日本庭園こぼれ話

日本の歴史的庭園、街道、町並み。思いつくままに
Random Talks about Japanese Gardens

日本庭園の中の「見立て」・・・①鶴と亀

2017-07-13 | 日本庭園

「見立て」とは、辞書を引くと「なぞらえる」とか「あるものを、それと似た別のもので示す」とあります。本来は、和歌や歌舞伎などに用いられる言葉らしいのですが、日本庭園を眺めると、この「見立て」の手法が、庭園の構成になくてはならないものだと実感します。

庭園の「見立て」の要素の中で、最も多いのは、須弥山や蓬莱山などの聖地ですが、それについては後述するとして、ここでは鶴と亀をご紹介します。

「鶴は千年、亀は万年」と言うように、鶴亀は長寿のシンボルですから、縁起物として、庭に取り込まれたことは想像に難くありません。

上の写真は、「竹林寺庭園」(高知市)の「亀島」。築山全体が、亀の背中を表し、池の水面に接して、亀頭石や手足を表す石組みが組まれています。

下の写真は、鹿児島県知覧にある庭園群の1つ「西郷恵一郎氏庭園」にある鶴亀の石組。

中央に高く聳える石組が「鶴」、その足元に低く組まれた石が「亀」を表しています。

一見、鶴と亀が逆のように見えるのが「芬陀院庭園」(京都)の石組で、向かって右が「亀島」、左が「鶴島」なのだそうです。(下の写真)

この庭園の「鶴」は、折鶴を表しているとのこと。

折鶴を表現した「鶴島」は、湖東三山の1つ「西明寺」(滋賀県)の庭園にも見られます。下の写真の右端手前の石組です。そして、左手にあるのが「亀島」です

松で有名な「栗林公園」(香川県)に見られるのは、亀の形に組んだ石組の上に、鶴が舞う姿を松で表現した「鶴亀」です。(下の写真)

また、「清澄庭園」(東京)の池に浮かぶのは、「鶴島」。そして、「小石川後楽園」(東京)にあるのは、島全体が、亀が蓬莱島を背負っている様子を表したという壮大な構想の「亀島」です。

(上:清澄庭園の鶴島、下:小石川後楽園の亀島)

庭園には、この他にも、様々な姿の鶴と亀がいます。機会がありましたら、是非、眺めてみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片倉城跡の花たち(早春~夏... | トップ | 日本庭園の中の「見立て」・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本庭園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。