気の向くままに junne

不本意な時代の流れに迎合せず、
都合に合わせて阿らない生き方を善しとし
その様な人生を追及しています

こんな自分もいた

2016年10月14日 | 日記・エッセイ・コラム

       Yesterday's People

昨日を語る人は                                                                     退屈で魅力が湧かない                                           明日を説く人は                                            未だ存在しえない事を話すので信用出来ない                              でも、今日を楽しく話せる人は                                             他の誰より輝いて見える                                            どうしてだろうね                                                 何故だか解るかい?

自分を守る為には                                              時として人を排除する事も有り得る                                   自分を高める為には                                              新たな人を求めるのも 正しい道理と言える                               でも、人の築き上げた功績を                                       自分のものとして変容させる奴は最低だ                                  捨ててしまおう                                                 また、やり直せばいい

魅力が消え失せてしまったものには                             躊躇わず サヨナラしよう                                             自分の居場所は自分で作ればいいのだから                                  “昨日の人”に囚われる必要性などは無い                                 たった一言で他人になれるのならば                                           サヨナラは魔法の言葉                                       自分の求めるものが全く異う価値ならば                                “昨日の人”に囚われる必要性などは無い                                    

サヨナラ“昨日の人達” どうかお元気で                                         サヨナラ“昨日の人達” 私は再び私を探しに旅に出掛ける                            サヨナラ“昨日の人達”

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッズ・レディース vs 伊賀... | トップ | レッズ・レディース vs ジェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL