日本庭園こぼれ話

日本の歴史的庭園、街道、町並み。思いつくままに
Random Talks about Japanese Gardens

調布七福神めぐり(東京・調布市) 2015

2015-01-07 | 番外編

1月1日

今年は「調布七福神めぐり」をすることに・・・

ここは七福神の7寺が、京王線の西調布駅から仙川駅までの7駅の間に点在しています。

公式サイトの「巡礼みちしるべ」によれば、全行程が10数㎞。

歩くのに、ほどよい距離かと・・・ここまで下調べをして出かけたのでした。

しかし・・・

最寄りの各駅で入手できるはずの、「七福神めぐりマップ」が見当たらなかったのが誤算。

そのため最初の目的地である「西光寺(大黒天)」に行くため、西調布駅で降りた途端、道に迷ってしまったのでした。駅から歩いて5分とあったのですが、どっちに向かって歩いて行けばいいのか???

通りすがりの方に尋ねて、辿り着きました。

 

 

 

 

 

 

 

(上: 西光寺の仁王門は、調布市内に残る唯一のものとか)

ここはまた、新撰組にゆかりの寺で、局長・近藤勇像があります。また、かたわらの常夜燈も歴史を物語るものです。

幸いなことに、西光寺には巡拝マップが置いてありました。しかし、かなりアバウトな地図でした。

(上: 目安になりそうなのが、京王線と甲州街道のみのマップ)

というわけで、徒歩でまわるのは、ちょっと難しいと考え、電車とバスをフルに利用することにして、隣の調布駅から、徒歩5分という「大正寺」へ。

しかし、ここでもまた駅を出てすぐに当惑。とにかく、向かう方角が分かりません。

また、人に尋ねることに・・・。

(上: 大正寺の山門)

大正寺には「恵比寿天」が祀られていますが、ちょっと変わった趣向でした。恵比寿天のお堂は、池の中にあり、池のほとりには、版木があり、そこには以下のように書かれていました。

『恵比寿様は、御背を向いて居ります。合図の版木を叩いた上で、おまいりして下さい』

 (上: 横を向いた恵比寿さま)

 

そして、次に向かったのは、布田駅から3分の「常性寺」。「布袋尊」のお寺です。

ここは有名なお寺らしく、本堂までの参道に参拝客がぎっしり・・・。遅々として進まない行列の中に入り、お参りまでにどのくらい時間がかかるのかと心配になったのですが、ふと横を見ると、参道の途中に布袋尊が・・・。

お参りをすませ、やれやれ・・・と、安堵したのもつかの間、突然、雪が・・・。

(上: 雪が舞い始めた常性寺)

というわけで、この日の七福神めぐりは、ここで切り上げたのでした。

 

1月2日

次の日は、「深大寺」(毘沙門天)」から。

ここは「関東屈指の古刹」で、初詣での人で賑わう人気の寺院なので、少しでもすいているうちにと、朝一番にお参りすることにしました。調布駅からバスで10分ほどです。

(上:朝早くから、参詣客が詰めかけている深大寺)

境内は広く、堂宇が多いので、少し迷ったのですが、毘沙門天は釈迦堂に祀られていました。「七福神」の旗が目印。しかし今度は、御朱印をいただく場所が分からず、また尋ねることに。

(上: 「深大寺そば」が有名で、寺域に蕎麦の名店が軒を連ねている)

 

深大寺から調布駅に戻る途中に「福禄寿」を祀る「祇園寺」があります。

 

 

ここは、自由民権運動に関係したお寺とのことで、板垣退助が植えたという2本のアカマツが境内に聳えています。

(下: 「板垣退助の自由の松」)

 

調布駅に戻り、再び京王線で、次は仙川駅へ

駅から徒歩5分で、「寿老人」の「昌翁寺」

ここも山門が立派です。

 

         (上: 境内には、シラカシの巨木が・・・)

そして、最後の「明照院(弁財天)」は、つつじヶ丘駅南口からバスで6分ほど。バス停「明照院前」で下車というので、すぐ目の前にあるのかと思っていたら・・・歩いても歩いても見つかりません。

途方に暮れていたところ、一人の若い男性が、「たぶん、あそこかなー?一緒に行きましょうか」と、案内してくれました。

ありましたー!

(上: 城壁に囲まれているかのような明照寺)

 

 

 

 

 

 

 

弁財天にお参りして、2日にわたる七福神めぐりを終えたのでした。

 

ここまで来るのに、何人の方に道を尋ねたでしょうか。皆さん本当に親切に接してくださいました。どうもありがとうございました。

 

七福神とは関係ないのですが、明照寺が位置する高台には、「糟嶺神社」という古い神社が隣接していました。

そこは、古木に囲まれ、静謐感に満たされた神社でした。

最初はどうなるかと思ったものの、「終わり良ければすべて良し」を実感しての帰路となりました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足立美術館の庭園 | トップ | 片倉城跡公園・・・カタクリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。