ジュンレオ スタッフブログ

スタッフが気ままに綴るブログ。
ランダムに更新していきます。

驚きの発表

2018年01月19日 | Y.SUGIE

 

 

皆さん、こんにちは。

 

昨日、神奈川県テニス事業協会の研修会に参加してきました。

 

テーマは

 

□ 最も長生きできるスポーツ種目は?


 

この研修でシドニー大学のエマニュエル・スタマタキス教授らのチームが

 

発表のデータによりますと1994年~2008年に英国で行われた6つの

 

スポーツ分野と死亡リスクとの関係を調べた結果です。

 

①テニス

 

②ランニング・ジョギングなど走るスポーツ

 

③サイクリング

 

④スイミング

 

⑤エアロビクス

 

⑥サッカー・ラグビー

 


調査は、30歳以上の約8万人( 平均年齢52歳 )

 

運動しない人に比べて死亡リスクが低かったのは次の順番です。

 


第一位 テニス( 全死亡リスクが47パーセント減 )

 

第二位 スイミング

 

第三位 エアロビクス

 

第四位 サイクリング

 


運動しない人に比べ心臓血管疾患の死亡リスクが低かったのは

 


第一位 テニス

 

第二位 スイミング

 

第三位 エアロビクス

 


これを見るとテニスが最も健康的で寿命を延ばすスポーツということが

 

立証されました。



これは、英スポーツ医学誌 「 British Journal of Sports Medicine 」 

 

に掲載されたものです。

 

では、なぜテニスをすると長生きにつながるか?

 

テニスは、1対1もしくは2対2で絶え間なく打ち合うスポーツ。

 

常に相手やボールの動きなどの状況判断をするため

 

瞬時に対応方法を考えることにより脳が鍛えられるためだそうです。

 

ということは、認知症にもいいということがわかります。



カナダのトロント大学が行った調査でベテランプレーヤーの


試合前と後とでは脳の動きを測定したところ、


テニスを行った後の脳はストレスに対応する動きが


アップしていることがわかったと書いてあります。


テニスは瞬時に対応方法を考え脳が鍛えられ、


ストレスに強い脳となる。ストレスに強くなると


病気をしにくくなり、長寿につながる


可能性が高いということがわかります。


また、テニスは無酸素運動と


有酸素運動を交互に行うスポーツです。


それにより全身の様々な機能がバランスよく鍛えられることにより、


長寿につながる可能性が高いとも言われています。


また、テニスといえばラケットでボールを打ちます。


カナダでの研究結果によると握力が5キロ低い人は死亡リスクが


16パーセント高いというデータから


ラケットを持つことにより握力が


つき握力が鍛えられるため!

 

こちらも長寿につながるということがわかります。


こんなことを勉強してきました。


皆さん、テニスをしていて本当に良かったですね。


また、これからテニスをする人を増やしてみんなで長生きしていきましょう。


まずは、皆さんもっとも大切な方にこちらをプレゼントして






どんどん長生きをしていただきましょう!


健康でいつまでも幸せに長生きできるスポーツがテニスです。


これは、私の机上の空論ではありません。


ちゃんとしたデータです。


是非とも、身近な方を幸せに長寿にしていきましょう!


あなたの大切な人へ


プレゼントしてあげてください。



 


この記事をはてなブックマークに追加

新年最初の熱い思い・・・

2018年01月05日 | Y.SUGIE


皆さん、明けましておめでとうございます。


今年も元気いっぱい皆さんに笑顔をプレゼントしていく 杉江 です。


年末年始は、実家でゆっくりさせて頂きました。


実家では、浅田真央の特集を見て号泣していました。


歴史を作った偉大な存在として尊敬しています。



浅田真央の演技で有名なのは、【 トリプルアクセル 】です。

 

彼女は5歳からスケートをやってきた。

 

今26歳ですから…


21年間1度も休むことなく練習してきた。

 

なんと彼女は…12歳の時に初めて【 トリプルアクセル 】


飛んでいます!!!

 

12歳で【 トリプルアクセル 】を飛んだ女性は…

 

世界中で彼女一人です…!!

 

そして4分間の演技の中で…【 トリプルアクセル 】を3回飛んだことの


ある女性は…今でも彼女しかいない…!!!

 

それほど、【 トリプルアクセル 】


彼女にとって特別だった…!!

 

いや…


競技プロとしての浅田真央『 全て 』


だったかもしれない…!!

 

実際…

 

浅田真央が競技を終える決断をしたのは…

 

【 トリプルアクセル 】が飛べなくなったから…。


会見の時…インタビュアーの人が


いっぱい彼女に質問をしていました。

 

例えば、「現役を引退するにあたって後悔はありませんか?」

 

という質問。

 


彼女はこう答えました。

 

 

 

「私も…思い残すことはないだろうか?

と自分に問いかけました。

 


でもその時…何も浮かばなかった。

 

だから私は、後悔はないんだと思います。」

 

スパっと言いきりました!!

 


流石だな~って思いました。

 

そして、こんな質問もありました。

 


「もう一度、生まれ変わったら…どんな人生を歩みたいですか?」


という質問。

 

彼女は、こう答えました…。

 

「スケートをしない人生。」

 

いかに彼女が困難や様々な葛藤を乗り越えて…

 


21年間スケートに取り組んだかが


よくわかる答えでした…!!

 

 

21年間です。

 

天才と呼ばれ…


金メダル確実と言われ…

 

毎日、毎日…


リンクで練習して来たんです…。

 


その後、こんな質問をした記者がいました…。

 

 

かなり衝撃的な質問でした…。

 

 

「真央ちゃん。トリプルアクセルに声をかけるとしたら…

 

                 なんと声をかけますか?」

 

 

僕はそれを聞いた瞬間…

 


「なんということを聞くんだ!!!」


って思いました。

 

トリプルアクセルに声をかけるとしたら


なんという言葉をかけますか?

 

なんと言う…デリカシーのない記者なんだ!!!

 

 一瞬、怒りの感情が沸き起こってきました!!

 

なんだこの記者って!!!

 

 

浅田真央に対して、なんてことを聞くんだ!!!

 

そう思ったんです。

 

 

でも浅田真央は…やっぱりすごかった…!!

 

全然イラッとする表情も見せずに


「 う〜ん? 」


って真剣に考えてるんです…!!

 

それでもう一回…

 

記者に聞き直したんです。

 

 

「トリプルアクセルに…私が言葉をかけるって…


                  ことですよね?」

 

 確認したくなるわ!!

 


意味わからんもの!!

 

そしたら記者は、


「はい。」

 

 

そっからまた彼女は…


グーッと


深く…

 

考えました…。

 

そして彼女は…

 


遠くを見つめて…

 

 

 

こう言いました…。

 

 

「なんでもっと…簡単に飛ばせてくれなかったの?」


僕は…そこから15分…。

 

一人で泣きました…。

 

わかりますか…?!

 

この21年間…。彼女は


【 トリプルアクセル 】に取り組みながら…

 

毎日…


毎日…


「 なんでもっと簡単に…飛ばせてくれないの?」

 

そう思いながら…


毎日飛んだんですよ…!!

 

彼女は練習の時…【 トリプルアクセル 】


飛ばなかった日は1日もないんです。

 


21年間…

 

 

「なんでもっと簡単に飛ばせてくれないの?」


って思いながら…

 

食べたいものも食べず…

 

友だちが遊んでいても遊びたいのも我慢し…

 

恋愛すらも我慢し…彼女は


全ての生命の時間を…

 

 

トリプルアクセル 】

 

にかけてきた…。

 

 

そして彼女は…2016年。

 

トリプルアクセルを飛べなくなって


引退したんです…!!


あらためて


気付かされました…!!

 

 

オリンピックの結果は…


その時決まっているんじゃない。

 

彼女の日常…


21年間の努力のプロセスが…


オリンピックの結果である。

 

僕はテニスコーチとして断言します…!!


テニスも同じです。


( ボレーが上手くならないんです! )


練習したらいいんですよ!


( 私にはセンスがない! )


ふざけんな!


テニスの練習をしないで( 私にはセンスがない! )


浅田真央の前で言えますか?


( ボレーが上手く打てない! )


うまく打とうとしていないだけです!


浅田選手を見てそう思いました。


そんな思いで今日はレッスンしたので


皆さんにこの思いを伝えたかった。


2018年の最初からかなり熱いレッスン!!!


少しだけだけ載せますね。







今日、参加の皆様と 


( 一名遅刻のため、載っていません。Tノ内さんお許しを )



イベント中の私







今年も全力で走っていきますのでよろしくお願いいたします。


本日もありがとうございました。


明日も一名空きが出来ましたのでお時間ある方は、お待ちしています!








この記事をはてなブックマークに追加

イベントウィーク 2017最終日

2017年12月28日 | Y.SUGIE

 

 

皆さん、こんにちは。

 

本日、2017年最終日です。

 

本日も全力でレッスンしております、杉江 です。

 

今年一年、私の自慢できることは体調を崩さなかったこと。

 

毎年、体調を崩すのですが今年は一度も崩しませんでした。

 

でも、それはなぜ崩さなかったのかというと

 

心だと思います。

 

お客様が待っていてくれている!

 

僕が休んだらきっと、がっかりするだろうなと!

 

仕事で休むのは仕方ないにしても体調を崩して休むのは、いけないなという

 

気持ちと心が繋がったからだと思います。

 

病も気からというように気持ちの持ち方と思いました。

 

来年も再来年も続けていきたいと思います。

 

 

さて、今年最後のイベント、スぺタク・第二回インドア選手権

 

試合風景

 

 

 

 

 

今年史上、最高のレッスン・イベントになりました。

 

私が言っているので間違いありません。

 

すべては、先ほどの気や心から来ているので

 

私の勝手な思い込みです。

 

でも、思いがなければ伝わらない。

 

私は、今の日本の大人を元気にしたい。

 

大人が元気になれば、もっともっと将来明るくなるんじゃないでしょうか?

 

そして、ジュンレオに来ると心が温かくなる!

 

そんなスクールにする為に頑張っていきます!

 

来年も皆さんにこのポジティブな心を

 

まき散らしていきますのでよろしくお願い致します。


今からインドア選手権です。


行ってまいります!


明日は、中間が今年最後の最高なブログを書きますので


お楽しみに!!!







この記事をはてなブックマークに追加

師走

2017年12月01日 | Y.SUGIE

 

 

皆さん、こんにちは。


師走になりましたね。


師走とは、


師僧も走る多忙な月との意。


どっしりと構えて最高な終わり方をしようと思っている 杉江 です。


そんな中、世の中は、クリスマスシーズン





綺麗だと思うのですが、早すぎじゃない?


と思うのは私だけでしょうか?



最近、行き帰りの電車で本を読んでいて


オリンピックのノルディックスキーで…


ワールドカップ3連覇!!

 

オリンピック2連覇!!


【 キングオブスキー 】


と呼ばれた


荻原健司の本を読みました。


V字ジャンプを武器に、ノルディックスキー・複合で


黄金時代を築いた…荻原健司。


1992年、アルベールビル・オリンピックの


複合団体で金メダルを獲得。

 

前半のジャンプで大きくリードし、後半のクロスカントリーで


逃げ切るという必勝パターンで…

 

ワールドカップでは、


史上初となる、個人総合3連覇を達成した。


さらに94年、リレハンメルの複合団体で金メダルを獲得し、

 

オリンピック2連覇 を成し遂げ、


キング・オブ・スキー 呼ばれた。


そんな無敵の荻原にとって最大の壁となったのが…


ルール改正


ジャンプの得点を低くする変更が度々行われた。

 

当時、専門家の間で、この度重なるルール改正は…

 

『 荻原つぶし 』

 

『 あまりにも強すぎる荻原健司が勝てないようにする為のルール改正だ。』

 

そう呼ばれていた…。

 

荻原はそれでも黙々と練習を重ねた…。

 

 目に見えない敵との戦いだった。

 


98年の長野、オリンピック3連覇が掛かる複合団体戦。

 

日本は、前半のジャンプを5位で終え…


トップに21秒差で
クロスカントリーをスタート。

 

第1走者の弟・次晴が力走し…


3位まで順位を上げたものの、
アンカー・健司が


スタートしたときは…

 

6位。

 

すでにメダルは絶望的だったが、最後まで渾身の走りを見せ、


順位を一つ上げて…結果 5位でゴールした。

 

悔しさを抱えたまま臨んだ…

 

4年後のソルトレイク。

 

健司は、


スキー人生最後の
オリンピックに挑んだ…。

 

金メダルに輝いたアルベールビルから10年…


32歳になっていた…。

 

複合個人では、ベストのジャンプを2本そろえ、


力走したが…

 

11位…。

 

続く団体戦、日本はジャンプで貯金を作れず…

 

8位。

 

そして、荻原健司の選手人生

 


ラストランとなった

 


複合個人スプリント…


結果は…

 

33位に沈んだ…。

 

キングオブスキー

 

世界中からそう呼ばれた男の


最後の戦いが終わった…。

 

ゴール後、ゆっくり顔を上げると…

 

荻原健司は…

 

20年に及ぶ競技人生を振り返るように、


しばらく遠くを見つめていた…

 

完全燃焼…

 

その顔には、

 

満足感が漂っていた。


私は、電車の中で涙が出そうになりました。


そんな人生にしたいなと。


一度しかない人生、全力で過ごすことが大事だと。


人目を気にして生きるよりも将来の不安を気にしながら


ビクビク生きるよりも自分の思った通りに行動するほうが


良いと!


どうせいつかは、死にますから。


一度きりの人生を全力で生きていくほうが良いなと。


皆さん、12月も一日一日を大切に命の時間を使って


ジュンレオに来ていただいた時は、全力で楽しみましょう!



昨日、中間が病んでいるのかと心配になりましたので


私がエネルギーMAXのブログを書かせていただきました。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

20年ぶりの感覚

2017年11月24日 | Y.SUGIE

 


皆様、こんにちは。


昨日は、JJTT( ジュンレオオープンジュニア )を行いまして


たくさんのジュニアが来てくれました。


また、うちのアカデミーの子供達も頑張っていましたので


たくさん元気をもらいました。


また、トーナメントクラスの水口さんが


第7回神奈川ベテランミックステニス2017 でなんと


優勝をしました。


おめでとうございます。


今年もジュニアも一般もたくさんの活躍が聞けて本当に幸せです。


今年もあっという間に11月も終わりに向かっていますね。


このまま、最高な気持ちで今年を終わろうと思っております。



さて、先日お休みを頂きまして


テニスプロデューサー試験を受けに大阪に行ってきました。






そのテニスプロデューサーのテストが本当に大変で


9:00~19:00まで授業があり昼休みは、40分のみ


ホテルに帰って勉強してまた次の日は、テスト。


あまり、一日で詰め込むのが苦手な私は、教科書が届いてから


コツコツ勉強をしていましたが、結構厳しかったです。


でも、終わった瞬間にすごく清々しい気持ちになりました。


あの高校生だった時に期末テストが終わった時の感覚ですね。


やはり、人間は努力って大事だなと思いました。


また、受けに行かせていただいた会社にも感謝ですし、お客様、スタッフ


全てに感謝ですね。ありがとございました。


努力していると達成した時の気持ちが違いますね。


まだ、結果は来ていませんが、、、、、


テニスでも勉強でも同じだと再確認が出来た日でした。


終わった後のたこ焼きは、最高でした!





また、これからも色々な事に挑戦したいと思います。


 ※明日から年末年始のイベントの申込みがスタートしますね。


   お昼の12時~サービスエースでご利用できますので


   よろしくお願い致します。


   普段、解決できない問題をこのイベントで克服して


   今年一年を良い終わり方出来るようにコーチ達も全力で


   レッスンしていきますのでよろしくお願い致します。






この記事をはてなブックマークに追加