたいな上りが続きます。
けっこうきつい・・・。


登りきったかと思ったらまだ九合目。


高岩大権現神社に立ち寄ることに。


高岩大権現神社。
見晴らしのいい岩の上に祠があり、バックには白山が!!
つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧国鉄篠ノ井線 廃線敷きを歩く 後編

2017-05-26 06:50:47 | ウォーキング
3万本のケヤキの木が植えられたケヤキの森付近にある当時の信号機。


森林浴をしながら歩ける、本当に気持ちのいいコースです。


踏切(もちろん遮断機が下りることはありません)が線路だったころの雰囲気を出しています。


三五山トンネル。


レンガが崩れています。
ここから来た道を戻ります。


漆久保トンネル近くにあった看板に誘われて、小沢川橋梁へ下ります。


一段おきに鋸歯状になっているレンガの仕上げ方に特徴があります。
これ、全国的にもかなり珍しいのだとか。


雪をかぶった北アルプスの山々を眺めながら、気持ちいい散策ができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧国鉄篠ノ井線 廃線敷きを歩く 前編

2017-05-23 06:54:43 | ウォーキング
今回は、長野県安曇野市で旧国鉄篠ノ井線の廃線敷きを歩きます。

ここは、明治35年から昭和63年に新線が完成するまでの86年間使われていた線路跡。
ウォーキングコースとして整備されています。
先日の愛岐トンネル群と違い、ここは年中開放されていて好きな場所を自由に歩けます)


潮沢信号所跡付近は、側壁に苔が生えていい感じ。


気持ちいいお散歩コースです。


漆久保トンネルに到着。


全長53m。明科で焼かれたレンガがきれいなカーブを作っています。


絵になる~!


トンネル脇にこんな看板があり、寄り道です。


普寛さん(右)と寛明さんの像。
トンネルの上の細い山道は善光寺へ続いており、旅人の安全を願って祀られたもののようです。
測量技師さんが普寛さんの鼻を削って見通しをよくしたといういわく付き。
そんなことしていいんかい。罰が当たりそうです。
つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

釈迦ヶ岳 4

2017-05-21 15:27:18 | トレッキング
羽鳥峰の頂上まであと一息です。


羽鳥峰山頂(823.1m)に到着。


頂上から見た羽鳥峰峠。


滑りそうになりながらなんとか下り、羽鳥峰峠から見た山頂方面。
あらためてザレザレ場でしたね~(笑)


この辺りから大きな石がゴロゴロしている猫谷を進みます。


砂防ダムは脇に急降の道が。
一応ロープがあるものの、すでに足がしっかり踏ん張れない状態でもうよれよれ。
写真どころではありません。


猫谷第一堰堤と猫谷第二堰堤は、空石積工法(石と石をうまく組み合わせコンクリート等で固めずに積み上げる工法)の堰で登録有形文化財になっています。

私たちにとってはちょっとレベルの高い山でしたが、ザレあり、ガレあり、キレットありと変化にとんだ山歩きが楽しめる山でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釈迦ヶ岳 3

2017-05-19 05:05:00 | トレッキング
ようやく釈迦ヶ岳の最高点(1097.1m)に到着です。
ただし、山頂はまだ先。


こちらが山頂(1092.2m)


お決まりの三角点で。


猫岳へ続く道を進みます。


振り返ると、釈迦ヶ岳のガレやキレットがよく見えます。


猫岳山頂(1057.7m)に到着。みんなで記念撮影。


さらに羽鳥峰を目指します。
つづく
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加